第102回(H31) 助産師国家試験 解説【午後31~35】

 

31 Aさん(17 歳、女子)。11歳で初経が発来して以降、28日型の順調な月経周期であったが、4か月前から無月経となったため、思春期外来を受診した。Aさんには性交渉の経験はない。頭痛や視野異常の訴えはない。
 助産師が行う対応で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.有酸素運動を勧める。
2.体重の変動について聞く。
3.精神的ストレスの程度を確認する。
4.直ちに低用量ピルの内服を勧める。
5.基礎体温は朝トイレに行ってから測定するよう説明する。

解答2・3

解説

 

 

 

 

 

32 Aさん(32 歳、初妊婦)。身長154 cm。体重56 kg(非妊時体重53 kg、BMI 22)。既往歴は特記すべきことはない。職業は会社員で、デスクワークが主である。現在妊娠22 週で異常所見は認められない。助産師は、Aさんに食事バランスガイドを用いて、非妊時と比較した1日分の付加量について説明することになった。
 説明する内容で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.「主食はおにぎり1個分増やしましょう」
2.「主菜は卵1個分増やしましょう」
3.「副菜は増やす必要はありません」
4.「牛乳・乳製品は牛乳コップ1杯分増やしましょう」
5.「果物はりんご半個分増やしましょう」

解答2・5

解説

 

 

 

 

 

33 子宮口全開大で、努責感を感じている初産婦。仰臥位で陣痛発作時に時々児頭が陰裂から少し見える状況になってきた。
 陣痛発作時の産婦に対し、分娩を進行させる効果的な声かけで適切なのはどれか。2つ選べ。

1.「上半身を起こしますよ」
2.「天井を見ていきみましょう」
3.「ハッ、ハッ、ハッ、ですよ」
4.「フーウン、フーウン、ですよ」
5.「息の続くかぎり長くいきんでください」

解答1・4

解説

 

 

 

 

 

34 子宮内反症で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.膀胱に尿がたまった状態で用手的整復を試みる。
2.子宮底輪状マッサージが誘因となる。
3.経産婦に比べて初産婦の発症が多い。
4.子宮底は著しく上昇する。
5.大量出血が起きる。

解答2・5

解説

 

 

 

 

 

35 死産に関わる届出で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.死産届は24 時間以内に提出する。
2.死産届は死産のあった場所の都道府県知事に提出する。
3.死産の分娩に立ち会った場合は死胎検案書を作成する。
4.死産児を検案して異常を認めた場合は、所轄警察署に届け出る。
5.提供した医療に起因する予期しなかった死産は医療事故調査・支援センターに届け出る。

解答4・5

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)