第103回(R2) 助産師国家試験 解説【午後51~55】

 

次の文を読み51〜53の問いに答えよ。
 Aさん(37 歳、初産婦、正社員)。夫と2人暮らし。6か月前にB 市に引っ越してきた。B 市では、子育て世代包括支援センターに助産師の母子保健コーディネーターを配置し、妊娠初期から育児期まで継続して支援を行っている。Aさんは、妊娠30週の時に、育児準備教室を受講するために子育て世代包括支援センターを訪れた。受講後、Aさんは母子保健コーディネーターと面談し「私の母は父の看病をしているので、産後の手伝いは頼めません。出産後は夫と2人で頑張って子育てをする予定です」と話している。

51 母子保健コーディネーターがAさんの子育て支援ケアプランを作成するにあたり、優先して情報収集する項目はどれか。

1.育児用品の準備状況
2.夫の職場の子育て世帯への協力体制
3.保育所への入所に関する疑問の有無
4.B 市の母子保健サービスの把握状況

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み51〜53の問いに答えよ。
 Aさん(37 歳、初産婦、正社員)。夫と2人暮らし。6か月前にB 市に引っ越してきた。B 市では、子育て世代包括支援センターに助産師の母子保健コーディネーターを配置し、妊娠初期から育児期まで継続して支援を行っている。Aさんは、妊娠30週の時に、育児準備教室を受講するために子育て世代包括支援センターを訪れた。受講後、Aさんは母子保健コーディネーターと面談し「私の母は父の看病をしているので、産後の手伝いは頼めません。出産後は夫と2人で頑張って子育てをする予定です」と話している。

52 Aさんは、妊娠34週から産前休業を取得した。Aさんは子育て世代包括支援センターを訪問し「産前休業に入る時に、上司から他の人を雇いたいので産後休業が終わったら早めに辞めてもらいたいと言われました。それ以来、気持ちが落ち込んでいます。私は、仕事を辞めたくありません」と話している。
 この時の母子保健コーディネーターのAさんへの対応で適切なのはどれか。

1.産婦人科医に相談するよう勧める。
2.婦人相談所に相談するよう勧める。
3.法律上仕事は辞めさせられないことを伝える。
4.仕事と育児を両立するための講演会への参加を勧める。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み51〜53の問いに答えよ。
 Aさん(37 歳、初産婦、正社員)。夫と2人暮らし。6か月前にB 市に引っ越してきた。B 市では、子育て世代包括支援センターに助産師の母子保健コーディネーターを配置し、妊娠初期から育児期まで継続して支援を行っている。Aさんは、妊娠30週の時に、育児準備教室を受講するために子育て世代包括支援センターを訪れた。受講後、Aさんは母子保健コーディネーターと面談し「私の母は父の看病をしているので、産後の手伝いは頼めません。出産後は夫と2人で頑張って子育てをする予定です」と話している。

53 Aさんは、妊娠38週に帝王切開術で男児を出産した。産後は母子ともに順調に経過した。1か月健診の1週後、Aさんから母子保健コーディネーターに電話があり「出産後1か月は夫が育児休業を取って手伝ってくれたのですが、今は、夫は仕事が忙しくて帰りが遅く、私人で赤ちゃんの世話と家事をすべてやらなければなりません。夜もほとんど寝ることができません」と話している。
 母子保健コーディネーターの対応で最も適切なのはどれか。

1.産婦人科の受診を勧める。
2.地区担当の保健師と連携する。
3.実母へ家事支援を依頼するよう促す。
4.ファミリーサポートセンターの利用を勧める。

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み54、55の問いに答えよ。
 Aさん(16 歳、女子)。高校1年生の1月に月経異常を主訴に母親と産婦人科を受診した。
 現病歴:4か月前(9月頃)から月経がない。
 月経歴:初経13歳、1年前までの月経周期27 日、期間4〜5日。
 既往歴:なし。
 生活歴:高校入学後憧れていた新体操部に入部し、試合のメンバーに選ばれることを目標に早朝と放課後に練習を続けている。学校の欠席はない。朝夕の食事は家族と摂り、昼食は学生食堂を利用している。
 家族歴:父、42 歳、会社員、健康。母、40 歳、会社員、健康。妹、13 歳、中学1年生、健康。
 身体所見:第二次性徴の発現年齢は正常。
身長160 cm、体重41 kg(高校入学時から10 kg 減少)。妊娠反応陰性。

54 現在のAさんの状態で考えられるのはどれか。

1.過少月経
2.希発月経
3.遅発月経
4.続発性無月経

解答

解説

 

 

 

 

 

次の文を読み54、55の問いに答えよ。
 Aさん(16 歳、女子)。高校1年生の1月に月経異常を主訴に母親と産婦人科を受診した。
 現病歴:4か月前(9月頃)から月経がない。
 月経歴:初経13歳、1年前までの月経周期27 日、期間4〜5日。
 既往歴:なし。
 生活歴:高校入学後憧れていた新体操部に入部し、試合のメンバーに選ばれることを目標に早朝と放課後に練習を続けている。学校の欠席はない。朝夕の食事は家族と摂り、昼食は学生食堂を利用している。
 家族歴:父、42 歳、会社員、健康。母、40 歳、会社員、健康。妹、13 歳、中学1年生、健康。
 身体所見:第二次性徴の発現年齢は正常。
身長160 cm、体重41 kg(高校入学時から10 kg 減少)。妊娠反応陰性。

55 診察室でA さんは「部活の練習は楽しいです。先輩たちはみなスタイルがよく、太りたくないので食事の量を減らしています」と話した。
 Aさんの月経異常の要因をアセスメントするために最も重要な情報はどれか。

1.現在のボディイメージ
2.部活動の人間関係
3.部活動の日数
4.睡眠時間

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。