第101回(H30) 助産師国家試験 解説【午後26~30】

 

26 前方後頭位分娩で出生した直後の児頭を図に示す。
 第3回旋が起こる直前に母体の恥骨弓下を滑脱した点はどれか。

1.A
2.B
3.C
4.D
5.E

解答

解説

 

 

 

 

 

27 Aさん(30 歳、初産婦)。妊娠39週0日。微弱陣痛のためオキシトシンを使用し、体重3,500 gの児を経腟分娩した。分娩所要時間18 時間30 分。分娩時出血量700 mL。分娩2時間後、オキシトシン点滴静脈内注射は継続中で、子宮底の高さは臍高、硬度はやや軟。最終排尿は、分娩1時間前であった。体温37.5 ℃、脈拍80/分、血圧130/70 mmHg。分娩1時間後の出血量は30 mL、2時間後の出血量は60 mLであった。「陣痛が始まってから食事も摂れず、眠れなかった。赤ちゃんの泣き声が気になって休めない。体が熱く、汗をかいた」と言う。
 このときの対応で最も優先されるのはどれか。

1.排尿を促す。
2.食事摂取を促す。
3.授乳介助を行う。
4.全身清拭を行う。
5.腋窩の冷罨法を行う。

解答

解説

 

 

 

 

 

28 新生児の体温について正しいのはどれか。

1.褐色脂肪組織で熱産生を行う。
2.成人に比べ蒸散による熱喪失が少ない。
3.環境温度が高いと酸素消費量が少なくなる。
4.低体温は代謝性アルカローシスの原因となる。
5.開放式保育器は対流による熱喪失が予防できる。

解答

解説

 

 

 

 

 

29 在胎37週5日、体重2,700 gで出生した児。出生後のバイタルサインに異常はなかったが、授乳時に口唇周囲に軽度のチアノーゼが認められた。本日、日齢3で体重2,565 g。体温37.5 ℃、呼吸数53/分、心拍数145/分。排尿8回/日、排便2回/日で移行便である。児の栄養は自律授乳で7回/日、授乳時間20分/回。母親の乳房は軽度緊満、乳汁分泌は良好である。
 授乳に関する対応で適切なのはどれか。

1.授乳回数を増やす。
2.哺乳瓶で哺乳する。
3.授乳間隔を3時間おきにする。
4.授乳中の児の呼吸状態を確認する。
5.乳輪部が均等に見えるように吸着の介助をする。

解答

解説

 

 

 

 

 

30 新生児の黄疸について正しいのはどれか。

1.黄疸は四肢、体幹、頭頸部の順に進行していく。
2.頭蓋内出血は核黄疸の発症のリスク因子である。
3.胆道閉鎖症では間接ビリルビン優位の黄疸を呈する。
4.遷延性黄疸とは、生後4週以上持続する黄疸のことである。
5.母親の血液型がAB型の場合は溶血性黄疸の発症のリスクが高い。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。