第104回(H30) 保健師国家試験 解説【午後11~15】

 

11 地域ケアシステムを構築するための会議の開催について最も適切なのはどれか。

1.参加メンバーを固定する。
2.問題が生じたときに開催する。
3.住民の代表をメンバーに加える。
4.あらかじめ議論の方向性を決めておく。

解答

解説
1.× 参加メンバーを固定する。
2.× 問題が生じたときに開催する。
3.〇 正しい。住民の代表をメンバーに加える。
4.× あらかじめ議論の方向性を決めておく。

 

 

 

 

 

12  Aちゃん(3歳4か月、男児)。両親と祖母との4人暮らし。市の3歳児健康診査に母親と来所した。階段の昇り降りはできるが、泣いていて言語の理解や精神発達の観察ができなかった。母親は「家では簡単な単語は出ている。仕事が忙しいので、平日はほとんど同居する夫の母にみてもらっている。夫の母は外出を好まず、家でテレビを観て過ごすことが多い」と話した。市では、地区乳幼児相談、3歳児健康診査事後教室および4歳児子育て教室を実施している。
 このときの保健師の対応として最も適切なのはどれか。

1.地区乳幼児相談への参加を促す。
2.3歳児健康診査事後教室への参加を促す。
3.日中の家庭訪問を早期に行うことを伝える。
4.4歳児子育て教室で経過を確認することを伝える。

解答

解説
1.× 地区乳幼児相談への参加を促す。
2.× 3歳児健康診査事後教室への参加を促す。
3.〇 正しい。日中の家庭訪問を早期に行うことを伝える。
4.× 4歳児子育て教室で経過を確認することを伝える。

 

 

 

 

 

13 精神保健医療福祉施策について正しいのはどれか。

1.精神通院医療は障害者基本法に規定されている。
2.市町村には基幹相談支援センターの設置義務がある。
3.精神障害者の在宅福祉サービスの実施主体は都道府県である。
4.精神疾患は医療計画で重点的に対策を推進する疾病に位置付けられている。

解答

解説
1.× 精神通院医療は障害者基本法に規定されている。
2.× 市町村には基幹相談支援センターの設置義務がある。
3.× 精神障害者の在宅福祉サービスの実施主体は都道府県である。
4.〇 正しい。精神疾患は医療計画で重点的に対策を推進する疾病に位置付けられている。

 

 

 

 

 

14 健康増進法に基づく健康増進事業による肝炎ウイルス検診について正しいのはどれか。

1.実施主体は都道府県である。
2.対象は満40歳以上の者である。
3.60歳から無料で検診が受けられる。
4.特定健康診査の検査項目に定められている。

解答

解説
1.× 実施主体は都道府県である。
2.〇 正しい。対象は満40歳以上の者である。
3.× 60歳から無料で検診が受けられる。
4.× 特定健康診査の検査項目に定められている。

 

 

 

 

 

15 口腔の疾患とその予防法の組合せで正しいのはどれか。

1.う蝕:フッ化物を塗布する
2.歯周病:塩分摂取を制限する
3.口内炎:ビタミンKを摂取する
4.顎関節症:硬い食品を強く嚙む

解答

解説
1.〇 正しい。う蝕:フッ化物を塗布する
2.× 歯周病:塩分摂取を制限する
3.× 口内炎:ビタミンKを摂取する
4.× 顎関節症:硬い食品を強く嚙む

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。