第100回(H29) 助産師国家試験 解説【午前46~50】

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 A さん(38歳、1回経産婦)。妊娠28週3日。これまでの妊娠経過に異常はなかった。突然、自宅で性器出血があり、かかりつけの産婦人科診療所を受診した。診察時、腟内に約100 mLの血液貯留を認め、子宮口から少量の出血が持続していた。子宮に痛みの自覚はなかった。直ちに総合周産期母子医療センターに救急搬送され入院した。
 既往歴: 24歳のときにクラミジア頸管炎のため抗菌薬治療を受けた。35歳のときに骨盤位のため妊娠38週で予定帝王切開術によって出産した。
 生活歴: 喫煙20 本/日、妊娠後は5本/日まで減らしている。
 家族歴: 実父が糖尿病および高血圧症の治療中である。
 身体所見: 身長150 cm、体重70 kg (非妊時体重60 kg)。脈拍70/分、血圧132/80 mmHg。子宮口は閉鎖。腟内に凝血塊を認めるが、取り除くと出血は止まっていた。NSTでは胎児心拍数に異常はなく、15 分に回程度の弱い子宮収縮を認める。
 検査所見: 血液検査の結果、感染徴候はなく、凝固系に異常を認めない。

46 妊娠32週0日、再度500 mLを超える性器出血があり、Aさんは緊急帝王切開術によって体重2,030 gの男児を分娩した。手術中の出血が多量となり、腟上部切断術によって子宮体部が摘出され、輸血が行われた。出血量は4,500 mLであった。手術後のAさんの経過は良好であり、産褥8日に退院することとなった。Aさんは助産師に「子宮を取ることになったのは残念ですが、何とか無事に退院でき、ほっとしています。今後はどんなことに気を付ければいいでしょうか」と話した。
 助産師が情報提供を行う内容として最も適切なのはどれか。

1.「尿漏れが起きやすくなります」
2.「エストロゲンを補充する必要があります」
3.「輸血後の感染症の抗体検査は必要ありません」
4.「今後も子宮頸がん検診を受ける必要があります」

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み47〜49の問いに答えよ。
 30歳の初産婦。妊娠41週3日に陣痛が発来したため入院した。妊婦健康診査で、HBs抗原陽性、HBe抗原陰性。その他の異常は指摘されていなかった。入院時、子宮口8cm 開大。直ちに分娩監視装置を装着したところ軽度の変動一過性徐脈が認められた。入院から1時間後に児を娩出した。娩出時に血性羊水が認められた。出生直後、児の啼泣は弱く、筋緊張が低下していたため、インファントラジアントウォーマー下で児の足底を刺激した。出生から30秒後には、あえぎ呼吸で心拍数は6秒間に8回であった。体重は3,000 g 前後、外表奇形は認められない。

47 このときの児に対する処置を下図に示す。
 最も優先されるのはどれか。

1.①
2.②
3.③
4.④

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み47〜49の問いに答えよ。
 30歳の初産婦。妊娠41週3日に陣痛が発来したため入院した。妊婦健康診査で、HBs抗原陽性、HBe抗原陰性。その他の異常は指摘されていなかった。入院時、子宮口8cm 開大。直ちに分娩監視装置を装着したところ軽度の変動一過性徐脈が認められた。入院から1時間後に児を娩出した。娩出時に血性羊水が認められた。出生直後、児の啼泣は弱く、筋緊張が低下していたため、インファントラジアントウォーマー下で児の足底を刺激した。出生から30秒後には、あえぎ呼吸で心拍数は6秒間に8回であった。体重は3,000 g 前後、外表奇形は認められない。

48 出生後の適切な処置によって児の全身状態は改善した。
 B型肝炎の母子感染を予防するために行う出生直後の対応として正しいのはどれか。

1.児への抗HBs ヒト免疫グロブリンの皮下注射
2.児へのB型肝炎ワクチンの皮下注射
3.臍帯血のHBs 抗原の測定
4.児のHBs 抗原の測定

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み47〜49の問いに答えよ。
 30歳の初産婦。妊娠41週3日に陣痛が発来したため入院した。妊婦健康診査で、HBs抗原陽性、HBe抗原陰性。その他の異常は指摘されていなかった。入院時、子宮口8cm 開大。直ちに分娩監視装置を装着したところ軽度の変動一過性徐脈が認められた。入院から1時間後に児を娩出した。娩出時に血性羊水が認められた。出生直後、児の啼泣は弱く、筋緊張が低下していたため、インファントラジアントウォーマー下で児の足底を刺激した。出生から30秒後には、あえぎ呼吸で心拍数は6秒間に8回であった。体重は3,000 g 前後、外表奇形は認められない。

49 生後8時間に経口哺乳を開始した。生後1日にビタミンK2シロップを投与し、人工乳による補足を開始した。生後3日に血便がみられ、アプト試験で変色なし、血便の検査で好酸球の集積が認められた。呼吸状態や哺乳力に異常はなかった。
 この児の血便の原因として最も考えられるのはどれか。

1.新生児メレナ
2.母体血の嚥下
3.ミルクアレルギー
4.胎便関連性腸閉塞
5.新生児壊死性腸炎

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み50、51の問いに答えよ。
 A さん(38 歳、1回経産婦)。妊娠36週5日。これまでの妊娠経過に異常はなかった。家事をしていたとき、少量の出血があり総合病院の産婦人科に来院した。Aさんは「出血と同時に水が流れる感じもあったが、最近は尿漏れが少しあり、破水かどうかはっきりしない」と言う。前回は正期産の経腟分娩であった。腟鏡診で後腟円蓋に少量の淡血性の貯留液を認めたが、視診では破水の有無は明らかではなかった。子宮口1.5 cm 開大、展退度30 %、Station -2、子宮頸管の硬度は中、子宮口の位置は後方であった。児は頭位であり、卵膜を触知する。

50 破水を確認するために行う検査として最も適切なのはどれか。

1.腟分泌物のインスリン様成長因子結合蛋白型定性
2.頸管内顆粒球エラスターゼ定量
3.超音波によるAFI 測定
4.腟分泌物のグラム染色
5.胎便中トリプシン定量

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。