第100回(H29) 助産師国家試験 解説【午後36~40】

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(19 歳)。半年で7kgの体重増加があり、4か月間月経がなかったため、婦人科外来を受診した。「友人関係のストレスで甘いものばかり食べ過ぎてしまったと思う。最近、にきびが増えて気になる。体調はそんなに悪くはない」と言う。既往歴に特記すべきことはない。初経は12 歳で月経周期は30 日型であった。性交経験はない。身長157 cm、体重70 kg。脈拍74/分、血圧120/70 mmHg。

36 診察の結果、乳房、陰毛の発育は正常。経腹超音波検査で、両側卵巣は軽度腫大しており、片側10 個以上の小さい卵胞を認める。
 Aさんの血中ホルモン値として予想されるのはどれか。2つ選べ。

1.プロラクチン高値
2.テストステロン高値
3.黄体形成ホルモン<LH>高値
4.卵胞刺激ホルモン<FSH>高値
5.エストラジオールが測定感度以下の低値

解答2・3

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(19 歳)。半年で7kgの体重増加があり、4か月間月経がなかったため、婦人科外来を受診した。「友人関係のストレスで甘いものばかり食べ過ぎてしまったと思う。最近、にきびが増えて気になる。体調はそんなに悪くはない」と言う。既往歴に特記すべきことはない。初経は12 歳で月経周期は30 日型であった。性交経験はない。身長157 cm、体重70 kg。脈拍74/分、血圧120/70 mmHg。

37 体重の減量指導が開始された。A さんは、現在は妊娠の希望はなく、避妊の必要もないという。無月経であることを心配しており、定期的に月経が来るような薬物治療を希望している。家族歴を聴取したところ、実父と叔父に血栓症の既往があり、叔父は外科手術後の肺塞栓症で死亡しているとのことであった。
 最も適切な治療法はどれか。

1.黄体ホルモン薬の内服
2.GnRHアゴニストの注射
3.抗テストステロン薬の内服
4.選択的エストロゲン受容体修飾薬の内服
5.低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬の内服

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(19 歳)。半年で7kgの体重増加があり、4か月間月経がなかったため、婦人科外来を受診した。「友人関係のストレスで甘いものばかり食べ過ぎてしまったと思う。最近、にきびが増えて気になる。体調はそんなに悪くはない」と言う。既往歴に特記すべきことはない。初経は12 歳で月経周期は30 日型であった。性交経験はない。身長157 cm、体重70 kg。脈拍74/分、血圧120/70 mmHg。

38 その後Aさんは22 歳で結婚し、現在は妊娠を希望している。体重はこの3年間に少しずつ減少し55 kgとなっているが、現在でも自然には月経が来ないという。高血圧症や糖尿病はみられない。
 Aさんへの第一選択の治療法はどれか。

1.5kgの減量指導
2.メトホルミンの内服
3.ゴナドトロピンの注射
4.Kaufmann<カウフマン>療法
5.クロミフェンクエン酸塩の内服

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 A病院の産科病棟は院内助産を行っており、分娩が終了するまで家族も産婦と個室で過ごせるようにしている。院内助産で分娩し、退院7日後に母乳外来を訪れたBさんから、夫が麻疹と診断されたとの情報を得た。夫は退院日の2日前から咳および鼻汁の症状がみられ、退院日の夜から38.0 ℃の発熱があった。退院後2日目から発疹が出現した。B さんの夫の来院状況は以下のとおりであった。
 3月3日39週0日、陣痛発来による入院に夫が付き添う
   4日分娩に夫が立ち会う
   5日以降退院まで毎日来院
   9日退院の迎えで来院

39 Bさんの夫が原因で他の人に感染する可能性があった期間で最も適切なのはどれか。

1.3月3日〜3月9日
2.3月4日〜3月9日
3.3月7日〜3月9日
4.3月9日

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 A病院の産科病棟は院内助産を行っており、分娩が終了するまで家族も産婦と個室で過ごせるようにしている。院内助産で分娩し、退院7日後に母乳外来を訪れたBさんから、夫が麻疹と診断されたとの情報を得た。夫は退院日の2日前から咳および鼻汁の症状がみられ、退院日の夜から38.0 ℃の発熱があった。退院後2日目から発疹が出現した。B さんの夫の来院状況は以下のとおりであった。
 3月3日39週0日、陣痛発来による入院に夫が付き添う
   4日分娩に夫が立ち会う
   5日以降退院まで毎日来院
   9日退院の迎えで来院

40 3月16 日、B さんから情報を聞き、産科病棟での感染管理を行うため、麻疹症状のある者を確認したところ発症者はいなかった。患者およびスタッフの接触者のうち、予防接種歴が確認できなかった者は、現在も入院治療中の切迫早産の妊婦2人とスタッフ2人であった。
 病棟内で感染を拡大させないための対応として適切なのはどれか。

1.切迫早産の妊婦2人に麻疹の予防接種を行う。
2.切迫早産の妊婦2人にγ -グロブリンを投与する。
3.予防接種歴が確認できなかった接触者の麻疹の抗体価を調べる。
4.予防接種歴が確認できなかったスタッフは直ちに出勤停止とする。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。