第101回(H30) 助産師国家試験 解説【午前36~40】

 

36 特定妊婦について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.高所得の妊婦は該当しない。
2.児童福祉法に定義されている。
3.児童養護施設が相談窓口となる。
4.妊婦健康診査の未受診者を含む。
5.周産期医療ネットワークに登録される。

解答2・4

解説

 

 

 

 

 

37 Aちゃん(1か月、男児)。1か月児健康診査のときに、母親がAちゃんの嘔吐と母乳の分泌量不足を心配して相談した。A ちゃんは混合栄養で、哺乳回数は1日10 回、直接授乳後に人工乳を1回40 mL追加で哺乳している。哺乳後に1日2、3回、嘔吐を認める。体重増加は約45 g/日。
 初期対応として適切なのはどれか。2つ選べ。

1.小児科外来の受診を勧める。
2.人工乳を増やすよう指導する。
3.嘔吐物の性状を母親に尋ねる。
4.母乳の1回哺乳量を測定する。
5.授乳後の排気を中止するよう指導する。

解答3・4

解説

 

 

 

 

 

38 在胎31 週、体重1,700 gで出生した児。呼吸障害がみられるため、閉鎖式保育器内で腹臥位にポジショニングした。
 肢位の調整方法で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.頸部の伸展
2.上肢の屈曲
3.骨盤の後傾
4.肩甲骨の挙上
5.股関節の外旋

解答2・3

解説

 

 

 

 

 

39 在胎30 週、体重1,500 gで9月1日に出生した児。後遺症はなく、11月15日に体重2,300 gで退院することとなった。自宅では保育所に通っている2歳の兄が両親とともに生活している。
 退院前に行う感染予防対策で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.抗菌薬の内服
2.肺炎球菌ワクチンの接種
3.インフルエンザワクチンの接種
4.抗HBs ヒト免疫グロブリンの投与
5.抗RSウイルスヒト化モノクローナル抗体の投与

解答2・5

解説

 

 

 

 

 

40 出生届について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.出生後15日以降に届け出る。
2.出生証明書とは別に届け出る。
3.母子保健法に規定されている。
4.24時間いつでも届け出ることができる。
5.嫡出子と非嫡出子との別を記入する欄がある。

解答4・5

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。