第101回(H30) 助産師国家試験 解説【午後41~45】

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 Aさん(30 歳、1回経産婦)。妊娠40週5日。これまでの妊娠経過に異常はなかったが、妊娠37 週の妊婦健康診査でB 群溶血性レンサ球菌<GBS>陽性であった。午後10時にAさんは電話で「午後4時くらいから不規則に子宮収縮がありましたが、午後7時からは15分間隔になり、今も変わりません。生理痛のような痛みがあります。昨日の妊婦健康診査で、子宮の出口は2cm開いていると言われました。昨日から褐色のおりものがありますが、破水はしていません。いきみたい感じはありません」と落ち着いて話した。

41 Aさんは、分娩開始後9時間で正常分娩した。分娩後、左正中側切開への縫合術が行われた。分娩時出血量は440 mLで、子宮収縮は良好であった。分娩5時間後、A さんは尿意を感じ、トイレまで歩行したが尿は出なかった。体温36.8 ℃、脈拍78/分、血圧138/74 mmHg。子宮底の高さは臍高で硬く触れ、流血はない。会陰切開縫合部の腫脹と発赤はない。触診で膀胱充満がみられた。
 Aさんのアセスメントで適切なのはどれか。

1.脱水を起こしている。
2.尿路系の炎症を起こしている。
3.子宮復古不全を起こしている。
4.膀胱平滑筋の緊張が亢進している。
5.尿道括約筋が一過性の攣縮をきたしている。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後4か月0日、男児)。在胎37 週、身長48 cm、体重2,500 gで出生した。Aちゃんは4か月児健康診査で身長60 cm、体重6,000 gであった。腹這いにすると腕で身体を支え、頭を持ち上げた。「がらがら」を両手で持ち、あやすと声を出して笑い、母親をまねてアーアーと声を出した。首を右に向けると左右の手足を屈曲させた。

42 Aちゃんの成長・発達評価で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.Kaup<カウプ>指数による評価は太り気味である。
2.微細運動の発達遅滞が認められる。
3.喃語の表出に遅滞が認められる。
4.緊張性頸反射は消失している。
5.定頸している。

解答4・5

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後4か月0日、男児)。在胎37 週、身長48 cm、体重2,500 gで出生した。Aちゃんは4か月児健康診査で身長60 cm、体重6,000 gであった。腹這いにすると腕で身体を支え、頭を持ち上げた。「がらがら」を両手で持ち、あやすと声を出して笑い、母親をまねてアーアーと声を出した。首を右に向けると左右の手足を屈曲させた。

43 2か月後、母親がAちゃんの体温を測ると38.0 ℃であった。すぐにかかりつけ医を受診したところ、処方はされず、自宅で様子をみることになった。発熱以外に感冒様症状や嘔吐はなく、機嫌よく過ごしていた。受診後3日で解熱し、体幹に淡紅色の細かい発疹を認めた。
 考えられる疾患はどれか。

1.麻疹
2.突発性発疹
3.インフルエンザ
4.RSウイルス感染症
5.A群β 溶血性レンサ球菌感染症

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後4か月0日、男児)。在胎37 週、身長48 cm、体重2,500 gで出生した。Aちゃんは4か月児健康診査で身長60 cm、体重6,000 gであった。腹這いにすると腕で身体を支え、頭を持ち上げた。「がらがら」を両手で持ち、あやすと声を出して笑い、母親をまねてアーアーと声を出した。首を右に向けると左右の手足を屈曲させた。

44 解熱後1週、Aちゃんの症状は軽快し、6か月児健康診査のためかかりつけ医を受診した。身長66 cm、体重7,200 g。母親は「母乳はよく飲んでいます。夜間は2、3時間おきに授乳が必要です」と話し、母親はやや疲労した様子である。
 このときの栄養指導で正しいのはどれか。

1.人工乳の追加を勧める。
2.断乳の準備をするよう勧める。
3.離乳食を開始するよう勧める。
4.夜間は泣いても授乳しないよう勧める。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み45〜47の問いに答えよ。
 望まない妊娠の防止と対応を目的として、助産師6人で「妊娠に関する電話相談」事業を立ち上げた。週に2日、9時から17時の間、電話相談を受けることになった。Aさんは「妊娠に関する電話相談」に匿名で電話をかけた。「今、大学2年生。交際し始めた男性と2週前に避妊せずに性交渉をした。昨日から出血があり、下腹部痛がある。今朝、妊娠検査薬で調べたところ妊娠反応は陰性であったが、本当に妊娠していないか不安になった」と話した。

45 Aさんの電話相談を受けたB 助産師の対応で適切なのはどれか。

1.Aさんの連絡先を聞く。
2.B 助産師の名前を伝える。
3.受診の必要性を判断する。
4.あらかじめ相談に要する時間を決めておく。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)