第104回(H30) 保健師国家試験 解説【午前1~5】

 

※注意:著者は看護師で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

※問題引用:第104回保健師国家試験、第101回助産師国家試験、第107回看護師国家試験の問題および正答について

 

 

1 保健師に関する歴史上の出来事と社会的背景の組合せで正しいのはどれか。

1.開拓保健婦の設置:外地からの引き揚げ
2.駐在保健婦制度の創設:社会恐慌や凶作による農村の荒廃
3.国保保健婦の市町村移管:第一次ベビーブーム
4.小児保健所での保健婦活動:富国強兵策

解答

解説
1.〇 正しい。「開拓保健婦の設置」と「外地からの引き揚げ」の組み合わせは正しい。戦後、海外からの引揚者や帰還兵の増加は食糧難をもたらし、開拓は国策として重要な課題となった。各地で開拓農家が増加し、その健康管理を行うために開拓保健婦が旧農林省管轄のもと配属された。外地とは、朝鮮半島や台湾など、第二次世界大戦前の本土以外の領土を指す。
2.× 戦後、GHQの指導のもと、広く保健サービスを行き渡らせるため、県の保護婦を市町村に駐在させ、住民の健康相談、家庭訪問などの活動を行った。社会恐慌や凶作による農村の荒廃とは直接結びつかない。
3.× 国保保健婦は、昭和53(1978)年に市町村に移管された。第ー次ベビーブームは、昭和22~24(1947~1949)年である。したがって、第一次ベビーブームとは直接結びつかない。
4.× 小児保健所での保健婦活動は、小児保健所は乳幼児死亡の減少のため、昭和3(1928)年に日本で初めて大阪に設置され、保健婦が妊婦や乳幼児の保健指導を行った。富国強兵策は、明治時代(1868~1912年)である。

 

 

 

 

 

2 保健師について正しいのはどれか。

1.保健師の記録の保存について保健師助産師看護師法に規定されている。
2.管轄する保健所長の指示を受けた場合はそれに従わなければならない。
3.保健師免許の申請には看護師免許の写しが必要である。
4.保健指導を業務独占としている。

解答

解説
1.× 保健師の記録の保存について、保健師助産師看護師法ではなく、病院における診療に関する諸記録の保存は、「医療法施行規則」に定められている。また、地方公務員である保健師の記録は、その地方公共団体の管理施策による(「公文書等の管理に関する法律」34条)。ちなみに、『保健師助産師看護師法』では、助産録に記載し5年間保存する義務を助産師に課しているが、保健師・看護師については定められていない。
2.〇 正しい。管轄する保健所長の指示を受けた場合は、それに従わなければならない。なぜなら、『保健師助産師看護師法』では「その業務に関して就業地を管轄する保健所の長の指示を受けたときは、これに従わなければならない」としているため。
3.× 保健師免許の申請には、看護師免許の写しは不要である。保健師の免許申請は、『保健師助産師看護師法施行規則』第ー号様とし、保健師国家試験および看護師国家試験の合格証書の写し(ただし、受験番号などを記載して省略可)と戸籍謄本または戸籍抄本を添付する。看護師免許の写しは不要である。
4.× 保健指導を業務独占ではなく、名称独占としている。保健師の名称を用いなければ、看護師や管理栄養士などの資格でも保健指導ができる。

 

 

 

 

 

3 市では、発達障害がある者の家族から、特別支援学校卒業後に地域で働きたいと希望しても周囲の理解が得られないので悩んでいるとの相談が増加した。保健師は発達障害がある者を支援する地域ケアシステムが必要と考えた。
 地域ケアシステムの構築を最も推進する活動はどれか。

1.家族会の設立
2.就労相談会の開催
3.ボランティアの育成
4.ネットワーク会議の開催

解答

解説

地域ケアシステムの構築を推進するためには、保健・医療・福祉などのサービスを一体として提供することによって、対象者の支援と問題解決を図ることが必要となる。

1.× 家族会の設立は優先度が低い。家族会は、家族同士の悩みの共有や支え合いに有効な自助グループである。
2.× 就労相談会の開催は優先度が低い。就労相談会を開催することで対象者の就職につながる可能性はあるが、設問の「特別支援学校卒業後に地域で働きたいと希望しても周囲の理解が得られないので悩んでいる」ことの解決に向けた活動としては効果は薄いと考えられる。
3.× ボランティアの育成は優先度が低い。ボランティアは地域の理解者を得るための重要な手段であり、住民の主体的な参加のために有用なインフォーマルサービスだが、設問の「特別支援学校卒業後に地域で働きたいと希望しても周囲の理解が得られないので悩んでいる」ことの解決に向けた活動としては効果は薄いと考えられる。
4.〇 正しい。ネットワーク会議の開催は優先度が高い。ネットワーク会議とは、地域住民や関係機関が集まり、現状の把握と共有および問題解決のための共通認識が図られる会議のことである。会議の開催により、既存のフォーマル、インフォーマルなサービスを含めたさまざまなサービスがネットワーク化され、地域ケアシステムの構築が推進される。

