第100回(H29) 助産師国家試験 解説【午前31~35】

 

31 日本の平成26 年(2014 年)の助産師の就業状況について正しいのはどれか。

1.就業者数は保健師よりも多い。
2.助産所での就業割合は約5% である。
3.就業場所は病院よりも診療所の方が多い。
4.就業者数は過去10 年間で減少傾向にある。
5.就業者数は30歳代より50 歳代の方が多い。

解答

解説

 

 

 

 

 

32 産科病棟で退院時の母乳栄養の割合を上げるための病棟目標を設定することになった。
 目標設定について最も適切なのはどれか。

1.評価は質的な指標で行う。
2.産科外来の目標とは連動させない。
3.目標達成の期日は具体的に設定する。
4.実現性よりも理想的な目標を設定する。
5.個人目標をもとに病棟目標を設定する。

解答

解説

 

 

 

 

 

33 母子保健法に定められているのはどれか。2つ選べ。

1.妊婦健康診査
2.養育医療の給付
3.食育等推進事業
4.新生児聴覚検査
5.乳児家庭全戸訪問事業

解答1・2

解説

 

 

 

 

 

34 トリコモナス腟炎について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.原因は真菌である。
2.不妊症の原因になる。
3.プールでは感染しない。
4.泡沫状の帯下が増加する。
5.子宮頸部の点状出血が特徴である。

解答4・5

解説

 

 

 

 

 

 

35 妊娠期のプロゲステロンについて正しいのはどれか。2つ選べ。

1.子宮筋の収縮に抑制的に働く。
2.血中濃度は妊娠12週で最大となる。
3.前駆体は胎児のコレステロールである。
4.胎児の肝臓で代謝され母体尿中に排泄される。
5.産生部位は妊娠8週以降に妊娠黄体から胎盤に移行する。

解答1・5

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。