第103回(R2) 助産師国家試験 解説【午後26~30】

 

26 生後12時間の新生児。在胎32 週1日、出生体重1,700 gで出生した。保育器内で経鼻的持続気道陽圧呼吸療法<CPAP>(吸入酸素濃度25 %)を開始し、輸液管理中である。バイタルサインは、体温(腋窩温)36.5 ℃、呼吸数65/分、心拍数160/分、血圧50/32 mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度<SPO2>94%であった。また、血糖値は60 mg/dLであった。
 現在の児の状態の評価で正しいのはどれか。

1.頻脈
2.多呼吸
3.低血圧
4.低体温
5.低酸素血症

解答

解説

1.× 新生児の頻脈は180回/分以上である。新生児の正常な脈拍は120~160/分であり、心拍数160回/分は正常である。
2.〇 正しい。新生児の多呼吸は50回/分であり、多呼吸である。頻呼吸は深さは変わらないが回数が増えた状態で、多呼吸は深さも数も増加した状態である。
3.× 新生児の血圧の正常値は60〜90/30〜50mmHgであり、血圧50/32mmHgはやや低めであるが、在胎週数や出生体重も少なく、血圧は小さいほど低くなるため、低血圧とはいえない。
4.× 低体温は深部体温が36.5℃未満のものと定義されており、腋窩で体温36.5 ℃は正常である。
5.× 低酸素血症とは、動脈血中の酸素が不足した状態である。SPO2 95~100%が正常であるが94%であっても生後12時間ならば経過観察をしてもいい程度である。また現在酸素投与を行いSPO2 90%以上を維持できているため低酸素血症とはいえない。

 

 

 

 

 

27 機能性月経困難症で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.周期性の痛みがある。
2.30歳以降の発症が多い。
3.子宮内膜症が関与している。
4.月経が始まると症状が消失する。
5.レボノルゲストレル放出子宮内システム<LNG-IUS>で症状が緩和する。

解答1・5

解説

1.〇 正しい。機能性月経困難症とは、明らかな病変がない月経困難症である。月経困難症とは、月経期間中に月経に伴って病的な症状がみられる。通常は月経の1~2日目に痛みのピークがあり、引きつるような痛みが周期的に来ることが多い。広くは腰痛や腹部膨満感、嘔気、疲労、いらいらなども含まれる。
2.×  機能性月経困難症は30歳以降ではなく、思春期~20歳台前半の若い女性に多い。
3.× 機能性月経困難症は明らかな病変がない月経困難症であり、子宮内膜症の関与はみられない。
4.× 機能性月経困難症では月経が始まると症状が消失するのではなく、月経に伴って病的な症状がみられる。
5.〇 正しい。レボノルゲストレル放出子宮内システム<LNG-IUS>とは、子宮内に挿入、留置する器具である子宮内避妊用具 (IUD)に黄体ホルモンであるレボノルゲストレル(LNG) を子宮内に放出するための薬剤放出部を付加した製剤である。避妊及び過多月経、または特発性過多月経、月経困難症に関する効能・効果として承認されており、機能性月経困難症にも症状緩和が期待される。商品名ではミレーナがある。

 

 

 

 

 

28 胎児期における男性化の性分化で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.ウォルフ管が退縮する。
2.SRY 遺伝子の発現が必要である。
3.アンドロゲン作用が抑制されている。
4.抗ミューラー管ホルモンが作用する。
5.外性器の形成は胎生2か月で完了する。

