第103回(H29) 保健師国家試験 解説【午前1~5】

 

※注意:著者は看護師で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

問題引用:第103回保健師国家試験、第100回助産師国家試験、第106回看護師国家試験の問題および正答について

 

 

1 保健師が行うアウトリーチはどれか。

1.言語の発達に遅れがある幼児のフォローアップ教室
2.Parkinson(パーキンソン)病の患者会への支援
3.治療を中断している精神障害者への家庭訪問
4.後期高齢者への認知症予防教室

解答

解説
1.× 言語の発達に遅れがある幼児のフォローアップ教室
2.× Parkinson(パーキンソン)病の患者会への支援
3.〇 正しい。治療を中断している精神障害者への家庭訪問
4.× 後期高齢者への認知症予防教室

 

 

 

 

 

2 A市の保健師は、難病患者の家族会を支援するために、当事者、地域住民および関係機関による会議を開催し、パートナーシップを基盤にした活動を推進することとした。
 第1回の会議の内容として最も適切なのはどれか。

1.予算確保の方法についての説明
2.近隣市町における活動事例の紹介
3.関係機関における研修の開催の検討
4.A 市の昨年度の保健事業全般の実績報告

解答

解説
1.× 予算確保の方法についての説明
2.〇 正しい。近隣市町における活動事例の紹介
3.× 関係機関における研修の開催の検討
4.× A 市の昨年度の保健事業全般の実績報告

 

 

 

 

 

3 日本の社会格差を示す指標の過去10 年間の推移について正しいのはどれか。

1.雇用者に占める非正規職員・従業員の割合は減少している。
2.相対的貧困率は上昇している。
3.完全失業率は上昇している。
4.ジニ係数は低下している。

解答

解説
1.× 雇用者に占める非正規職員・従業員の割合は減少している。
2.〇 正しい。相対的貧困率は上昇している。
3.× 完全失業率は上昇している。
4.× ジニ係数は低下している。

 

 

 

 

 

4 家族に関連する内容の説明で正しいのはどれか。

1.オマハシステムは家族システムの階層性を説明する理論である。
2.ジェノグラムは家族と社会との関わりを示す図である。
3.家族の発達段階における最初の時期は養育期である。
4.1人の家族員の変化が他の家族員に影響を及ぼす。

解答

解説
1.× オマハシステムは家族システムの階層性を説明する理論である。
2.× ジェノグラムは家族と社会との関わりを示す図である。
3.× 家族の発達段階における最初の時期は養育期である。
4.〇 正しい。1人の家族員の変化が他の家族員に影響を及ぼす。

 

 

 

 

 

5 都道府県が実施主体となり保健師が家庭訪問を行うのはどれか。

1.未熟児
2.発達障害児
3.認知症高齢者
4.小児慢性特定疾病児童

解答

解説
1.× 未熟児
2.× 発達障害児
3.× 認知症高齢者
4.〇 正しい。小児慢性特定疾病児童

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。