第101回(H30) 助産師国家試験 解説【午前31~35】

 

31 在胎28 週、体重1,200 gで出生した女児。日齢2から経管栄養を開始し、便の性状や回数に問題は認められなかった。日齢4に動脈管の再開通を認め、治療を行ったが動脈管は閉鎖しなかった。日齢7から腹部が膨満し、腹壁の皮膚色が淡いピンク色から青色に変化した。
 考えられる疾患はどれか。

1.Hirschsprung<ヒルシュスプルング>病
2.肥厚性幽門狭窄症
3.新生児壊死性腸炎
4.胃軸捻転症
5.胆道閉鎖症

解答

解説

 

 

 

 

 

32 Aさん(28 歳)は、昨年夫を事故で亡くし、実父母と同居していたが、仕事を始めて3歳の子どもと2人で暮らすことになった。子どもは健康で、順調に成長している。
 母子及び父子並びに寡婦福祉法に基づき、A さんが受けられる支援で正しいのはどれか。

1.保育施設の利用に関する特別の配慮
2.特別児童扶養手当
3.乳幼児医療費助成
4.次世代育成支援
5.生活扶助

解答

解説

 

 

 

 

 

33 新生児の聴覚障害について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.聴覚スクリーニングは出生後24 時間以内に行う。
2.聴覚スクリーニングは全国で公費の助成を受けられる。
3.先天性聴覚障害の発生頻度は出生1,000 人に5人である。
4.耳音響放射<OAE>は自動聴性脳幹反応<AABR>より偽陽性率が高い。
5.先天性聴覚障害の児の療育は生後6か月までに開始することが望ましい。

解答4・5

解説

 

 

 

 

 

34 妊娠35週の頭位における正常所見はどれか。2つ選べ。

1.子宮頸管長が32 mm である。
2.不規則な腹部緊満感の訴えがある。
3.胎児心拍数基線が165 bpm である。
4.右臍棘線延長上で胎児心音が聴取できる。
5.子宮底の高さが臍上2〜3横指の位置である。

解答1・2

解説

 

 

 

 

 

35 正常分娩の介助技術について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.児頭娩出時の会陰保護は産婦の肛門方向に押し下げる。
2.第3回旋では児頭娩出の速度を調整する。
3.第4回旋誘導時は産瘤のある側を産婦の尾骨方向へ回旋させる。
4.肩甲娩出前に臍帯巻絡の有無を確認する。
5.肩甲娩出後は骨盤誘導線と反対方向に躯幹を娩出させる。

解答2・4

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)