解答2・4

解説

1.× 男性化の性分化ではウォルフ管が退縮するのではなく分化する。ウォルフ管はライディッヒ細胞から分泌されるテストステロンが存在するとき精巣上体・輸精管・精嚢に分化し、存在しないとき退縮する。性管・外性器は、胎児精巣由来ホルモンの有無に依存して分化する。
2.〇 正しい。男性化の性分化ではSRY 遺伝子の発現が必要である。 Y染色体上には性決定遺伝子であるSRY遺伝子が存在する。SRY遺伝子はまだ雌雄に分化していない胎児期の生殖腺で発現し、この発現が個体を雄へ誘導する。
3.× 男性化の性分化ではアンドロゲン作用が抑制されない。精巣のライディッヒ細胞からは男性ホルモンであるアンドロゲンが分泌され、妊娠9〜20週にかけて精巣周囲の環境を整えながら、体外の陰嚢・陰茎を形成する。
4.〇 正しい。男性化の性分化では抗ミューラー管ホルモンが作用する。ミュラー管はセルトリ細胞から分泌される抗ミュラー管ホルモンが存在するとき退縮し、存在しないとき子宮・卵管・膣上部に分化する。
5.× 。 外性器の形成は胎生2か月では完了しない。外性器の分化は胎生12週までに起り、男性の外性器の分化は12~13週ごろに急速に発達する。

 

 

 

 

 

29 33 歳の女性。卵管因子による不妊のため1年前から治療を開始し、今回初めて体外受精―胚移植<IVF-ET>を受けることになった。
 女性への治療方法の説明で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.「移植する胚は1個です」
2.「胚は卵管内に移植します」
3.「卵子の採取には腹腔鏡を使用します」
4.「成熟卵胞を穿刺して卵子を採取します」
5.「顕微鏡下で精子を卵子に注入し受精させます」

解答1・4

解説

1.〇 正しい。体外受精・胚移植(IVF-ET)とは、排卵近くまで発育した卵子を体外に取り出し、精子と接触(媒精)させて受精し分割した卵を子宮内に戻す不妊治療のことであり、移植する胚は1個である。
2.× 胚は卵管内に移植するのではなく、子宮内に移植する。
3.× 卵子の採取には腹腔鏡ではなく、経腟超音波下で静脈麻酔あるいは局所麻酔下に行う。
4.〇 正しい。採卵は成熟卵胞を穿刺して卵子を採取する。回収された卵胞は顕微鏡下で観察し、卵子が見つかると清潔操作で培養液中に回収する。
5.× 顕微鏡下で精子を卵子に注入し受精させる方法は顕微授精である。顕微授精(ICSI)とは、細いガラス針の先端に1個の精子を入れて卵子に顕微鏡で確認しながら直接注入する方法である。男性側に原因のある不妊症に対して行われるため、今回は適さない。

 

 

 

 

 

30 妊娠による母体の生理学的変化で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.血清アルブミン値は上昇する。
2.血中尿素窒素は低下する。
3.凝固機能が抑制される。
4.心拍出量が増える。
5.腹式呼吸になる。

解答2.4

解説

1.× 血清アルブミン値は上昇するのではなく低下する。妊娠中の総たんぱく質、アルブミンは低下し、総脂質、総コレステロール、中性脂肪は増加する。
2.〇 正しい。妊娠中は心拍出量の増加、腎機能の亢進や循環器系・泌尿器系の機能の亢進が起きるため、血中尿素窒素は低下する。尿素窒素とは、血中の尿素に含まれる窒素成分であり、通常は腎臓でろ過されて尿中へ排出される。腎機能が低下するとろ過しきれない分が血中に残るため、高値である場合は腎機能低下を示す。
3.× 凝固機能が抑制されるのではなく高まる。出産時には500cc程度の出血が見込まれるため、出血のリスクから母体を守るために、妊娠後期になると血液の凝固機能が高まる。
4.〇 正しい。心拍出量(CO)は妊娠10週で増加し始め、25~30週の間に妊娠前のCO (4~6L/分)を30~50%上回るピークに達する。 1回拍出量は妊娠5週から20〜35%増加して約32週で最大に達し、以後わずかに減少していく。心拍数も心拍出量の増加に影響し、 分娩時には拍出量はさらに増加する。
5.× 妊娠時には胎児の成長で横隔膜が圧迫されると腹式呼吸が難しくなり、胸式呼吸に傾くようになる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)