第101回(H30) 助産師国家試験 解説【午前46~50】

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 Aさん(22歳、1回経産婦)。妊娠初期のスクリーニング検査で甲状腺機能の異常を指摘されたため、妊娠12週で大学病院の産科に紹介された。前回の妊娠中はほとんどつわりを感じなかったが、今回は妊娠9週ころからつわり症状が強く、毎日夕方になると数回嘔吐している。水分は何とか摂れているという。既往歴、生活歴および家族歴に特記すべきことはない。身長160 cm、体重50 kg(非妊時体重52 kg)。脈拍90/分、血圧120/70 mmHg。初診時、経腹超音波検査にて児の発育は週数相当で、羊水は中等量、胎児異常を認めない。甲状腺刺激ホルモン<TSH>0.01 μIU/mL(成人女性基準値0.39〜3.98 μIU/mL)、遊離サイロキシン<FT4>3.84 ng/dL(成人女性基準値1.00〜1.70 ng/dL)。抗TSH受容体抗体<TRAb>陽性。尿ケトン体+。

46 妊娠37週1日。A さんは体重2,550 gの女児を経腟分娩した。児は出生直後から啼泣あり、Apgar<アプガー>スコアは1分後7点、5分後9点。臍帯血を用いた検査所見は甲状腺刺激ホルモン<TSH>1.33 μIU/mL、遊離サイロキシン<FT4>1.48ng/dLであった。児の出生12時間後のバイタルサインは、呼吸数55/分、心拍数140/分である。
 この児についての判断で適切なのはどれか。

1.頻脈がみられる。
2.呼吸数の異常がある。
3.人工乳による哺育とする必要がある。
4.数日空けて甲状腺機能を再検査する必要がある。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み47〜49の問いに答えよ。
 Aさん(32 歳、初産婦)。妊娠35週0日、破水と陣痛発来で来院した。羊水混濁や胎児心拍の異常は認めず、来院後5時間で、経腟分娩となった。児は出生時、筋緊張の低下を認め自発呼吸がなかった。体位を整えて口鼻腔内吸引を行い、身体の羊水を拭き取った後、皮膚刺激を行った。約1分間皮膚刺激を行っても自発呼吸が認められず、心拍数は6秒間に4回であったため、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>モニターを装着し、生後2分からroom air で人工呼吸を開始した。約30秒間人工呼吸を行ったところ、啼泣を始め、心拍数130/分、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>80 %であった。人工呼吸を中止したところ努力呼吸は認めなかったため、生後10分まで観察を継続した後に蘇生を終了し、病棟で呼吸状態を観察することとした。

47 新生児蘇生法ガイドライン2015に基づいてスタッフ間でデブリーフィング<振り返り>を行った。
 アセスメントとして適切なのはどれか。

1.蘇生方法は適切であった。
2.皮膚刺激をより確実に行うべきであった。
3.人工呼吸をより早く開始すべきであった。
4.人工呼吸中止時に酸素投与を開始すべきであった。
5.人工呼吸と同時に胸骨圧迫を開始すべきであった。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み47〜49の問いに答えよ。
 Aさん(32 歳、初産婦)。妊娠35週0日、破水と陣痛発来で来院した。羊水混濁や胎児心拍の異常は認めず、来院後5時間で、経腟分娩となった。児は出生時、筋緊張の低下を認め自発呼吸がなかった。体位を整えて口鼻腔内吸引を行い、身体の羊水を拭き取った後、皮膚刺激を行った。約1分間皮膚刺激を行っても自発呼吸が認められず、心拍数は6秒間に4回であったため、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>モニターを装着し、生後2分からroom air で人工呼吸を開始した。約30秒間人工呼吸を行ったところ、啼泣を始め、心拍数130/分、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>80 %であった。人工呼吸を中止したところ努力呼吸は認めなかったため、生後10分まで観察を継続した後に蘇生を終了し、病棟で呼吸状態を観察することとした。

48 児の出生体重は2,350 g。病棟で保育器に収容し、room air で呼吸状態を観察していた。出生30分後のバイタルサインは、呼吸数100/分、心拍数150/分、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>98%で、陥没呼吸および呻吟が認められた。胸部エックス線写真を下図に示す。
 次に行う治療で適切なのはどれか。

1.胸腔刺
2.胸骨圧迫
3.経鼻的CPAP療法
4.キサンチン系薬の静脈内注射
5.肺サーファクタント補充療法

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み47〜49の問いに答えよ。
 Aさん(32 歳、初産婦)。妊娠35週0日、破水と陣痛発来で来院した。羊水混濁や胎児心拍の異常は認めず、来院後5時間で、経腟分娩となった。児は出生時、筋緊張の低下を認め自発呼吸がなかった。体位を整えて口鼻腔内吸引を行い、身体の羊水を拭き取った後、皮膚刺激を行った。約1分間皮膚刺激を行っても自発呼吸が認められず、心拍数は6秒間に4回であったため、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>モニターを装着し、生後2分からroom air で人工呼吸を開始した。約30秒間人工呼吸を行ったところ、啼泣を始め、心拍数130/分、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>80 %であった。人工呼吸を中止したところ努力呼吸は認めなかったため、生後10分まで観察を継続した後に蘇生を終了し、病棟で呼吸状態を観察することとした。

49 日齢3。呼吸数50/分、全身状態は良好である。聴診で、胸骨左縁第2肋間を最強点とする連続性の心雑音を聴取した。心エコー検査で主肺動脈内に逆行性の血流を認め、動脈管開存症と診断された。
 今後、児の急性心不全を早期に発見するために注意すべき徴候はどれか。2つ選べ。

1.尿量の減少
2.呼吸数の低下
3.心拍数の低下
4.哺乳量の減少
5.心尖拍動の消失

解答1・4

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み50、51の問いに答えよ。
 Aさん(41歳、初産婦、会社員)。夫(45 歳、会社員)と2人暮らし。妊娠39 週で体重3,180 gの男児を吸引分娩で出産した。会陰切開部の痛みが強いため、産褥3日まで鎮痛薬を内服し日中のみ母児同室をしていた。「母乳で育てたいが、傷が痛くて授乳をするのがつらい」と話す。夫の両親は既に死亡し、A さんの実母は実父の介護のため多忙で、退院後の育児のサポートは得られない状況である。

50 Aさんが住む市は産後ケア事業を実施しており、出産した病院の助産師は宿泊型の産後ケア事業の利用をA さんに勧めた。
 利用に関する説明で正しいのはどれか。

1.「利用日数は最大5日間です」
2.「申請窓口は都道府県保健所です」
3.「初産婦の方のみが利用できます」
4.「出産した病院の退院後から利用できます」
5.「利用には医師の診断書の提出が必要です」

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)