第102回(H31) 助産師国家試験 解説【午前31~35】

 

31 性周期で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.エストロゲンが一定の濃度を超えるとポジティブフィードバックが起こる。
2.インヒビンの作用によって排卵に至る卵胞が一つになる。
3.LHサージ開始から48 時間後に排卵がおこる。
4.子宮内膜は増殖期に脱落膜様変化となる。
5.乳房の容積は排卵時に最大となる。

解答1・2

解説

 

 

 

 

 

32 子宮内黄体ホルモン放出システム<IUS>で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.月経量が減少する。
2.授乳中では乳汁分泌量が減少する。
3.人工妊娠中絶後直ちに挿入できる。
4.5年間の避妊失敗率は約10 % である。
5.出血や腹痛がなければ10 年間挿入できる。

解答1・3

解説

 

 

 

 

 

33 造精機能障害の原因となるのはどれか。2つ選べ。

1.射精障害
2.精索静脈瘤
3.精管欠損症
4.両側精巣上体炎
5.Klinefelter<クラインフェルター>症候群

解答2・5

解説

 

 

 

 

 

34 Aさん(47 歳、女性)。市町村の子宮がん検診の結果から精密検査を勧められ、産婦人科外来を受診した。持参した子宮頸部細胞診の結果は、ASC-US(意義不明な異型平上皮細胞)であった。Aさんは、助産師に「どんな検査が必要になるのですか、教えてください」と質問した。
 Aさんに勧められる検査はどれか。2つ選べ。

1.直腸診
2.骨盤MRI 検査
3.コルポスコピー
4.ハイリスクHPV検査
5.円錐切除術による組織診

解答3・4

解説

 

 

 

 

 

35 妊娠41週3日の経産婦。前期破水のため入院し、子宮収縮薬で分娩誘発を行い、2時間経過後に陣痛が開始した。陣痛開始から30 分後、子宮口開大4cm、Station-1、陣痛間欠1分30 秒、陣痛発作30秒であった。胎児心拍数基線は120 bpmで経過し、基線細変動は中等度から減少している。胎児心拍数陣痛図上に最下点が70 bpm未満で持続時間が30秒以上の変動一過性徐脈がみられた。陣痛発作時に強く産痛を訴え、仰臥位で苦悶様表情を示している。
 この時の対応で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.浣腸を行う。
2.産婦を側臥位にする。
3.子宮収縮薬を中止する。
4.間欠的胎児心拍数聴取に切り替える。
5.100 %酸素3L/分で酸素投与を開始する。

解答2・3

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)