第103回(R2) 助産師国家試験 解説【午前36~40】

 

36 Naegele<ネーゲレ>鉗子による急速遂娩で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.矢状縫合が横径の場合に適応となる。
2.鉗子柄を左右に動かして牽引する。
3.娩出完了まで会陰保護は行わない。
4.吸引分娩より牽引力が強い。
5.膀胱を空にして実施する。

解答4・5

解説

1.× 急速遂娩の適応は分娩第2期の胎児機能不全、回旋異常、遷延分娩、分娩停止、母体疲労や母体の心疾患などの合併症により第2期短縮が望ましい場合である。
2.× 牽引の方向は第1位に後下方、第2位に水平方向、第3位に骨盤誘導線に沿って上方に牽引する。その後、児頭発露で鉗子を抜去する。
3.× 介助者は娩出完了まで会陰保護は行わないのではなく、児頭発露から会陰保護を行い、通常の分娩介助を実施する。
4.〇 正しい。鉗子分娩は吸引分娩より牽引力が大きい。そのため確実性があり、迅速に行うことができる。術者の手技が未熟な場合は母児に対するダメージが大きい。
5.〇 正しい。急速遂娩の条件としては膀胱を空にして実施することが望ましい。その他に膀胱とともに直腸が空であること、子宮口全開大、既破水、児頭骨盤不均衡がないこと、児頭がSt+2より下降している、児生存、児が鉗子に耐えられるくらい成熟していることが望ましい。

 

 

 

 

 

 

37 播種性血管内血液凝固<DIC>を発生しやすい基礎疾患として産科DICスコアで加点対象となっているのはどれか。2つ選べ。

1.羊水塞栓症
2.癒着胎盤
3.妊娠糖尿病
4.常位胎盤早期剝離
5.仰臥位低血圧症候群

解答1・4

解説

1.〇 正しい。播種性血管内血液凝固<DIC>とは血管内における凝固系の異常亢進により、末梢微小血管内に多数の微小血栓が形成される状態をいう。消費性凝固障害と二次線溶亢進による著明な出血傾向、それによる多臓器不全を主徴とする症候群である。羊水塞栓症は産科DICのスコアの加点対象の1つである。スコア加点対象は羊水塞栓症、常位胎盤早期剥離、DIC型後産期出血、子癇がある。
2.× 癒着胎盤は主な原因の中に含まれるが産科DICのスコアの加点対象ではない。DICの主な原因には羊水塞栓症、常位胎盤早期剥離、弛緩出血、前置胎盤、癒着胎盤、子宮破裂などがある。
3.× 妊娠糖尿病とは妊娠中にはじめて発見された糖代謝異常のことであり、産科DICのスコアの加点対象ではない。
4.〇 正しい。常位胎盤早期剝離は産科DICのスコアの加点対象の1つである。
5.× 仰臥位低血圧症候群(SHS)とは、妊娠末期の妊婦が仰臥位になった際、子宮が脊柱の右側を上行する下大静脈を圧迫することにより右心房への静脈還流量が減少するため、心拍出量が減少し低血圧となることであり、産科DICのスコアの加点対象ではない。

 

 

 

 

 

38 母乳ケア外来で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.集団指導を中心とする。
2.乳房ケア以外に心理的サポートも行う。
3.卒乳に関する相談は産科外来を紹介する。
4.対象の基準は出産後1年までの母親とする。
5.母乳ケア外来の評価を入院中の母乳育児ケアに活用する。

解答2・5

解説

1.× 母乳外来とは助産院や産婦人科で助産師が母乳関連のサポートを行う外来のことである。母子の個別性に合わせて指導をするため、集団指導には向かない。
2.〇 正しい。母乳外来では母乳育児や乳房ケア、乳房・乳頭トラブル、断乳・卒乳、児の体重増加などの相談ができ、乳房ケア以外に心理的サポートも行う。
3.× 産科外来は子宮復古や血圧などの産褥期の身体についての管理なので、母乳育児や卒乳に関する相談には適さない。
4.× 卒乳・断乳は母子のペースに合わせて行うため、対象の基準は必ずしも出産後1年とは限らない。
5.〇 正しい。入院中から退院、退院後の一連のケアは母乳ケア外来の評価対象のため、入院中の母乳育児ケアに活用するべきである。

 

 

 

 

 

 

39 平成27年(2015年)3月に制定された少子化社会対策基本法に基づく少子化社会対策大綱(第3次)の重点課題にあげられているのはどれか。2つ選べ。

1.男女の働き方改革
2.若い年齢での結婚・出産の希望の実現
3.若者の自立とたくましい子どもの育ち
4.思春期の健康対策の強化と健康教育の推進
5.生命の大切さ、家庭の役割等についての理解

解答1・2

解説

1.〇 正しい。「男女の働き方改革」は平成27年(2015年)3月に制定された少子化社会対策基本法に基づく少子化社会対策大綱(第3次)の重点課題の1つである。平成27年(2015年)3月に制定された少子化社会対策基本法に基づく少子化社会対策大綱(第3次)の重点課題は、①子育て支援策を一層充実、②若い年齢での結婚・出産の希望の実現、③多子世帯へ一層の配慮、④男女の働き方改革、⑤地域の実情に即した取組強化の5つである。
2.〇 正しい。「若い年齢での結婚・出産の希望の実現」は少子化社会対策基本法に基づく少子化社会対策大綱(第3次)の重点課題の1つである。
3.× 「若者の自立とたくましい子どもの育ち」は2005(平成17)年度から2009(平成21)年度までの5年間に講ずる具体的な施策内容と目標を掲げていた子ども・子育て応援プランの重点課題の1つである。
4.× 「思春期の健康対策の強化と健康教育の推進」は母子保健の平成26年までの国民運動計画であった健やか親子21の内容の1つである。
5.× 「生命の大切さ、家庭の役割等についての理解」は子ども・子育て応援プランの重点課題の1つである。

 

 

 

 

 

40 助産所の開設で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.医療法に規定されている。
2.開設者は助産師免許が必要である。
3.開設届は都道府県知事に提出する。
4.無床の助産所の開設届は不要である。
5.1人の助産師が同時に2か所以上の開設はできない。

解答1・3

解説

1.〇 正しい。医療施設の開設や定義は医療法に規定されている。
2.× 助産所の開設者は助産師でなくてもよいが、管理者は助産師免許を持つ者でなければならない。
3.〇 正しい。助産所を開設したら、開設後10日以内に施設の所在地の都道府県知事に届け出さなければならない。
4.× 無床の助産所では嘱託医師は必要ないが、開設届は必要である
5.× 1人の助産師が同時に2か所以上の助産所の開設はできるが、その旨を記述しなければならない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)