第103回(R2) 助産師国家試験 解説【午前46~50】

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 Aさん(30歳、2回経産婦)。第2子分娩後に腹腔鏡下子宮筋腫核出術の既往があるが、経腟分娩は可能と診断されていた。妊娠経過は順調であった。妊娠40週0日、陣痛発来にて入院となった。入院1時間後の時点で破水し、その後陣痛が増強した。さらに2時間が経過し、Aさんは額に汗を浮かべながら陣痛に耐えている。内診所見では既破水、子宮口全開大、Station +2であった。

46 産褥3日の午後、Aさんは悪寒と発熱を自覚した。バイタルサインは体温38.8℃、血圧125/75 mmHg、呼吸数25/分である。乳房は緊満しており軽度熱感があるが、痛みはない。子宮に圧痛があり、子宮底は臍高でやや軟である。経腹超音波検査では子宮内に悪露の貯留があるが、子宮体部筋層の異常はなく、腹腔内の出血は認めない。血液検査で白血球15,300/μL、Hb 11.3 g/dL、血小板12 万/μL、CRP 4.2mg/dLであった。
 Aさんの発熱の原因で考えられるのはどれか。

1.乳腺炎
2.子宮破裂
3.子宮内膜炎
4.生理的な子宮復古
5.妊娠高血圧症候群

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み47〜49の問いに答えよ。
 Aさん(43歳、経産婦、専業主婦)。夫(45歳、会社員)と男児(2歳)と3人暮らし。妊娠11週3日。Aさんは「つわりがつらく、食事がしっかり摂れていません。水分は気を付けて摂っています」と言う。身長160 cm、体重63 kg(非妊娠時から -1 kg)。血圧132/80 mmHg。Hb 10.6 g/dL、Ht 33 %。尿蛋白(-)、尿ケトン体(-)。胎児は頭臀長<CRL>55 mm、胎児心拍が確認された。

47 Aさんの妊娠経過の診断で正しいのはどれか。

1.貧血
2.重症妊娠悪阻
3.胎児発育不全
4.高血圧合併妊娠

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み47〜49の問いに答えよ。
 Aさん(43歳、経産婦、専業主婦)。夫(45歳、会社員)と男児(2歳)と3人暮らし。妊娠11週3日。Aさんは「つわりがつらく、食事がしっかり摂れていません。水分は気を付けて摂っています」と言う。身長160 cm、体重63 kg(非妊娠時から -1 kg)。血圧132/80 mmHg。Hb 10.6 g/dL、Ht 33 %。尿蛋白(-)、尿ケトン体(-)。胎児は頭臀長<CRL>55 mm、胎児心拍が確認された。

48 妊娠30週0日。体重75 kg。血圧142/90 mmHg。尿蛋白+、浮腫+。時々腹部が張る感じがすると話す。推定胎児体重1,500 g、胎児心拍正常。医師から1週後に受診するようにとの指示があった。Aさんは「自宅で血圧を測るとそんなに高くありません。子どもの世話もあるし、入院となると困ります」と言う。
 助産師がAさんに行う生活指導で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.「水分摂取を控えましょう」
2.「毎日ウォーキングをしましょう」
3.「自宅での血圧測定を続けましょう」
4.「家事や育児の合間には安静を心がけましょう」
5.「摂取エネルギーは、1日1,600 kcal程度にしましょう」

解答3・4

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み47〜49の問いに答えよ。
 Aさん(43歳、経産婦、専業主婦)。夫(45歳、会社員)と男児(2歳)と3人暮らし。妊娠11週3日。Aさんは「つわりがつらく、食事がしっかり摂れていません。水分は気を付けて摂っています」と言う。身長160 cm、体重63 kg(非妊娠時から -1 kg)。血圧132/80 mmHg。Hb 10.6 g/dL、Ht 33 %。尿蛋白(-)、尿ケトン体(-)。胎児は頭臀長<CRL>55 mm、胎児心拍が確認された。

49 妊娠35週0日。妊娠30 週以降、血圧上昇はなく経過している。Aさんは「前回のお産は、時間がかかってつらかったのでお産が不安になってきました。バースプランはまだ立てていません。今回が最後のお産だと思うので、よい体験にしたいです」と助産師に話す。
 Aさんへの助産師の対応で適切なのはどれか。

1.「前回より短時間で出産できますよ」
2.「無痛分娩を検討してはどうでしょうか」
3.「分娩中の過ごし方について一緒に考えましょう」
4.「次回の健康診査までにバースプランを完成させてください」

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み50〜52の問いに答えよ。
 Aさん(39歳、1回経産婦)。妊娠中の経過は順調であった。妊娠40週2日、陣痛が開始したため入院となった。午前1時30分、陣痛は2〜3分間欠、発作は40〜50秒。午前2時00 分に破水。「便がしたい感じ。どうしてこんなに痛いの」と言いながら強くいきんでいる。内診所見は子宮口7cm開大、展退度90 %、Station+1。

50 このときの助産師の対応で最も適切なのはどれか。

1.食事摂取を勧める。
2.陣痛発作時に弛緩法を促す。
3.短息呼吸の方法を指導する。
4.分娩体位を整え努責を誘導する。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。