第101回(H30) 助産師国家試験 解説【午前1~5】

 

1 老年期の女性における健康課題のうち、エストロゲンの補充によって予防効果があるのはどれか。

1.骨盤臓器脱
2.骨粗鬆症
3.卵巣癌
4.認知症

解答

解説

 

 

 

 

 

2 正常の卵巣機能をもつのはどれか。

1.アンドロゲン不応症
2.Turner<ターナー>症候群
3.Asherman<アッシャーマン>症候群
4.Klinefelter<クラインフェルター>症候群

解答

解説

 

 

 

 

 

3 感染症発生動向調査における性感染症<STI>の報告数の年次推移を図に示す。
 Aに該当するのはどれか。

1.淋菌感染症
2.尖圭コンジローマ
3.性器クラミジア感染症
4.性器ヘルペスウイルス感染症

解答

解説

 

 

 

 

 

4 出生直後の正期産新生児の血液中免疫グロブリンについて正しいのはどれか。

1.IgA高値は胎内感染を示唆する。
2.IgEは母体から経胎盤移行したものである。
3.IgG 高値は児の原発性免疫不全症候群を示唆する。
4.IgMは主に児の体内で産生されたものである。

解答

解説

 

 

 

 

 

5 胎児の器官形成期に影響を及ぼす催奇形性因子と児に与える主な影響の組合せで
 正しいのはどれか。

1.葉酸欠乏:爪の低形成
2.ワルファリン:骨端形成異常
3.サリドマイド:白内障
4.フェニトイン:歯牙の着色

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。