第102回(H28) 保健師国家試験 解説【午後1~5】

 

1 従業員数1,500人の部品製造工場。製造部門ごとに責任者が置かれている。定期健康診断の問診の結果、腰痛の訴えが多い部門があった。
 この健康課題に予防的な取り組みをするために優先して働きかける対象はどれか。

1.腰痛を訴えている者
2.定期健康診断の未受診者
3.定期健康診断の有所見者
4.腰痛が多く発生している部門の責任者

解答

解説
1.× 腰痛を訴えている者
2.× 定期健康診断の未受診者
3.× 定期健康診断の有所見者
4.〇 正しい。腰痛が多く発生している部門の責任者

 

 

 

 

 

2 市では自立している独居高齢者の孤立死が続いたため、独居高齢者に対する活動を検討したいと考えている。自立している独居高齢者の調査をした結果、孤立死は他人事ではなく不安を感じるが、プライバシーには踏み込まれたくないという者が多いことが明らかになった。
 孤立死を予防するための保健師の活動として適切なのはどれか。

1.老人クラブの加入者数を調査する。
2.自治会に独居高齢者が集う場を設定するよう促す。
3.地域活動支援センターに高齢者の見守りを依頼する。
4.孤立死への不安がある高齢者に地域包括支援センターでの相談を勧める。

解答

解説
1.× 老人クラブの加入者数を調査する。
2.〇 正しい。自治会に独居高齢者が集う場を設定するよう促す。
3.× 地域活動支援センターに高齢者の見守りを依頼する。
4.× 孤立死への不安がある高齢者に地域包括支援センターでの相談を勧める。

 

 

 

 

 

3 社会福祉における相互援助の概念と具体的な内容との組合せで適切なのはどれか。

1.自助:ボランティア
2.互助:介護保険
3.共助:生活保護
4.公助:就労継続支援

解答

解説
1.× 自助:ボランティア
2.× 互助:介護保険
3.× 共助:生活保護
4.〇 正しい。公助:就労継続支援

 

 

 

 

 

4 家族のライフサイクル段階とその発達課題との組合せで正しいのはどれか。

1.養育期:夫婦間の生活習慣の調整
2.教育期:子どもによる役割の補充
3.排出期:子どもによる役割の分担の強化
4.向老期:子ども夫婦との役割期待の調整

解答

解説
1.× 養育期:夫婦間の生活習慣の調整
2.× 教育期:子どもによる役割の補充
3.× 排出期:子どもによる役割の分担の強化
4.〇 正しい。向老期:子ども夫婦との役割期待の調整

 

 

 

 

 

5 Aさん(50 歳、男性)。仕事のストレスからうつ状態になり会社に出勤できなくなった。妻は精神的に不安定になり、息子は母親を心配して不登校となった。
 相互に影響し合うAさん家族の状況を理解するために最も適切な理論はどれか。

1.家族発達論
2.家族システム理論
3.家族セルフケア理論
4.家族ストレス対処理論

解答

解説
1.× 家族発達論
2.〇 正しい。家族システム理論
3.× 家族セルフケア理論
4.× 家族ストレス対処理論

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。