第102回(H31) 助産師国家試験 解説【午後36~40】

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(33 歳、初妊婦)。既往歴や生活歴に特記すべきことはなかったが、妊娠28週頃から高血圧を指摘され、内服薬による治療を受けている。妊娠39週5日、経腟分娩で男児を出産した。
 児のApgar<アプガー>スコアは1分後8点、5分後9点。
 児の身体所見:身長49.2 cm(50 パーセンタイル)
 体重2,515 g(パーセンタイル)
 頭囲33.3 cm(50 パーセンタイル)

36 児の管理をするにあたり、注意すべき合併症はどれか。

1.高血糖
2.多血症
3.顔面神経麻痺
4.呼吸窮迫症候群
5.高カルシウム血症

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(33 歳、初妊婦)。既往歴や生活歴に特記すべきことはなかったが、妊娠28週頃から高血圧を指摘され、内服薬による治療を受けている。妊娠39週5日、経腟分娩で男児を出産した。
 児のApgar<アプガー>スコアは1分後8点、5分後9点。
 児の身体所見:身長49.2 cm(50 パーセンタイル)
 体重2,515 g(パーセンタイル)
 頭囲33.3 cm(50 パーセンタイル)

37 日齢2。児の体重は2,410 gで、前日から30 g減少している。児は完全母乳栄養で約1〜2時間ごとに哺乳している。児の哺乳力は良好だが、左右の乳房を10分程度哺乳すると眠ってしまい、Aさんは眠った児をそのままコットに寝かせている。児には軽度の腹部膨満が認められる。排便は出生後5回、粘稠性の強い濃緑色の便が認められる。朝、ヨーグルト状の凝乳塊を含む白色物の嘔吐が認められた。
 助産師のAさんへの指導で正しいのはどれか。

1.人工乳の追加
2.哺乳後の排気
3.3時間ごとの定時授乳
4.Aさんの乳製品の摂取制限

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み36〜38の問いに答えよ。
 Aさん(33 歳、初妊婦)。既往歴や生活歴に特記すべきことはなかったが、妊娠28週頃から高血圧を指摘され、内服薬による治療を受けている。妊娠39週5日、経腟分娩で男児を出産した。
 児のApgar<アプガー>スコアは1分後8点、5分後9点。
 児の身体所見:身長49.2 cm(50 パーセンタイル)
 体重2,515 g(パーセンタイル)
 頭囲33.3 cm(50 パーセンタイル)

38 日齢4。児の体重は2,490 gで、前日から35 g増加している。排尿10回/日、排便5回/日、哺乳回数12 回/日、哺乳力は良好だが、1日数回の嘔吐が認められる。経皮的黄疸計値9.5。自動聴性脳幹反応<AABR>は両耳とも「パス(反応あり)」であった。
 Aさんからの児に関する訴えで、最も注意すべきなのはどれか。

1.「視線が合わない」
2.「黄色いうんちが出た」
3.「黄緑色のものを吐いた」
4.「白眼が黄色くなってきた」
5.「声をかけても反応してくれない」

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 妊婦とパートナーが出産を迎える意欲を高めることを目的として、病院に勤務する助産師が両親学級を開催することとなった。計画の概要を表に示す。

39 この両親学級の開催で適切なのはどれか。

1.開催日時は平日の日中とする。
2.母子健康手帳は持参しなくて良いと伝える。
3.バースプランは事前に用紙に書いてくるよう伝える。
4.分娩経過の講義は妊婦とパートナーを分けて実施する。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 妊婦とパートナーが出産を迎える意欲を高めることを目的として、病院に勤務する助産師が両親学級を開催することとなった。計画の概要を表に示す。

40 助産師は計画に従って両親学級を開催した。産痛緩和法の講義と演習で、分娩第1期の産痛緩和法として腰部マッサージの方法を紹介した。助産師は、パートナーに対して、妊婦の背側に座り、手を温めて妊婦の腰部に触れ、妊婦の呼吸に合わせて円を描くように手を動かすよう指導した。実施後、助産師は妊婦とパートナーが記載したアンケートを見て両親学級の効果を評価することにした。
 妊婦とパートナーが出産を迎えるための意欲が高まったと評価できる記載はどれか。

1.立ち会い出産は大変だと感じた。
2.実母の立ち会いについて2人で話し合います。
3.産痛緩和のマッサージは助産師にしてほしい。
4.お腹が張りそうだからマッサージは心配です。
5.自宅でも2人でマッサージの練習をしてみたい。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)