第102回(H31) 助産師国家試験 解説【午前51~55】

 

次の文を読み51、52の問いに答えよ。
 Aさん(23 歳、女性、未婚)。妊娠歴なし。コンビニエンスストアでパート勤務をしている。勤務中に突然の腹痛と腟からの中等量の出血があり、早退して職場近くの婦人科クリニックを受診した。半年以上前から月経がないことを自覚していたが、医療機関は受診していなかった。意識は清明で、腹部は膨隆し、心窩部と下腹部に痛みを訴えている。下肢の浮腫著明。身長155 cm、体重80 kg(非妊時体重60 kg)、体温36.5 ℃、脈拍90/分、血圧178/100 mmHg。婦人科の医師が診察すると子宮内から少量の流血があり、経腹超音波検査で妊娠後期と思われる胎児を認めた。胎盤の辺縁に血腫を疑う像があり、子宮収縮に一致して胎児徐脈がみられた。婦人科クリニックの医師は、直ちに産婦人科とNICUのある高次医療施設に救急搬送受け入れを依頼した。

51 搬送依頼を受けた高次医療施設の助産師が、母体救命の観点において搬送元からさらに聞き出す情報で、最も重要なのはどれか。

1.子宮底長
2.最終飲食時間
3.パートナーの連絡先
4.出血中の凝血塊の有無

解答

解説

 

 

 

 

 

52 高次医療施設に搬入された直後に、産科医師がAさんを診察すると、腟分泌物は血性少量、子宮口は1cm開大、経腹超音波検査で約80 bpmの胎児徐脈を認め、回復の徴候が認められなかった。救急処置室から直ちに手術室に移送され、全身麻酔下の緊急帝王切開術で2,830 gの女児を出産した。Apgar<アプガー>スコアは1分後3点、5分後7点、臍帯動脈血pH値7.02であった。NICU医師によって蘇生処置が行われた。出血量は羊水を含めて800 mLであった。Aさんは術後、ICUに収容された。娩出されたAさんの胎盤の写真を下図に示す。
 Aさんの術後に最も注意すべきなのはどれか。

1.肺血栓塞栓症
2.術後出血
3.肺水腫
4.敗血症
5.心不全

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み53の問いに答えよ。
 Aさん(31 歳、女性、会社員)。28 歳で結婚した。2年前に月経困難症のため婦人科を受診し、子宮内膜症と診断された。1年前から基礎体温表をつけて排卵期に性交渉を持つようにしていたが、妊娠しないため婦人科診療所を受診した。Aさんは何度か通院するうちに、助産師に「実は、性交のときに痛くて、性交渉を持つ日を指定されたりすると、とてもストレスになります。自分の仕事が忙しく、休んで病院に来るのも大変だし、不妊治療は受けたくないのです。夫は子どもを欲しがっているので、悪くて言えません。でも、一度きちんと話そうと思っています」と訴えた。

53 助産師の対応で適切なのはどれか。

1.不妊治療を受けないという本人の意思決定を支持する。
2.不妊治療によって痛みは軽減することが多いと伝える。
3.夫には性交痛のことは話さない方がよいと説明する。
4.妊娠すれば痛みの問題は解決すると説明する。
5.心療内科の治療が必要であると伝える。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み54の問いに答えよ。
 開業助産師が、市の乳児家庭全戸訪問事業の委託を受けて、産後3か月のAさん(30 歳、初産婦)宅を訪問した。Aさんには訪問に戸惑う様子がみられた。部屋は整理整頓されている。児は体温37.1 ℃、呼吸数32/分、心拍数110/分。定頸している。オムツかぶれはない。助産師は児の計測時、上腕内側に皮下出血があるのを認めた。児の表情は乏しく、あやしても笑わない。Aさんは落ち着きがなく、計測が終わるとすぐに助産師から児を取り上げた。児の出生体重は2,600 g、1か月児健康診査時の体重は3,500 gと母子健康手帳に記載があり、本日の児の体重は5,000 gであった。助産師が皮下出血の原因をAさんに確認すると、「虫に刺された」と答えた。Aさん夫婦は1年前に転入してきて周囲に知り合いはいない。助産師は継続的な支援が必要だと感じた。児の4か月児健康診査は3週後である。

54 今後の対応で適切なのはどれか。

1.育児グループを紹介する。
2.1週後に助産師が再訪問する。
3.早急に地区担当保健師に連絡する。
4.4か月児健康診査でフォローアップする。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み55の問いに答えよ。
 自然災害発生後3日。助産師Aは被災地に派遣され、避難所に到着した。産褥2週の褥婦Bさんから「母乳の出が悪くなった気がする。母乳だけで赤ちゃんは大丈夫でしょうか」と相談を受けた。Bさんは妊娠40週0日で3,200 gの児を出産し、完全母乳育児をしている。乳房トラブルはない。授乳回数は10〜12 回/日。児は体重3,600 g、尿8〜10 回/日、便3、4回/日で、皮膚の色つやはよい。

55 現時点での助産師の対応で適切なのはどれか。

1.混合栄養を勧める。
2.児をあまり泣かさないよう伝える。
3.現在は母乳で足りていると伝える。
4.授乳回数を1日10 回未満にすることを提案する。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)