第102回(H31) 助産師国家試験 解説【午後16~20】

 

16 Rh式血液型不適合妊娠で胎児水腫が認められた。
 この時、D抗原に対して産生される免疫グロブリンはどれか。

1.IgA
2.IgD
3.IgE
4.IgG
5.IgM

解答

解説

 

 

 

 

 

17 受精卵(胚)で正しいのはどれか。

1.受精後さらに2回の減数分裂が行われる。
2.受精後2日に前核が形成される。
3.前核が融合したものを桑実胚という。
4.受精後3日に胚盤胞へと変化する。
5.胚盤胞の状態で子宮内膜に着床する。

解答

解説

 

 

 

 

 

18 母体由来の細胞を主体として構成されているのはどれか。

1.羊膜
2.臍帯
3.絨毛
4.脱落膜
5.羊水浮遊細胞

解答

解説

 

 

 

 

 

19 30歳代の女性で行われた場合に、その後に骨粗鬆症のリスクが高まるのはどれか。

1.子宮筋腫の核出
2.両側付属器の切除
3.薬剤を用いた排卵誘発
4.低用量ピルによる避妊
5.尖圭コンジローマの焼灼治療

解答

解説

 

 

 

 

 

20 妊婦の状態とそれに関連して生じやすい新生児への影響の組合せで正しいのはどれか。

1.喫煙習慣:巨大児
2.血小板減少:黄疸
3.不規則抗体陽性:多血症
4.妊娠高血圧腎症:低出生体重児
5.ビタミンB1欠乏:18 トリソミー

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。