第102回(H31) 助産師国家試験 解説【午後41~45】

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 妊婦とパートナーが出産を迎える意欲を高めることを目的として、病院に勤務する助産師が両親学級を開催することとなった。計画の概要を表に示す。

41 両親学級の終了後、Aさん(29 歳、初妊婦)とAさんのパートナーが助産師に話しかけてきた。Aさんは現在妊娠31週で、前回の妊婦健康診査では骨盤位であったという。
 Aさん:「今日は分娩室を見てここで産みたいと思いました。来て良かったです」
 パートナー:「今日は経腟分娩の話ばかりだったけど、逆子のまま帝王切開になったらどうしよう」
 Aさんとパートナーの言葉を聞いた後の助産師の対応で適切なのはどれか。

1.胎児外回転術を勧める。
2.骨盤位の経腟分娩方法を説明する。
3.帝王切開術の説明を希望するかを確認する。
4.まだ週数が早いので、帝王切開術を心配する必要はないと説明する。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み42、43の問いに答えよ。
 Aさん(48 歳、女性)。夫と28 歳の長女との3人暮らしで、出版社に勤務している。不正出血を主訴として婦人科の診療所を受診した。既往歴に特記すべきことはない。月経周期は順調であったが、6か月前から月経がなく、少量の出血が時々みられる。身長150 cm、体重48 kg(半年前より変化なし)。婦人科診察では子宮および付属器に異常は認められなかった。
 Aさんは最近体調に不安を感じており、助産師に「会議中などに突然暑くなって汗をかき、動悸がして困ることがあります。物忘れも増え、何をするにもおっくうです。夫は仕事中心で、私の話を聞いてくれません。娘がまもなく結婚して独立するので、その準備であわただしい毎日でした。この先、夫と2人きりになるかと思うと憂うつです」と相談があった。

42 Aさんに対するアセスメントで適切なのはどれか。2つ選べ。

1.若年性認知症が疑われる。
2.急性ストレス障害が疑われる。
3.視床下部性無月経が疑われる。
4.血管運動神経性障害を認める。
5.家族の発達課題がストレスの原因になっている。

解答4・5

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み42、43の問いに答えよ。
 Aさん(48 歳、女性)。夫と28 歳の長女との3人暮らしで、出版社に勤務している。不正出血を主訴として婦人科の診療所を受診した。既往歴に特記すべきことはない。月経周期は順調であったが、6か月前から月経がなく、少量の出血が時々みられる。身長150 cm、体重48 kg(半年前より変化なし)。婦人科診察では子宮および付属器に異常は認められなかった。
 Aさんは最近体調に不安を感じており、助産師に「会議中などに突然暑くなって汗をかき、動悸がして困ることがあります。物忘れも増え、何をするにもおっくうです。夫は仕事中心で、私の話を聞いてくれません。娘がまもなく結婚して独立するので、その準備であわただしい毎日でした。この先、夫と2人きりになるかと思うと憂うつです」と相談があった。

43 その後Aさんは、医師からホルモン補充療法を勧められたが「薬には頼りたくない」と言い、希望しなかった。「職場の仲間は、私ほどつらそうではない。娘の結婚と引っ越しが終わり、心にぽっかり穴があいたままで家事や仕事をする気力がありません。私1人が周りに迷惑ばかりかけている」と沈んでいる。
 助産師のAさんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.田中・ビネー式知能検査を行う。
2.自己イメージのゆがみを修正する。
3.夫と過ごす時間を増やすよう指導する。
4.ストレスマネジメントについて指導する。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み44、45の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後8か月、男児)。小児神経専門医から重度の脳性麻痺¬痙性四肢麻痺)と診断された。
[周産期歴]
 Aちゃんの母親は34 歳の経産婦。妊娠18週まで喫煙していた。妊婦健康診査では直前まで特に異常は指摘されていなかったが、妊娠37週3日に「6時間ほど前から痛みを感じ自宅で様子をみていたが、我慢できなくなった」と電話があり、助産師は来院を指示した。来院時、胎児心拍数陣痛図で胎児心拍数60 bpm の遷延一過性徐脈を認め、常位胎盤早期剝離の診断で緊急帝王切開術が行われた。Aちゃんは出生体重2,860 g、Apgar<アプガー>スコアは1分後2点、5分後5点で、蘇生後NICU に入院し、日齢35に退院した。

44 Aちゃんの脳性麻痺の原因で可能性が高いのはどれか。

1.核黄疸
2.母の喫煙
3.上衣下出血
4.脳室周囲白質軟化症
5.低酸素性虚血性脳症

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み44、45の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後8か月、男児)。小児神経専門医から重度の脳性麻痺¬痙性四肢麻痺)と診断された。
[周産期歴]
 Aちゃんの母親は34 歳の経産婦。妊娠18週まで喫煙していた。妊婦健康診査では直前まで特に異常は指摘されていなかったが、妊娠37週3日に「6時間ほど前から痛みを感じ自宅で様子をみていたが、我慢できなくなった」と電話があり、助産師は来院を指示した。来院時、胎児心拍数陣痛図で胎児心拍数60 bpm の遷延一過性徐脈を認め、常位胎盤早期剝離の診断で緊急帝王切開術が行われた。Aちゃんは出生体重2,860 g、Apgar<アプガー>スコアは1分後2点、5分後5点で、蘇生後NICU に入院し、日齢35に退院した。

45 産科医療補償制度の手続きのため、分娩した病院に来院したAちゃんの母親から助産師に「この制度について教えて下さい」と質問があった。
 助産師の対応で適切なのはどれか。

1.「この制度では原因分析はしません」
2.「分析結果は一般に公開されません」
3.「分析報告書は保護者に直接送付されます」
4.「原因分析の結果は小児神経専門医から伝えられます」

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。