第102回(H31) 助産師国家試験 解説【午前46~50】

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 Aさん(32 歳、初産婦)。これまでの妊娠経過に異常はなかった。妊娠35 週5日。「2、3日前から歩くと時々水が流れるような感じがあったが、尿漏れかと思って様子をみていた。今日になり、量が増えた」との訴えで、夫とともに外来受診した。パットには透明な水様性の帯下があり、悪臭なし。体温38.1 ℃、脈拍88/分、血圧128/76 mmHg。子宮の圧痛はない。胎児心拍数は180 bpmであった。胎児は頭位で胎児推定体重2,400 g、AFI 1.5。腟鏡診では少量の出血が混じった帯下を認めたが、腟円蓋の液体貯留は明らかでなかった。子宮口は閉鎖であった。

46 Aさんは入院となり、この時の血液検査データはHb 11.5 g/>L、白血球23,000/μL、血小板35万/μL、CRP 24.5 mg/>Lであった。絨毛膜羊膜炎の診断で、緊急帝王切開術による分娩となり2,400 gの女児を出産した。児はApgar<アプガー>スコア1分後2点、5分後3点、気管内挿管され、NICUに入院となった。
児は敗血症の診断で治療が開始されたが、急速に多臓器不全が進行し、出生後4日に死亡した。A さんは「赤ちゃんが死んだなんて信じられない。私が破水に早く気づいて病院に来ていたら、こんなことにはならなかった」と涙を流しながら夫に話している。
 助産師のAさんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.早期の退院を勧める。
2.夫と一緒にAさんの話を聞く。
3.次の妊娠について考えるよう勧める。
4.赤ちゃんのことは考えないように話す。
5.睡眠導入薬の処方について医師に相談するよう勧める。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み47、48の問いに答えよ。
 Aさん(30 歳、初妊婦)。妊娠33週0日に帯下に少量の出血が混じり軽度の下腹部痛があることを主訴に受診した。体温36.8 ℃、脈拍60/分、血圧110/65 mmHg。内診所見は子宮口2cm開大、展退度50 %。超音波断層法で子宮頸管長23 mm、胎位は骨盤位であった。後腟円蓋の腟分泌物でBTB試験紙は青変せず、悪臭はしない。血液検査で白血球の増加やCRPの上昇を認めない。Aさんは入院となり、NSTでは胎児心拍数は正常であるが、12 分ごとに弱い子宮収縮が認められる。

47 この時点のアセスメントで正しいのはどれか。

1.切迫早産
2.高位破水
3.子宮内感染
4.子宮頸管無力症

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み47、48の問いに答えよ。
 Aさん(30 歳、初妊婦)。妊娠33週0日に帯下に少量の出血が混じり軽度の下腹部痛があることを主訴に受診した。体温36.8 ℃、脈拍60/分、血圧110/65 mmHg。内診所見は子宮口2cm開大、展退度50 %。超音波断層法で子宮頸管長23 mm、胎位は骨盤位であった。後腟円蓋の腟分泌物でBTB試験紙は青変せず、悪臭はしない。血液検査で白血球の増加やCRPの上昇を認めない。Aさんは入院となり、NSTでは胎児心拍数は正常であるが、12 分ごとに弱い子宮収縮が認められる。

48 Aさんは安静臥床を指示され、点滴治療が継続された。妊娠36週5日、痛みを伴う規則的な子宮収縮が生じ、子宮口が6cmまで開大した。骨盤位であったため緊急帝王切開術による分娩となった。手術翌日、脈拍72/分、血圧118/56 mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>98 %。子宮底は臍下1横指で収縮は良好であり、外陰部にあてたパッドに少量の血液が付着している。採血の結果は、Hb 10.2g/dL、血小板25万/μL、生化学検査は異常を認めなかった。手術後初めてトイレまで歩行した際、Aさんは胸痛を訴えてうずくまった。Aさんの左下肢には、軽度の発赤と腫脹が認められた。
 Aさんに生じた疾患で最も考えられるのはどれか。

1.肺水腫
2.周産期心筋症
3.肺血栓塞栓症
4.HELLP症侯群

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み49、50の問いに答えよ。
 Aさん(34 歳、初産婦)。妊娠40週2日。陣痛開始から3時間が経過し、入院した。胎児推定体重は2,650 g、入院時の内診所見は、子宮口4cm開大、展退度70 %、Station-2、子宮頸管の硬度は軟であった。入院から4時間後、羊水流出を認めた。陣痛間欠4〜5分、陣痛発作40〜50 秒、内診所見は子宮口5cm開大、展退度80 %、Station-1、子宮頸管の硬度は軟である。先進部は小泉門で11 時方向に触れる。

49 分娩経過の判断で正しいのはどれか。

1.児頭は嵌入している。
2.分娩第1期遷延である。
3.第1前方後頭位である。
4.Friedman<フリードマン>曲線の活動期である。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み49、50の問いに答えよ。
 Aさん(34 歳、初産婦)。妊娠40週2日。陣痛開始から3時間が経過し、入院した。胎児推定体重は2,650 g、入院時の内診所見は、子宮口4cm開大、展退度70 %、Station-2、子宮頸管の硬度は軟であった。入院から4時間後、羊水流出を認めた。陣痛間欠4〜5分、陣痛発作40〜50 秒、内診所見は子宮口5cm開大、展退度80 %、Station-1、子宮頸管の硬度は軟である。先進部は小泉門で11 時方向に触れる。

50 入院から8時間後、陣痛間欠2〜3分、陣痛発作50秒、内診所見は子宮口7cm開大、展退度100 %、Station+3、矢状縫合は骨盤横径に一致し、大泉門が触れ小泉門と同じ高さだった。Aさんは呼吸が乱れ「痛くて我慢できない」と訴えた。
 分娩進行の判断で正しいのはどれか。

1.過強陣痛である。
2.第2回旋の異常である。
3.子宮頸管は熟化していない。
4.分娩は正常に経過している。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。