第100回(H29) 助産師国家試験 解説【午前51~55】

 

次の文を読み50、51の問いに答えよ。
 A さん(38 歳、1回経産婦)。妊娠36週5日。これまでの妊娠経過に異常はなかった。家事をしていたとき、少量の出血があり総合病院の産婦人科に来院した。Aさんは「出血と同時に水が流れる感じもあったが、最近は尿漏れが少しあり、破水かどうかはっきりしない」と言う。前回は正期産の経腟分娩であった。腟鏡診で後腟円蓋に少量の淡血性の貯留液を認めたが、視診では破水の有無は明らかではなかった。子宮口1.5 cm 開大、展退度30 %、Station -2、子宮頸管の硬度は中、子宮口の位置は後方であった。児は頭位であり、卵膜を触知する。

51 Aさんは前期破水と診断され、入院した。破水後12時間が経過し、羊水の流出感が増したため助産師が診察すると、卵膜を触れず、児頭を直接触知した。破水後21時間には、母体の発熱がみられ、内診で子宮口2cm 開大、展退度40 %、Station -2、子宮頸管の硬度は中、子宮口の位置は後方であった。黄色透明の羊水が流出しており、悪臭はない。子宮に圧痛はない。体温38.1 ℃、脈拍80/分、血圧120/80 mmHg。血液検査の結果は、白血球15,500/μL、Hb 9.5 g/dL、血小板17 万/μL、CRP 1.0 mg/dLであった。このときの胎児心拍数陣痛図を下図に示す。
 現在のA さんの状態のアセスメントとして正しいのはどれか。

1.臨床的絨毛膜羊膜炎
2.胎児機能不全
3.母体敗血症
4.遷延分娩

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み52、53の問いに答えよ。
 A さん(41 歳、初産婦)。人工授精にて妊娠。予定帝王切開術にて男児を出産した。産褥8日、母子ともに出産後の経過は順調で、児の体重2,800 gで退院した。夫は単身赴任で、現在子どもと2人暮らし。実父母は県外で暮らしている。退院後3週間は実母が手伝いに来ていた。1か月健康診査では母子ともに健康であり、児の体重は3,800 g であった。

52 産後6週0日。A さんは、地域の助産所の母乳相談を訪れ「子どもが先週から夜に寝てくれなくて体が休まらない。疲れて家事も思うようにならない。母が帰ってから相談できる人がいない。母乳が足りないのかな」と訴えた。助産師がAさんの全身状態を観察した結果、褐色の悪露が少量あり、子宮底は恥骨上に硬く触れた。バイタルサインは正常であった。乳房は柔らかく、両乳房の乳管開口数10本程度で射乳あり。1日の授乳回数は7、8回程度。児の体重は現在4,250 g であり、皮膚のトラブルはなかった。
 A さんと児の状態のアセスメントで適切なのはどれか。

1.児に健康問題がある。
2.育児技術が未熟である。
3.子宮復古不全が疑われる。
4.母乳分泌が不足している。
5.育児のサポートが不足している。

解答3or5(複数正答)

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み52、53の問いに答えよ。
 A さん(41 歳、初産婦)。人工授精にて妊娠。予定帝王切開術にて男児を出産した。産褥8日、母子ともに出産後の経過は順調で、児の体重2,800 gで退院した。夫は単身赴任で、現在子どもと2人暮らし。実父母は県外で暮らしている。退院後3週間は実母が手伝いに来ていた。1か月健康診査では母子ともに健康であり、児の体重は3,800 g であった。

53 Aさんは、2週後に母乳相談の予約をしていたが来所しなかった。翌日助産師は連絡を取り自宅を訪問した。家の中は物が散乱しており、Aさんは疲弊した表情で「もう疲れました。泣いている子どもを見ると、私も涙が止まらない。何もする気が起こらず、自分のことはどうでもよくなってしまう」と話した。助産師はAさんの気持ちをしばらく傾聴した。児の健康状態は良好であった。
 その後の助産師の対応で適切なのはどれか。

1.地域の育児サークルを紹介する。
2.母乳相談に来所するよう勧める。
3.児を乳児院に一時的に預ける。
4.地域の保健師と連携する。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み54、55の問いに答えよ。
 在胎29 週0日、体重1,400 gで出生した男児。NICUに入院後に呼吸窮迫症候群<RDS>のため気管挿管、人工サーファクタントの投与を受けた。生後2日、人工呼吸管理によって呼吸状態は安定していたが、強い啼泣直後に心拍数80/分に低下し、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>が98%から70%に急激に低下した。

54 このときに撮影した胸部エックス線写真を下図に示す。
 突然の呼吸状態の悪化の原因として最も考えられるのはどれか。

1.急性肺炎
2.緊張性気胸
3.動脈管開存症
4.胎便吸引症候群
5.未熟児無呼吸発作

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み54、55の問いに答えよ。
 在胎29 週0日、体重1,400 gで出生した男児。NICUに入院後に呼吸窮迫症候群<RDS>のため気管挿管、人工サーファクタントの投与を受けた。生後2日、人工呼吸管理によって呼吸状態は安定していたが、強い啼泣直後に心拍数80/分に低下し、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>が98%から70%に急激に低下した。

55 生後2週に頭部超音波検査を施行したところ、両側の脳室周囲にエコー輝度の低い領域が認められた。頭部超音波像を下図に示す。
 この所見について正しいのはどれか。

1.児の高炭酸ガス血症との関連がある。
2.アテトーゼ型の脳性麻痺の原因となる。
3.子宮内感染の早産児では発症しやすい。
4.自閉症スペクトラム障害の原因となる。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)