第102回(H28) 保健師国家試験 解説【午前51~55】

 

次の文を読み50〜52の問いに答えよ。
 Aさん(35歳、女性、専業主婦)。夫(38歳)と幼稚園に通園する2人の子どもとの4人暮らし。Aさんは4か月前から咳が出現し診療所を受診したが、喘息と診断され経過をみていた。咳がひどくなったため病院を受診したところ、胸部エックス線写真で空洞性病変があり、喀痰塗抹陽性、結核菌PCR 陽性が判明し、結核病床に入院した。診断した医師から保健所に結核発生の届出があった。

51 Aさんは、幼稚園に子どもを毎日送り迎えしていた。保健所の保健師は幼稚園の関係者に対して接触者健康診断を企画した。
 幼稚園に出向いて収集する情報で優先度が低いのはどれか。

1.園児の家族構成
2.園児の呼吸器症状
3.園児のBCG 接種歴
4.園児とAさんとの接触頻度
5.幼稚園教諭の定期健康診断の結果

解答

解説
1.〇 正しい。園児の家族構成は、幼稚園に出向いて収集する情報で優先度が低い。二次感染者の園児が発病するには期間が短く排菌も考えにくいため。園児からの三次感染の可能性はほぼないといえる。
2.× 園児の呼吸器症状は優先度が高い。呼吸器症状が結核によるものである可能性は低いものの、園児のなかで体調不良がある者がいないかを念のため確認する。
3.× 園児のBCG 接種歴は優先度が高い。なぜなら、BCG未接種者への接触は結核の高リスク要因であるため。
4.× 園児とAさんとの接触頻度は優先度が高い。なぜなら、リスクを規定する因子として重要なのは、排菌量と感染性がある時期における合計接触時間であるため。
5.× 幼稚園教諭の定期健康診断の結果は優先度が高い。なぜなら、定期健康診断の結果は、結核を発見するための有効な情報源であるため。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み50〜52の問いに答えよ。
 Aさん(35歳、女性、専業主婦)。夫(38歳)と幼稚園に通園する2人の子どもとの4人暮らし。Aさんは4か月前から咳が出現し診療所を受診したが、喘息と診断され経過をみていた。咳がひどくなったため病院を受診したところ、胸部エックス線写真で空洞性病変があり、喀痰塗抹陽性、結核菌PCR 陽性が判明し、結核病床に入院した。診断した医師から保健所に結核発生の届出があった。

52 接触者健康診断の結果、Aさんの夫と幼稚園教諭の1人とが喀痰塗抹陰性の結核であり、Aさんの子どものうちの1人と幼稚園児の3人とが潜在性結核感染症であった。
 このときの結核の治療支援について正しいのはどれか。

1.Aさん家族のDOTSを優先して行う。
2.幼稚園教諭のDOTSは教育委員会が行う。
3.潜在性結核感染症に罹患している者は地域DOTSの対象である。
4.喀痰塗抹陰性の結核に罹患している者は入院して院内DOTSが必要である。

解答

解説
1.× Aさん家族ではなく、AさんのDOTSを優先して行う。なぜなら、優先順位の高い症例は、喀痰塗抹陽性例であるため。
2.× 幼稚園教諭のDOTSをあえて教育委員会が行う必要はない。幼稚園教諭は喀痰塗抹陰性例であり、地域DOTSの対象と考えられる。
3.〇 正しい。潜在性結核感染症に罹患している者は地域DOTSの対象である。潜在性結核感染症は、結核菌に感染しているが発病していない状態である。外来治療の適応であり、地域DOTSの対象である。
4.× 喀痰塗抹陰性の結核に罹患している者は、入院して院内DOTSが必要ない。地域DOTSの外来DOTSの対象となる。具体的には、通院している医療機関の外来、保健所、地域の調剤薬局、介護老人保健施設などでのDOTSが考えられる

 

 

 

 

 

次の文を読み53〜55の問いに答えよ。
 人口50万人のA市。A市総合計画の母子保健分野について「児童虐待やいじめのない、母と子どもの笑顔があふれる街A 市」を目標としている。A市では、保健師が中心となって母子保健計画を新たに策定することとなった。平成25年(2013年)のA市の人口動態統計および母子保健に関する主な状況を表に示す。

表:A市の人口動態統計および母子保健に関する主な状況

53 A市の特徴として正しいのはどれか。(※不適切問題:解2つ)

1.乳児死亡率が全国平均より低い。
2.合計特殊出生率が全国平均より低い。
3.低出生体重児の出生割合が全国平均より低い。
4.妊娠12週未満の妊娠届の提出割合が全国平均より高い。

