第101回(H30) 助産師国家試験 解説【午後36~40】

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(34 歳、未妊婦)。か月前から、月経の数日前から月経中にかけて下腹部痛が強くなっていることを自覚し、近くの産婦人科を受診した。月経は規則的で量は正常。
 既往歴: 特記すべきことはない。
 生活歴: 大学卒業後は銀行に就職し、職場で知り合った夫と半年前に結婚した。結婚後も仕事を継続し、生活に充実感を感じている。
 家族歴: 母方の祖母が乳癌で死亡。母親は乳癌の手術歴がある。
 身体所見: 身長160 cm、体重55 kg。
 検査所見: 内診にて骨盤内に強い癒着や圧痛はみられない。経腟超音波検査で左卵巣内に2cm 大の子宮内膜症性囊胞が確認された。

36 Aさんは医師から月経痛の緩和のため痛み止めの処方を受けた。医師の診察後に、将来の妊娠の計画について助産師が相談を受けた。Aさんも夫も、子どもが2人欲しいと考えているという。
助産師が行うAさんへの説明で正しいのはどれか。

1.「子宮内膜症が治らないと妊娠はできません」
2.「早めの妊娠を目指すことが望ましいです」
3.「体重を減らすと妊娠しやすいです」
4.「不妊治療を受ける必要があります」
5.「妊娠のために仕事はやめましょう」

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(34 歳、未妊婦)。か月前から、月経の数日前から月経中にかけて下腹部痛が強くなっていることを自覚し、近くの産婦人科を受診した。月経は規則的で量は正常。
 既往歴: 特記すべきことはない。
 生活歴: 大学卒業後は銀行に就職し、職場で知り合った夫と半年前に結婚した。結婚後も仕事を継続し、生活に充実感を感じている。
 家族歴: 母方の祖母が乳癌で死亡。母親は乳癌の手術歴がある。
 身体所見: 身長160 cm、体重55 kg。
 検査所見: 内診にて骨盤内に強い癒着や圧痛はみられない。経腟超音波検査で左卵巣内に2cm 大の子宮内膜症性囊胞が確認された。

37 初診から3か月後。Aさんは卵巣子宮内膜症の変化を確認するため、再度受診し、受診前の問診で乳癌に関して助産師に相談した。Aさんは「家族に乳癌の発症が多いため自分も発症するのではないかと心配だ」と助産師に話した。
 Aさんの乳癌発症のリスクを評価する上で、助産師がAさんから確認すべき情報で正しいのはどれか。

1.母親の体重
2.祖母の食生活
3.Aさんの経血量
4.祖母と母親の乳癌の発症年齢
5.祖母と母親の子宮内膜症の既往の有無

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(34 歳、未妊婦)。か月前から、月経の数日前から月経中にかけて下腹部痛が強くなっていることを自覚し、近くの産婦人科を受診した。月経は規則的で量は正常。
 既往歴: 特記すべきことはない。
 生活歴: 大学卒業後は銀行に就職し、職場で知り合った夫と半年前に結婚した。結婚後も仕事を継続し、生活に充実感を感じている。
 家族歴: 母方の祖母が乳癌で死亡。母親は乳癌の手術歴がある。
 身体所見: 身長160 cm、体重55 kg。
 検査所見: 内診にて骨盤内に強い癒着や圧痛はみられない。経腟超音波検査で左卵巣内に2cm 大の子宮内膜症性囊胞が確認された。

38 Aさんは「今後の妊娠を見据えた上で、乳癌の検査について知りたい」と言う。
 乳癌の検査に関するAさんへの説明で適切なのはどれか。

1.「授乳中は癌の発見が難しくなります」
2.「妊娠中は妊娠後期に検査を受けましょう」
3.「超音波検査では悪性の確定診断ができます」
4.「Aさんの年齢では超音波検査の有効性は低くなります」

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 Aさん(30 歳、1回経産婦)。妊娠40週5日。これまでの妊娠経過に異常はなかったが、妊娠37 週の妊婦健康診査でB 群溶血性レンサ球菌<GBS>陽性であった。午後10時にAさんは電話で「午後4時くらいから不規則に子宮収縮がありましたが、午後7時からは15分間隔になり、今も変わりません。生理痛のような痛みがあります。昨日の妊婦健康診査で、子宮の出口は2cm開いていると言われました。昨日から褐色のおりものがありますが、破水はしていません。いきみたい感じはありません」と落ち着いて話した。

39 Aさんは「病院までは30分くらいで行けます。上の子は同居の実母にみてもらうことができます。どうしたらよいでしょうか」と話した。
 電話でのAさんへの説明で適切なのはどれか。

1.すぐに来院してもらう。
2.破水後にもう一度電話してもらう。
3.明日の午前中に外来を受診してもらう。
4.陣痛が10 分間隔になったら来院してもらう。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 Aさん(30 歳、1回経産婦)。妊娠40週5日。これまでの妊娠経過に異常はなかったが、妊娠37 週の妊婦健康診査でB 群溶血性レンサ球菌<GBS>陽性であった。午後10時にAさんは電話で「午後4時くらいから不規則に子宮収縮がありましたが、午後7時からは15分間隔になり、今も変わりません。生理痛のような痛みがあります。昨日の妊婦健康診査で、子宮の出口は2cm開いていると言われました。昨日から褐色のおりものがありますが、破水はしていません。いきみたい感じはありません」と落ち着いて話した。

40 その後Aさんは入院し、陣痛発来5時間後に陣痛間欠5分、陣痛発作40 秒となった。内診所見は、子宮口7cm 開大、展退度80 %、Station±0、子宮頸管の硬度は軟、子宮口の位置は前方であった。矢状縫合は斜径、小泉門は5時方向、卵膜はなく、薄いピンク色の羊水の流出を確認した。胎児心拍数陣痛図の波形はレベル2。腰部痛があるため左側臥位で過ごしており、肛門が押される感じがすると訴えている。
 このときの対応で適切なのはどれか。

1.努責を促す。
2.入浴するよう促す。
3.トイレに行くことを勧める。
4.四つ這いの姿勢になるよう促す。
5.連続的胎児心拍数モニタリングを3時間後から実施する。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。