 

 

 

 

 

4 平成27年(2015年)の労働力調査について正しいのはどれか。

1.女性の労働力人口は前年に比べ減少した。
2.女性の雇用形態は正規の雇用が約6割である。
3.労働力人口の総数に占める女性の割合は約4割である。
4.女性雇用者数に占める割合で最も多い産業は製造業である。

解答

解説

労働力調査とは?

労働力調査は、日本の15歳以上人口についての月々の就業失業の状態を把握す説ることにより、就業者数・完全失業者数・完全失業率などの数値を算出し、景気判断や雇用対策などの基礎資料となる結果を提供する調査で総務省統計局が実施している。なお、女性労働者の状況は、厚生労働省が毎年公表している「働く女性の実情」という報告書に掲載されている。

1.× 女性の労働力人口は、前年に比べ増加した。女性の労働力人口は2.883万人で、前年に比べ41万人増加している。
2.× 女性の雇用形態は、正規の雇用が約6割ではなく、約4割である。女性の正規雇用の職員・従業員は1.078万人(44.1%)で、非正規雇用の職員・従業員1.367万人(55.9%)よりも少ない。
3.〇 正しい。労働力人口の総数に占める女性の割合は、約4割である。労働力人口の総数に占める女性の割合は43.4%であった。
4.× 女性雇用者数に占める割合で最も多い産業は、製造業ではなく、医療・福祉である。女性雇用者数を産業別にみると、医療・福祉が594万人(女性雇用者総数に占める割合23.5%)と最も多く、次いで卸売業、小売業が503万人(同19.9%)、製造業が294万人(同11.6%)、宿泊業、飲食サービス業が210万人(同8.3%)の順となっている。

(※平成28年の労働力調査(基本調査)よりデータ引用)

 

 

 

 

 

5  Aちゃん(1歳8か月、女児)は、1歳6か月児健康診査を受診した。1人で歩けるが有意語の発語はなく、絵本の指さしはしない。個別相談で言葉の発達について経過を観察したいと保健師が伝えると、母親は「そのうち言葉は出ると思うので心配はしていません。今、妊娠7か月で、疲れたので早く帰りたいです」と言う。
 Aちゃんのフォローアップをするための保健師の対応で最も適切なのはどれか。

1.「出産後に連絡してください」
2.「3歳児健康診査のときに確認します」
3.「病院の発達相談を受診してください」
4.「1か月後に電話でAちゃんの様子を聞かせてください」

解答

解説

 本症例は、1歳6か月児健康診査で、有意語の発語はなく、絵本の指さしはしないとい情報から、自閉症など、発達障害の可能性が考えられる。

1.× 「出産後に連絡してください」と伝えるのは優先度が低い。なぜなら、積極的に相談したいと思っていない母親が、出産後に電話連絡するとは考えにくいため。母親は「心配はしていません」と言っており、現時点で母親は積極的に相談したいとは思っていないことがわかる。したがって、保健師からアプローチする必要がある。
2.× 「3歳児健康診査のときに確認します」と伝えるのは優先度が低い。なぜなら、発達障害の疑いの児に対しては、2歳までに療育につなげる必要性が指摘されているため。臨界期を考えれば、3歳児健康診査まで1年以上待つのは適切とはいえない。
3.× 「病院の発達相談を受診してください」と伝えるのは優先度が低い。なぜなら、設問から、母親はAちゃんの発達に問題を感じていないことがわかるため。そのような母親にいきなり病院受診を提案しても、解決にはつながらない可能性が高い。
4.〇 正しい。「1か月後に電話でAちゃんの様子を聞かせてください」と伝えるのは優先度が高い。なぜなら、母親は妊娠7か月の妊婦であり、母親の疲労度などを考慮して、別の機械にゆっくりと話ができるようにするべきであるため。したがって、1か月後に、Aちゃんの様子を電話で確認する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)