第102回(H31) 助産師国家試験 解説【午後46~50】

 

次の文を読み46、47の問いに答えよ。
 Aさん(42 歳、初産婦)。約8年の不妊治療後に体外受精で妊娠。妊娠経過は順調で骨盤位のため帝王切開術による出産となった。児は正常新生児で、Aさんの産褥経過は問題なく、予定通り産褥7日に退院した。本日、産褥14 日、母乳外来に来院した。児の健康状態は良好、体重増加は45 g/日。Aさんは「母乳が足りているかわからなくて、1回60 mLのミルクを日4、5回足しているのですが、この子は泣いてばかりで、私は全然眠れないです」と暗い表情で話した。

46 この時の助産師の対応で最も適切なのはどれか。

1.産後うつ病であると伝える。
2.ミルクの量が適切ではないと指導する。
3.母乳分泌を促すマッサージを指導する。
4.自宅での児との生活について話してもらう。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み46、47の問いに答えよ。
 Aさん(42 歳、初産婦)。約8年の不妊治療後に体外受精で妊娠。妊娠経過は順調で骨盤位のため帝王切開術による出産となった。児は正常新生児で、Aさんの産褥経過は問題なく、予定通り産褥7日に退院した。本日、産褥14 日、母乳外来に来院した。児の健康状態は良好、体重増加は45 g/日。Aさんは「母乳が足りているかわからなくて、1回60 mLのミルクを日4、5回足しているのですが、この子は泣いてばかりで、私は全然眠れないです」と暗い表情で話した。

47 母乳外来受診から1週後、Aさんは、産後の1か月健診に児を連れて夫とともに来院した。産後の経過は順調である。児については「以前より寝てくれるようになったけど、泣くといらいらしてしまう。夫は、仕事が忙しくて帰りが遅い」と言う。エジンバラ産後うつ病質問票<EPDS>は4点であった。日7、8回直接授乳しておりミルクを毎回足している。
 助産師の対応で適切なのはどれか。

1.精神科への受診を勧める。
2.地域の育児支援情報を提供する。
3.育児はうまくいっていると励ます。
4.虐待の疑いがあることを児童相談所に連絡する。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み48、49の問いに答えよ。
 Aさん(35 歳、経妊婦)。妊娠8週。身長158 cm、体重49 kg(非妊時体重52 kg)。妊婦健康診査を受診した。妊婦健康診査で、体温37.5 ℃、血圧92/64 mmHg、尿蛋白(-)、尿糖(-)、尿ケトン体2+。2週前から嘔気が出現し、1週前から一日中嘔吐が続いており、水分は一口程度であれば摂取できるが、食事はほとんど摂取できていない状況である。Aさんは、「前回の妊娠の時と違って、こんなに吐いてばかりで赤ちゃんは大丈夫でしょうか。不安です」と話している。

48 この時点のアセスメントで正しいのはどれか。

1.うつ状態である。
2.経過は順調である。
3.輸液療法が必要である。
4.自然に治まる症状である。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み48、49の問いに答えよ。
 Aさん(35 歳、経妊婦)。妊娠8週。身長158 cm、体重49 kg(非妊時体重52 kg)。妊婦健康診査を受診した。妊婦健康診査で、体温37.5 ℃、血圧92/64 mmHg、尿蛋白(-)、尿糖(-)、尿ケトン体2+。2週前から嘔気が出現し、1週前から一日中嘔吐が続いており、水分は一口程度であれば摂取できるが、食事はほとんど摂取できていない状況である。Aさんは、「前回の妊娠の時と違って、こんなに吐いてばかりで赤ちゃんは大丈夫でしょうか。不安です」と話している。

49 Aさんは妊娠12週で、妊婦健康診査を受診した。体重50.0 kg、血圧94/60mmHg、尿蛋白(-)、尿糖(-)、尿ケトン体(±)。嘔吐は軽減してきたが嘔気は持続している。「1日3食頑張って食べようと努力していますが、ご飯を一口食べると吐いてしまいます。どうすれば食べられるようになるでしょうか」と話している。
助産師が行う食事指導で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.「食べられるときに好きなものを食べましょう」
2.「1日2,000 kcal を目標に食べましょう」
3.「水分を摂るように心がけましょう」
4.「お腹が空いてから食べましょう」
5.「外食は避けましょう」

解答1・3

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み50、51の問いに答えよ。
 Aさん(32 歳、初産婦)。病院の産婦人科で、妊婦健康診査を受けていた。合併症はなく、妊娠経過および胎児の発育は順調であった。既往歴に特記すべきことはない。妊娠40週3日、自宅で陣痛発来および破水を認めたため、産婦人科病棟に入院した。胎児推定体重は3,400 g。羊水混濁は認めない。子宮口が全開大後、胎児心拍数陣痛図にて高度遅発一過性徐脈を認めたため、吸引分娩による急速遂娩を行うこととなった。

50 新生児蘇生法ガイドライン2015に基づく児の蘇生の準備で適切なのはどれか。

1.吸引器の陰圧を20 kPaに設定する。
2.6Fr の吸引カテーテルを準備する。
3.内径4.5 mm の気管チューブを準備する。
4.人工呼吸用ブレンダーの酸素濃度を21%に設定する。
5.Tピース蘇生装置の呼気終末陽圧<PEEP>を8cmH2Oに設定する。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。