解答2・3
理由:複数の正解があるため。

解説
1.× 乳児死亡率が全国平均より低いのではなく高い。A市の乳児死亡率は3.0で、全国平均の2.1である。ちなみに、年間の乳児死亡率=1000×(年間の乳児死亡数)/(年間の出生数)という計算式で値を求めることができる。(厚生労働省:平成26年人口動態統計
2.〇 正しい。合計特殊出生率が全国平均より低い。A市の合計特殊出生率は1.25で、全国平均の1.42である。(厚生労働省:平成26年人口動態統計
3.〇 正しい。低出生体重児の出生割合が全国平均より低い。A市の低出生体重児の出生割合は9.0で、全国平均の9.5よりも低い。(厚生労働省:平成26年人口動態統計
4.× 妊娠12週未満の妊娠届の提出割合が全国平均より高いのではなく低い。A市の妊娠12週未満の妊娠届の提出割合は40%で、全国平均の91.4%よりも低い。(厚生労働省:平成25年度地域保健、健康増進事業報告)。

 

 

 

 

 

次の文を読み53〜55の問いに答えよ。
 人口50万人のA市。A市総合計画の母子保健分野について「児童虐待やいじめのない、母と子どもの笑顔があふれる街A 市」を目標としている。A市では、保健師が中心となって母子保健計画を新たに策定することとなった。平成25年(2013年)のA市の人口動態統計および母子保健に関する主な状況を表に示す。

54 A市の母子保健計画において取り組むべき重点課題はどれか。2つ選べ。

1.不妊治療の推進
2.特定妊婦の支援
3.妊娠中の母体の体重管理
4.初回妊婦健康診査の早期受診の勧奨
5.1歳6か月児健康診査受診率の向上

解答2・4

解説

特定妊婦とは?

妊娠中から家庭環境におけるハイリスク要因を特定でき、出産前の支援が必要な妊婦のこと。ハイリスク要因には、収入基盤の不安定さ、親が知的・精神的障害者、若年の妊婦、妊婦健康診査未受診、妊娠届の未提出などがある。

1.× 不妊治療の推進は、優先度が低い。なぜなら、A市の出生率は8.0[(出生数4.000)÷(人口500.000)× 1.000]であり、全国平均と同じであるため。総合計画で不妊治療に関する内容がうたわれていない。(厚生労働省:平成26年人口動態統計)。
2.〇 正しい。特定妊婦の支援は、A市の母子保健計画において取り組むべき重点課題である。なぜなら、総合計画で「児童虐待やいじめのない、母と子どもの笑顔があふれる街A市」とあるため。特定妊婦とは、「出産後の養育について出産前において支援を行うことが特に必要と認められる妊婦である。具体的には、妊娠中から家庭環境におけるハイリスク要因を特定でき、出産前の支援が必要な妊婦のことである。ことから、特定妊婦への支援は重点課題であるといえる。
3.× 妊娠中の母体の体重管理は、優先度が低い。なぜなら、妊娠中の母体の体重管理については、統計データや総合計画では触れられていないため。
4.〇 正しい。初回妊婦健康診査の早期受診の勧奨は、A市の母子保健計画において取り組むべき重点課題である。なぜなら、総合計画で「児童虐待やいじめのない、母と子どもの笑顔があふれる街A市」とあるため。妊娠12週未満の妊娠届の提出割合が低いことから、重点課題として取り組んでいく必要がある。
5.× 1歳6か月児健康診査受診率の向上は、優先度が低い。なぜなら、1歳6か月児健康診査の受診率は、全国平均の94.9%よりも高いため。(厚生労働省:平成25年度地域保健・健康増進事業報告)I

 

 

 

 

 

次の文を読み53〜55の問いに答えよ。
 人口50万人のA市。A市総合計画の母子保健分野について「児童虐待やいじめのない、母と子どもの笑顔があふれる街A 市」を目標としている。A市では、保健師が中心となって母子保健計画を新たに策定することとなった。平成25年(2013年)のA市の人口動態統計および母子保健に関する主な状況を表に示す。

55 A市の母子保健計画の指標と目標とを設定し、達成のための具体的な取り組み及び事業の進捗状況の把握・評価を行うために、母子保健計画推進会議を開催することとした。
 母子保健計画推進会議について適切なのはどれか。

1.非公開で開催する。
2.政策評価を母子保健計画の最終年度に行う。
3.委員の意見をもとに当該年度の事業内容を変更する。
4.保健センター以外の部署で実施している事業の実施状況を報告する。

解答

解説
1.× 非公開ではなく公開して開催する。なぜなら、行政で行う推進会議は、情報を公開できない特定の問題や個人情報などが含まれない限り、公開で開催することが原則であるため。この原則をアカウンタビリティ(説明責任)という。
2.× 政策評価を母子保健計画の最終年度ではなく、中間評価に行う。進捗状況を確認しながら中間評価を行い、適宜、対策や行動計画の修正を行う。
3.× 委員の意見をもとに当該年度の事業内容を変更する必要はない。委員の意見は尊重するが、当該年度に計画した事業内容は計画どおり行う。
4.〇 正しい。母子保健計画推進会議は、保健センター以外の部署で実施している事業の実施状況を報告する。総合的に母子保健計画を推進するために、保健センター以外の事業の実施状況を取りまとめて報告する必要がある。

 

 

 

※注意:著者は看護師で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

問題引用:第102回保健師国家試験、第99回助産師国家試験、第105回看護師国家試験の問題および正答について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)