第100回(H29) 助産師国家試験 解説【午前26~30】

 

26 A さん(35歳、経産婦)。帝王切開術で体重2,600 gの女児を出産し、1か月健康診査で来院した。産褥経過は良好であった。2年前、帝王切開術で体重2,780 gの女児を出産した。A さんは「夫はもう1人子どもが欲しいと言っているが、私は2人で十分だと思っている」と助産師に話した。Aさんは母乳栄養を行っている。喫煙5本/日。
 A さんに勧められる避妊方法として最も適切なのはどれか。

1.卵管結紮術
2.コンドーム
3.基礎体温法
4.低用量経口避妊薬
5.子宮内避妊器具<IUD>

解答

解説

 

 

 

 

 

27 エジンバラ産後うつ病自己評価票について正しいのはどれか。

1.20項目の質問から構成される。
2.産後うつ病を診断するために用いる。
3.9点以上は産後うつ病疑いと判定する。
4.対象は産後うつ病のハイリスク者である。
5.産後うつ病とマタニティブルーズとの鑑別ができる。

解答

解説

 

 

 

 

 

28 在胎38 週4日、体重1,700 gで出生した男児。低体重のため保育器に収容された。呼吸障害はなかった。生後8時間から哺乳を開始。生後24 時間で無呼吸とともに両側上肢の間代性けいれんが30秒間認められたため、血液検査が行われた。
 この児の血液生化学所見でけいれんの原因はどれか。

1.血糖値60mg/dL
2.血清カリウム3.0 mEq/L
3.血清ナトリウム130 mEq/L
4.血清カルシウム6.5 mg/dL
5.血清総ビリルビン10.0 mg/dL

解答

解説

 

 

 

 

 

 

29 生後1日の女児。在胎40 週0日、体重3,300 gで出生し、生後6時間から母乳を開始した。生後12時間で肉眼的黄疸が出現した。母の血液型はO型Rh(-)、父の血液型はA型Rh(+) 、児の血液型はA型Rh(+)であった。児の赤血球の直接Coombs<クームス>試験は陰性で、成人A型血球による間接Coombs<クームス>試験は陽性であった。
 この児の黄疸の原因として最も考えられるのはどれか。

1.母乳性黄疸
2.Rh式血液型不適合
3.遺伝性球状赤血球症
4.ABO式血液型不適合
5.不規則抗体による血液型不適合

解答

解説

 

 

 

 

 

30 早期新生児期に高カリウム血症をきたすおそれがあるのはどれか。

1.先天性甲状腺機能低下症
2.先天性副腎皮質過形成症
3.メープルシロップ尿症
4.フェニルケトン尿症
5.ガラクトース血症

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。