第103回(R2) 助産師国家試験 解説【午前31~35】

 

31 日本で実施されている全国調査のうち、DOHaD学説が調査の基盤概念となっているのはどれか。

1.乳幼児栄養調査
2.国民生活基礎調査
3.全国家庭児童調査
4.乳幼児身体発育調査
5.子どもの健康と環境に関する全国調査<エコチル調査>

解答

解説

 

 

 

 

 

32 抗不安薬内服中の妊婦から出生した新生児に認められる薬物離脱症候群の症状で注意するのはどれか。2つ選べ。

1.嘔吐
2.発疹
3.頭囲拡大
4.無呼吸発作
5.頭頂部の皮膚剝離

解答1・4

解説

 

 

 

 

 

33 羊膜で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.血管がない。
2.羊水を分泌する。
3.胎生42日目に形成される。
4.エストロゲンが分泌される。
5.子宮内膜から分化したものである。

解答1・2

解説

 

 

 

 

 

34 羊水過多症に伴い母体に生じる症状はどれか。2つ選べ。

1.多尿
2.発熱
3.不眠
4.子宮収縮
5.食欲亢進

解答3・4

解説

 

 

 

 

 

35 異所性妊娠で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.卵管間質部妊娠の頻度が最も高い。
2.クラミジア感染症がリスク因子となる。
3.黄体形成ホルモン<LH>値測定が診断に有用である。
4.妊娠週で子宮内に胎囊を認めない場合に診断される。
5.薬物療法としてメトトレキサートが用いられる。

解答2・5

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。