第100回(H29) 助産師国家試験 解説【午前16~20】

 

16 微弱陣痛の原因となるのはどれか。

1.前期破水
2.羊水過多
3.子宮内感染
4.頸管無力症
5.胎児発育不全<FGR>

解答

解説

 

 

 

 

 

17 乳幼児の感染症と原因ウイルスの組合せで正しいのはどれか。

1.手足口病:アデノウイルス
2.突発性発疹:コクサッキーウイルス
3.咽頭結膜熱:ヒトパピローマウイルス<HPV>
4.へルパンギーナ:単純ヘルペスウイルス
5.急性細気管支炎:RS ウイルス

解答

解説

 

 

 

 

 

18 A さん(39歳、初産婦)。非妊時BMI 24。妊娠18週の妊婦健康診査時、体重が非妊時から7kg増加、前回の14 週時から3kg増加していることを指摘された。その他の妊娠経過に問題はない。「仕事が忙しく夕食が遅い時間になる。外食ばかりで栄養バランスがよくないとは思っているが、なかなか改善できない。高齢出産だから異常になりやすいのも心配」と言った。
 このときのA さんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.母親学級への参加を勧める。
2.体重管理のための食生活を一緒に考える。
3.産前休業に入って意識が変化するのを待つ。
4.生活行動の問題点について解決策を提示する。
5.体重増加が続いた場合の危険性について強調して説明する。

解答

解説

 

 

 

 

 

19 40歳の初妊婦。妊娠16週0日に母体血を用いた非侵襲的出生前遺伝学的検査<NIPT>を受けたところ、異常が指摘された。
助産師の対応で適切なのはどれか。

1.妊婦の両親に意見を聞くよう勧める。
2.羊水検査の実施について夫婦の意思を確認する。
3.染色体異常の児を持つ親の会について情報提供を行う。
4.妊娠の継続について夫婦でよく相談して決めるよう話す。
5.人工妊娠中絶は妊娠21週6日まで可能であると説明する。

解答

解説

 

 

 

 

 

20 Seitz<ザイツ>法について正しいのはどれか。

1.胎児の頤部の位置が把握できる。
2.骨盤内への児頭の進入の程度を判断する。
3.陰性であれば児頭骨盤不均衡<CPD>ではない。
4.恥骨結合下縁から岬角中央部の距離が把握できる。
5.恥骨結合前面が児頭より高く触れる場合は陽性となる。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。