第101回(H30) 助産師国家試験 解説【午後51~55】

 

次の文を読み50、51の問いに答えよ。
 Aさん(25 歳、会社員)。両親と妹の4人家族。Aさんは、月経が遅れたため産婦人科外来を受診し、妊娠8週0日と診断された。パートナー(27歳、会社員)とは1年後に結婚する予定であった。週後、妊婦健康診査のため受診した。
 既往歴: 特記すべきことはない。
 生活歴: 出勤は朝7時、帰宅は21時になる。昼食および夕食は外食が多い。
 家族歴: 母親は高血圧症で内服治療中。
 身体所見: 身長154 cm、非妊時体重55 kg。今回の体重は54 kg。悪心が時々ある。
 検査所見: 血圧120/76 mmHg。尿蛋白(-)、尿糖(-)。下腿の浮腫(-)。超音波検査にて胎児心拍を確認し、頭殿長<CRL>45 mm。

51 その後、Aさんとパートナーは結婚し、妊娠24週から2人で暮らし始めた。妊娠34週0日の妊婦健康診査で、体重70 kg。血圧160/100 mmHg、安静後の再測定では145/95 mmHg。尿蛋白2+、尿糖(-)。下腿の浮腫+。子宮底長29 cm。腹部緊満感が時々あると訴えたが、触診で子宮収縮は認めなかった。子宮口1cm開大。胎児推定体重1,600 g、羊水量は正常。胎児心拍数基線120 bpm、基線細変動10 bpm、一過性頻脈あり、一過性徐脈は認めなかった。頭重感と不眠の訴えがある。Hb 11.5 g/dL、Ht 38 %。
 このときのAさんの状態で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.妊娠中の体重増加は正常である。
2.胎児発育不全<FGR>である。
3.胎児機能不全である。
4.白衣高血圧である。
5.入院が必要である。

解答2・5

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み52、53の問いに答えよ。
 Aさん(32 歳、1回経産婦)。妊娠39週4日。陣痛発来し、かかりつけの産婦人科病院に入院した。順調に分娩が進行し、体重3,150 gの女児を経腟分娩した。児娩出直後は異常出血は認めなかった。児娩出の5分後に子宮収縮に伴い臍帯を挟鉗したペアンが下がる様子があり、助産師は臍帯を牽引して胎盤を娩出した。胎盤娩出直後から、Aさんは苦悶し始め、下腹部痛を訴えた。胎盤娩出直後のバイタルサインは、体温37.2 ℃、脈拍90/分、血圧120/65 mmHgであった。助産師が内診を行うと、腟内に弾力のある組織が膨隆しており子宮口を同定できなかった。腟口から多量の血液が流出している。

52 Aさんに生じた異常を判断するのに重要なのはどれか。

1.経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>
2.胎盤剝離面の凝血塊付着の有無
3.臍帯動脈血pH 値
4.子宮底の位置
5.アレルギー歴

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み52、53の問いに答えよ。
 Aさん(32 歳、1回経産婦)。妊娠39週4日。陣痛発来し、かかりつけの産婦人科病院に入院した。順調に分娩が進行し、体重3,150 gの女児を経腟分娩した。児娩出直後は異常出血は認めなかった。児娩出の5分後に子宮収縮に伴い臍帯を挟鉗したペアンが下がる様子があり、助産師は臍帯を牽引して胎盤を娩出した。胎盤娩出直後から、Aさんは苦悶し始め、下腹部痛を訴えた。胎盤娩出直後のバイタルサインは、体温37.2 ℃、脈拍90/分、血圧120/65 mmHgであった。助産師が内診を行うと、腟内に弾力のある組織が膨隆しており子宮口を同定できなかった。腟口から多量の血液が流出している。

53 胎盤娩出から30分後、医師による処置が終了してAさんの下腹部痛は消失した。総出血量は3,800 mL。腟口からの出血は減少したが持続しており、膿盆内に貯留した血液には凝血が認められない。
 この時点で確認する血液検査データで最も重要なのはどれか。

1.血清間接ビリルビン値
2.血清ナトリウム値
3.フィブリノゲン値
4.白血球数
5.血糖値

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み54、55の問いに答えよ。
 Aさん(39 歳、会社員)は、妊娠を希望して不妊専門クリニックを受診したところ、夫(44歳、会社員)が乏精子症であることが分かり顕微授精をすることになった。Aさんは「不妊治療費の公費の助成があると聞いたので詳しく知りたい」と質問した。Aさん夫婦の合算した年間所得と治療は助成の対象であることが分かった。

54 国が定める「不妊に悩む方への特定支援事業」の説明で正しいのはどれか。

1.「ご夫婦ともに43歳未満でないと助成を受けられません」
2.「不妊の原因が男性側にあるので助成を受けられません」
3.「初回の治療では30万円まで助成が受けられます」
4.「助成が受けられる回数は6回までです」

解答3or4

解説

 

 

 

 

 

55 Aさんは不妊治療を開始して2年目に妊娠した。分娩予定日は10 月20 日であった。妊娠中期からしばしば腹部緊満感があり、子宮収縮抑制薬の内服を続けていたが、仕事が忙しく思うように休養をとることができなかった。8月23 日(妊娠31 週5日)に切迫早産のため入院となり点滴静脈内注射を開始したが子宮収縮を抑制できず、9月3日(妊娠33週2日)に緊急帝王切開術で分娩となった。
 Aさんが請求できる産前産後休業について正しいのはどれか。(※解答なし)

1.産後休業の起算日は9月3日である。
2.産前休業は8月23 日から適用される。
3.帝王切開術のため産後休業は2週間長く請求できる。
4.医師の許可があれば産後5週で復職できる。

解答 解答なし

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。