第103回(H29) 保健師国家試験 解説【午前41~45】

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 人口約1万人のA町は、後期高齢者が約3割を占める。町内に集落が点在しており、集落ごとに自治会の活動が活発である。休日の昼間、A 町を震源とする震度6強の大規模な地震が発生した。建物の倒壊が見られ、下敷きになっている住民もいるとの情報があった。役場から約5kmの距離にある小学校に救護所が設置された。

41 地震発生30分後に、町の防災マニュアルに基づき、A 町の保健師のうち1人が救護所となっている小学校に駆けつけることができた。
 この保健師の対応で最も適切なのはどれか。

1.近隣住民へのボランティアの依頼
2.小学校の養護教諭への連絡
3.必要な医療物品の準備
4.県保健師への応援要請

解答

解説
1.× 近隣住民へのボランティアの依頼
2.× 小学校の養護教諭への連絡
3.〇 正しい。必要な医療物品の準備
4.× 県保健師への応援要請

 

 

 

 

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 人口約1万人のA町は、後期高齢者が約3割を占める。町内に集落が点在しており、集落ごとに自治会の活動が活発である。休日の昼間、A 町を震源とする震度6強の大規模な地震が発生した。建物の倒壊が見られ、下敷きになっている住民もいるとの情報があった。役場から約5kmの距離にある小学校に救護所が設置された。

42 地震発生当日に町内に避難所が設置された。1週後、町民の半数が避難所で生活を送っている。県外から派遣された医療チームが避難所での健康管理を行っている。
 このときのA町保健師の活動で優先度が高いのはどれか。

1.避難所で傷病者の処置を行う。
2.町外への避難者の安否確認を行う。
3.避難所の高齢者の介護予防を行う。
4.避難所の要援護者の搬送先を検討する。

解答

解説
1.× 避難所で傷病者の処置を行う。
2.× 町外への避難者の安否確認を行う。
3.× 避難所の高齢者の介護予防を行う。
4.〇 正しい。避難所の要援護者の搬送先を検討する。

 

 

 

 

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 人口約1万人のA町は、後期高齢者が約3割を占める。町内に集落が点在しており、集落ごとに自治会の活動が活発である。休日の昼間、A 町を震源とする震度6強の大規模な地震が発生した。建物の倒壊が見られ、下敷きになっている住民もいるとの情報があった。役場から約5kmの距離にある小学校に救護所が設置された。

43 地震発生から2か月が経過した。小学校の近くに仮設住宅が設置され、避難者の大半が移った。住民の5割は自宅、4割は仮設住宅、1割は避難所で生活している。
 このときのA町保健師の活動で最も適切なのはどれか。

1.町外施設に移った要介護者を訪問する。
2.避難所の住民の自治組織の立ち上げを支援する。
3.各集落の自治会長から住民の生活状況の情報を得る。
4.仮設住宅の住民に対して役場で運動教室を開催する。

解答

解説
1.× 町外施設に移った要介護者を訪問する。
2.× 避難所の住民の自治組織の立ち上げを支援する。
3.〇 正しい。各集落の自治会長から住民の生活状況の情報を得る。
4.× 仮設住宅の住民に対して役場で運動教室を開催する。

 

 

 

 

 

次の文を読み44、45の問いに答えよ。
 人口5万人の市。市の人口は平成20年度以降は変化はない。市はA、B及びCの3つの地区からなり、肺がん対策として検診の受診率の向上に取り組んでいる。市の肺がん検診は、平成26 年度まではA地区の保健センターで行う集団検診のみであったが、平成27年度からはB地区にある病院でも検診を行っている。各地区の肺がん検診の受診者数および対象者数を表に示す。

表 市内各地区の肺がん検診の受診者数および対象者数(人)

44 市内の肺がん検診の状況について正しいのはどれか。

1.検診実施施設が増えた後、市全体の検診受診率は増加した。
2.検診を実施している病院がある地区の対象者数に変化はない。
3.平成27年度の市全体の人口に占める検診対象者の割合は50 %以上である。
4.市全体の検診受診率は平成24年(2012年)のがん対策推進基本計画の目標値を上回っている。

解答 なし

解説
1.× 検診実施施設が増えた後、市全体の検診受診率は増加した。
2.× 検診を実施している病院がある地区の対象者数に変化はない。
3.× 平成27年度の市全体の人口に占める検診対象者の割合は50 %以上である。
4.× 市全体の検診受診率は平成24年(2012年)のがん対策推進基本計画の目標値を上回っている。

 

 

 

 

 

次の文を読み44、45の問いに答えよ。
 人口5万人の市。市の人口は平成20年度以降は変化はない。市はA、B及びCの3つの地区からなり、肺がん対策として検診の受診率の向上に取り組んでいる。市の肺がん検診は、平成26 年度まではA地区の保健センターで行う集団検診のみであったが、平成27年度からはB地区にある病院でも検診を行っている。各地区の肺がん検診の受診者数および対象者数を表に示す。

45 C地区の地域診断を行ったところ、胃がん検診と大腸がん検診は肺がん検診より受診率が高く他の地区とも差がないことや、他の地区より喫煙率が高いことが分かった。また、過去10年間の肺がんによる死亡者18人のうち、肺がん検診の受診歴のない者が6人であった。
 C地区の肺がん検診の受診率向上を目指して取り組む事業として優先度が高いのはどれか。

1.胃がん検診と同日での肺がん検診の実施
2.がんの緩和ケアに関する講演会の開催
3.がん登録事業の協力病院の拡大
4.肺がん検診の追加開催
5.禁煙教室の実施

解答

解説
1.〇 正しい。胃がん検診と同日での肺がん検診の実施
2.× がんの緩和ケアに関する講演会の開催
3.× がん登録事業の協力病院の拡大
4.× 肺がん検診の追加開催
5.× 禁煙教室の実施

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。