第103回(R2) 助産師国家試験 解説【午後1~5】

 

1 妊婦の摂取量が過量な場合に、有機水銀による胎児の健康障害が最も懸念される魚介はどれか。

1.アジ
2.サケ
3.イワシ
4.キンメダイ

解答

解説

 

 

 

 

 

2 骨盤内臓器で正しいのはどれか。

1.基靱帯は子宮支持組織の一つである。
2.子宮動脈は総腸骨動脈から分岐する。
3.性成熟期女性の正常な子宮は鵞卵大である。
4.卵巣動脈は卵巣固有靱帯(固有卵巣索)内を通る。

解答

解説

 

 

 

 

 

3 子宮頸がん検診で適切なのはどれか。

1.NILMでは精密検査を勧める。
2.子宮頸部細胞診の検体採取は吸引法で行う。
3.ベセスダシステムに基づいた分類で報告される。
4.日本における対象者の受検率は70 %を超えている。

解答

解説

 

 

 

 

 

4 受精卵の着床で正しいのはどれか。

1.着床するのは胞胚期である。
2.子宮内膜の増殖期に着床する。
3.受精卵は受精後10日目に着床する。
4.子宮内膜に接着してから透明帯が消失する。

解答

解説

 

 

 

 

 

5 胚葉由来と組織との組合せで正しいのはどれか。

1.内胚葉:中枢神経
2.外胚葉:平滑筋
3.中胚葉:甲状腺
4.中胚葉:心臓

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。