第102回(H31) 助産師国家試験 解説【午前41~45】

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 Aさん(21 歳、専門学校生)。月経不順であった。性器出血と腹部膨満感を主訴に産婦人科を初めて受診した。「突然に出血して、止まったと思ったらまた出血した。これまでこんな出血はなかった」と言う。出血は鮮血で、強い腹痛の自覚はない。身長155 cm、体重57.5 kg (非妊時体重50 kg)。体温36.5 ℃、脈拍78/分、血圧128/82 mmHg。尿蛋白(±) 、尿糖(-)。血液検査ではHb 10.8 g/dL、白血球8,500/μL、血小板24 万/μL。超音波検査にて子宮内に胎児が確認された。子宮底長27 cm、腹囲88 cm、胎児推定体重1,550 g。超音波検査所見から妊娠30 週2日と判断した。子宮口は閉鎖、展退度30 % 以下である。

41 経腟超音波検査の写真を下図に示す。
 この時点で、考えられるのはどれか。

1.切迫早産
2.前置胎盤
3.羊水過多症
4.妊娠高血圧症侯群
5.臨床的絨毛膜羊膜炎

解答

解説

 

 

 

 

 

42 Aさんは入院となった。入院後2日、再度性器出血が生じ、30 分間で200 mLに達して持続している。胎児心拍数陣痛図は、基線細変動が減少していた。その後の20 分間の観察で、一過性頻脈は認めない。超音波検査で、羊水ポケットは35mm、胎動は乏しい。
 この時点のアセスメントで正しいのはどれか。

1.内診による子宮口開大の確認が必要である。
2.臍帯動脈からの出血がある。
3.前期破水の可能性が高い。
4.胎児機能不全が疑われる。

解答

解説

 

 

 

 

 

43 Aさんは緊急帝王切開術となった。術中出血量2,300 mL(羊水込み)、出生体重1,750 gの女児、Apgar<アプガー>スコア1分後1点、5分後5点。児は呼吸窮迫症候群のためNICU入院となった。Aさんの術後経過は良好であった。Aさんの両親にはAさんから連絡を入れるということであった。
 産褥2日。「彼とは連絡が取れない。怒られるのが怖くて、まだ親に話せていない。今は親からの仕送りで生活している。NICUに入院するような子どもを育てる自信がない」と児の面会に行こうとしない。
 Aさんに対する助産師の対応で最も優先されるのはどれか。

1.地域の育児サポート情報を提供する。
2.養子縁組の手続きを勧める。
3.両親へ連絡をとるよう促す。
4.避妊指導を行う。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 Aさん(32 歳、初産婦)。これまでの妊娠経過に異常はなかった。妊娠35 週5日。「2、3日前から歩くと時々水が流れるような感じがあったが、尿漏れかと思って様子をみていた。今日になり、量が増えた」との訴えで、夫とともに外来受診した。パットには透明な水様性の帯下があり、悪臭なし。体温38.1 ℃、脈拍88/分、血圧128/76 mmHg。子宮の圧痛はない。胎児心拍数は180 bpmであった。胎児は頭位で胎児推定体重2,400 g、AFI 1.5。腟鏡診では少量の出血が混じった帯下を認めたが、腟円蓋の液体貯留は明らかでなかった。子宮口は閉鎖であった。

44 破水の診断のため追加して行う検査はどれか。

1.血中CRPの測定
2.マイクロバブルテスト
3.腟内分泌物顕微鏡検査
4.癌胎児性フィブロネクチンの測定

解答

解説

 

 

 

 

 

45 Aさんは前期破水と診断され、抗菌薬の点滴静脈内注射が開始された。直ちに分娩監視装置が装着された。分娩監視装置装着後20 分間の胎児心拍数陣痛図を下図に示す。
 胎児心拍数陣痛図のアセスメントで正しいのはどれか。

1.基線細変動は増加している。
2.遷延一過性徐脈がみられる。
3.胎児心拍数の基線は頻脈である。
4.胎児のwell – beingに問題はない。
5.サイナソイダルパターンがみられる。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。