第102回(H28) 保健師国家試験 解説【午前36~40】

 

36 精神障害者保健福祉手帳について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.市町村長が交付する。
2.高次脳機能障害は対象となる。
3.税制上の優遇措置が受けられる。
4.1〜4級の等級に区分されている。
5.1年ごとに認定の更新が必要である。

解答2・3

解説
1.× 市町村長が交付する。
2.〇 正しい。高次脳機能障害は対象となる。
3.〇 正しい。税制上の優遇措置が受けられる。
4.× 1〜4級の等級に区分されている。
5.× 1年ごとに認定の更新が必要である。

 

 

 

 

 

37 災害救助法で定められているのはどれか。2つ選べ。

1.防災計画の作成
2.職員の派遣義務
3.被災した住宅の応急修理
4.避難所及び応急仮設住宅の供与
5.地方公共団体とボランティアとの連携

解答3・4

解説
1.× 防災計画の作成
2.× 職員の派遣義務
3.〇 正しい。被災した住宅の応急修理
4.〇 正しい。避難所及び応急仮設住宅の供与
5.× 地方公共団体とボランティアとの連携

 

 

 

 

 

38 直接法による年齢調整死亡率の特徴はどれか。2つ選べ。

1.小規模な集団の観察に適している。
2.高齢者の多い集団では高くなりやすい。
3.値は標準化死亡比(SMR)として示される。
4.異なる観察集団の死亡率を直接比較できる。
5.計算には観察集団の年齢階級別死亡率が必要である。

解答4・5

解説
1.× 小規模な集団の観察に適している。
2.× 高齢者の多い集団では高くなりやすい。
3.× 値は標準化死亡比(SMR)として示される。
4.〇 正しい。異なる観察集団の死亡率を直接比較できる。
5.〇 正しい。計算には観察集団の年齢階級別死亡率が必要である。

 

 

 

 

 

39 割合の差の検定について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.縦断研究が必要である。
2.t 検定で有意差を検定する。
3.クロス集計表は有用である。
4.ハザード比を求めることができる。
5.χ2(カイ2乗)検定で有意差を検定する。

解答3・5

解説
1.× 縦断研究が必要である。
2.× t 検定で有意差を検定する。
3.〇 正しい。クロス集計表は有用である。
4.× ハザード比を求めることができる。
5.〇 正しい。χ2(カイ2乗)検定で有意差を検定する。

 

 

 

 

 

40 疾病Aの新しいスクリーニング検査の性能を評価するために、疾病Aの患者100 人と疾病Aでない者100人に対して検査を実施した。疾病Aの患者のうち60人と、疾病Aでない者のうち10 人とが検査の結果陽性であった。
 特異度を求めよ。
 ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第1位を四捨五入すること。

解答: ① ② %
①:0~9
②:0~9

解答90

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。