第102回(H31) 助産師国家試験 解説【午前26~30】

 

26 妊娠中から産褥期に、母体敗血症からトキシックショック症候群、全身性炎症反応症候群<SIRS>、播種性血管内凝固<DIC>などを起こし、周産期の母児の死亡原因となるのはどれか。

1.梅毒
2.淋菌感染症
3.性器ヘルペス感染症
4.性器クラミジア感染症
5.A群溶血性レンサ球菌感染症

解答

解説

 

 

 

 

 

27 人工栄養よりも母乳栄養の新生児に起こりやすいのはどれか。

1.便秘
2.遷延性黄疸
3.一過性多呼吸
4.帽状腱膜下血腫
5.甲状腺機能低下症

解答

解説

 

 

 

 

 

28 Aちゃん(日齢10、女児)。在胎31 週5日、体重1,570 gで出生し、NICUに入院し経鼻的CPAP療法を行っている。ベッドサイドの呼吸心拍監視モニターのアラームが鳴ったため確認したところ、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>65 %、心拍数70/分、呼吸運動は停止していて体動はなく、顔面にチアノーゼが認められた。
 初期対応で正しいのはどれか。

1.胸骨圧迫
2.酸素投与
3.足底刺激
4.気管内挿管
5.ブドウ糖液の静脈内注射

解答

解説

 

 

 

 

 

29 地域母子保健活動を行う事業と機関の組合せで正しいのはどれか。

1.療養の援護:市町村保健センター
2.養育医療の給付:児童相談所
3.育成医療の給付:助産所
4.助産施設への入所措置:福祉事務所
5.母子家庭等就業自立支援:配偶者暴力相談支援センター

解答

解説

 

 

 

 

 

30 周産期医療体制において総合周産期母子医療センターに求められる施設条件はどれか。

1.一般産科病床と母体胎児集中治療室<MFICU>は同数の病床数を有する。
2.関係する診療科と連携して母児の異常に対応できる。
3.NICUとGCUは同数の病床数を有する。
4.無痛分娩に対応できる。
5.移植手術に対応できる。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。