第104回(H30) 保健師国家試験 解説【午後1~5】

 

※注意:著者は看護師で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

※問題引用:第104回保健師国家試験、第101回助産師国家試験、第107回看護師国家試験の問題および正答について

 

 

1 公衆衛生看護の基本理念について正しいのはどれか。

1.プライマリヘルスケアはバンコク憲章で定義された。
2.生存権の保障は日本国憲法第11条に規定されている。
3.ノーマライゼーションは障害者福祉の基本理念となっている。
4.ヘルスプロモーションは日本では健康フロンティア戦略で初めて取り入れられた。

解答

解説
1.× プライマリヘルスケアはバンコク憲章で定義された。
2.× 生存権の保障は日本国憲法第11条に規定されている。
3.〇 正しい。ノーマライゼーションは障害者福祉の基本理念となっている。
4.× ヘルスプロモーションは日本では健康フロンティア戦略で初めて取り入れられた。

 

 

 

 

 

2 グループの発展過程を準備期、開始期、作業期、終結期に分類したとき、準備期における支援者の役割として最も適切なのはどれか。

1.グループの目的の共有を促す。
2.グループの相互作用を促進させる。
3.メンバー間の信頼関係の確立を図る。
4.グループに参加する対象を理解する。

解答

解説
1.× グループの目的の共有を促す。
2.× グループの相互作用を促進させる。
3.× メンバー間の信頼関係の確立を図る。
4.〇 正しい。グループに参加する対象を理解する。

 

 

 

 

 

3 市民と行政とのパートナーシップを基盤とした保健施策の推進について最も効果的なのはどれか。

1.保健福祉計画の策定を市民の代表と行う。
2.行政情報を複数の方法で市民に公開する。
3.市民の意見を受け付ける専門の部署を設ける。
4.市民の代表から地域の課題を聞き取る機会を設ける。

解答

解説
1.〇 正しい。保健福祉計画の策定を市民の代表と行う。
2.× 行政情報を複数の方法で市民に公開する。
3.× 市民の意見を受け付ける専門の部署を設ける。
4.× 市民の代表から地域の課題を聞き取る機会を設ける。

 

 

 

 

 

4 仕事が忙しく少し体調が優れないので、休日に十分な睡眠をとり静養した。
 この行動は健康段階別保健行動のどれか。

1.健康増進行動
2.予防的保健行動
3.病気回避行動
4.病気対処行動

解答

解説
1.× 健康増進行動
2.× 予防的保健行動
3.〇 正しい。病気回避行動
4.× 病気対処行動

 

 

 

 

 

5 Aさん(80歳、男性)。民生委員から「最近、Aさんが老人クラブに参加しなくなったので心配している」と地区担当保健師に相談があった。民生委員から、Aさんは妻が亡くなって1人暮らしとなり食事や生活が不規則になっていることや、一人娘は結婚して遠方に住んでいることを聞いた。
 地区担当保健師の今後の支援として優先度が高いのはどれか。

1.家庭訪問でAさんの状況を確認する。
2.Aさんの娘に見守りを行うよう連絡する。
3.老人クラブのメンバーにAさんの参加の勧誘を依頼する。
4.地域包括支援センターの介護予防事業をAさんに紹介する。

解答

解説
1.〇 正しい。家庭訪問でAさんの状況を確認する。
2.× Aさんの娘に見守りを行うよう連絡する。
3.× 老人クラブのメンバーにAさんの参加の勧誘を依頼する。
4.× 地域包括支援センターの介護予防事業をAさんに紹介する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。