第103回(R2) 助産師国家試験 解説【午前11~15】

 

11 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律<DV防止法>に定められている配偶者からの暴力に関する医療関係者の対応で正しいのはどれか。

1.通報先は児童相談所である。
2.通報することは守秘義務に反する。
3.事実上婚姻関係にある被害者については通報できない。
4.配偶者暴力相談支援センター等の利用について被害者に情報提供する。

解答

解説

 

 

 

 

 

12 助産所で妊婦健康診査を受けた妊婦の所見で、嘱託医師への相談・報告が必要なのはどれか。

1.妊娠25週で骨盤位であった。
2.妊娠29週で胎児心拍数基線が155 bpmであった。
3.妊娠34週で悪心・嘔吐の訴えで来所した。
4.妊娠37週で1時間に回以上の子宮収縮がみられた。

解答

解説

 

 

 

 

 

13 産科医療補償制度再発防止委員会の報告書に基づき、常位胎盤早期剝離に関する妊婦や家族に行う保健指導はどれか。

1.禁酒
2.厳密な体重管理
3.入院による安静の確保
4.気になる症状がある場合の医療機関への早期連絡

解答

解説

 

 

 

 

 

14 新生児溶血性疾患で正しいのはどれか。

1.日齢10以降に発症する。
2.末梢血中の網赤血球が減少する。
3.間接ビリルビン優位の高ビリルビン血症となる。
4.ABO不適合溶血性疾患は母親の血液型がAB 型の時に発症する。
5.RhD不適合溶血性疾患は第2子より第1子の発症リスクが高い。

解答

解説

 

 

 

 

 

15 卵巣で正しいのはどれか。

1.内胚葉由来の臓器である。
2.子宮と卵巣堤索で連絡する。
3.卵胞は卵巣皮質に存在する。
4.卵胞刺激ホルモン<FSH>を産生する。
5.原始卵胞数のピークは30歳代である。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。