第103回(H29) 保健師国家試験 解説【午後21~25】

 

21 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)で規定されている地域相談支援について正しいのはどれか。

1.地域定着支援を行う。
2.利用者の負担額は割である。
3.障害支援区分の認定が必要である。
4.指定特定相談支援事業者が実施する。

解答

解説
1.〇 正しい。地域定着支援を行う。
2.× 利用者の負担額は割である。
3.× 障害支援区分の認定が必要である。
4.× 指定特定相談支援事業者が実施する。

 

 

 

 

 

22 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)について正しいのはどれか。

1.予防接種を行う疾病を定めている。
2.十分な説明と同意に基づいた入院勧告制度がある。
3.特定感染症指定医療機関は都道府県知事が指定する。
4.4類感染症を診断した医師は7日以内に届出を行わなければならない。

解答

解説
1.× 予防接種を行う疾病を定めている。
2.〇 正しい。十分な説明と同意に基づいた入院勧告制度がある。
3.× 特定感染症指定医療機関は都道府県知事が指定する。
4.× 4類感染症を診断した医師は7日以内に届出を行わなければならない。

 

 

 

 

 

23 地域保健法における市町村の役割で正しいのはどれか。

1.健康危機管理の拠点
2.食品衛生に関する指導
3.関係機関への技術的な援助
4.地域保健対策に必要な人材の確保

解答

解説
1.× 健康危機管理の拠点
2.× 食品衛生に関する指導
3.× 関係機関への技術的な援助
4.〇 正しい。地域保健対策に必要な人材の確保

 

 

 

 

 

24 障害児の放課後等デイサービスの定義を定めている法律はどれか。

1.児童福祉法
2.学校保健安全法
3.発達障害者支援法
4.障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)

解答

解説
1.〇 正しい。児童福祉法
2.× 学校保健安全法
3.× 発達障害者支援法
4.× 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)

 

 

 

 

 

25 平成26年(2014年)の日本における各年代と年代別死因第1位の組合せで正しいのはどれか。

1.20歳代:自殺
2.30歳代:悪性新生物
3.40歳代:心疾患
4.50歳代:脳血管疾患
5.60歳代:肺炎

解答

解説
1.〇 正しい。20歳代:自殺
2.× 30歳代:悪性新生物
3.× 40歳代:心疾患
4.× 50歳代:脳血管疾患
5.× 60歳代:肺炎

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。