第104回(H30) 保健師国家試験 解説【午後16~20】

 

16 業務上疾病で正しいのはどれか。

1.職業性疾病と同義である。
2.産業医によって認定される。
3.使用者は必要な療養の費用を負担しなければならない。
4.平成27年(2015年)はじん肺症およびじん肺合併症が最も多い。

解答

解説

業務上疾病とは?

業務上疾病は、特定の業務に従事することによって罹患する、もしくは罹患する確率が非常に高くなる疾病のことであり、『労働基準法施行規則』35条に定義されている。業務上疾病として認定されると、『労働基準法』や『労働者災害補償保険法」によって、療養補償、休業補償、障害補償、遺族補償などの災害補償を受けられる。

1.× 職業性疾病と業務上疾病は異なる。業務上疾病は、『労働基準法施行規則』35条によって厳密に定義されており、特定の業務に従事することによって罹患する、もしくは罹患する確率が非常に高くなる疾病のことである。一方、職業性疾病は、特有な職業に従事する者に発生する疾病を指す医学用語で、定義や範囲があいまいである。ただし、職場によっては業務上疾病と職業性疾病とは同義に扱われる場合もあり、その場の雰囲気や流れで解釈する必要がある。
2.× 産業医ではなく、労働基準監督署によって認定される。なぜなら、業務上疾病の認定は、疾病の認定だけではなく、業務上か否かの認定も行わなければならないため。
3.〇 正しい。使用者は必要な療養の費用を負担しなければならない。『労働基準法』75条には、「労働者が業務上負傷し、または疾病にかかった場合においては、使用者は、その費用で必要な療養を行い、または必要な療養の費用を負担しなければならない」と定められている。したがって、使用者は、労働者が業務上疾病と認定された場合には、必要な療養の費用を負担しなければならない。
4.× 平成27 年(2015 年)に最も多いのは、じん肺症およびじん肺合併症ではなく、災害性腰痛(64.1%)である。ちなみに、じん肺およびじん肺合併症の発生割合は2.9%である。※データ引用:平成28年の業務上疾病発生状況等調査(厚生労働省)より。

 

 

 

 

 

17 保健師が行う公衆衛生看護管理の事例管理はどれか。

1.子育ての支援者を育成する予算を確保する。
2.担当地域の地域診断を実施する。
3.対象者の支援計画を立案する。
4.地域の支援者を育成する。

解答

解説

保健師が行う公衆衛生看護管理には、①事例管理、②地区管理、③事業・業務管理、④組織運営管理、⑤予算編成、⑥予算管理、⑦人材育成、⑧人事管理、⑨情報管理、⑩健康危機管理がある。

1.× 子育ての支援者を育成する予算を確保するのは、公衆衛生看護管理の予算編成にあたる。
2.× 担当地域の地域診断を実施するのは、公衆衛生看護管理の地区管理にあたる。
3.〇 正しい。対象者の支援計画を立案するのは、公衆衛生看護管理の事例管理にあたる。事例管理では、個々の対象事例の看護過程の展開を行う。
4.× 地域の支援者を育成するのは、公衆衛生看護管理の人材育成にあたる。

保健師に求められる看護管理機能

①事例管理:個々の事例のケアから始まり、それを地域の問題としてとらえ、ダイナミックな活動を展開する。
②地区管理:地域のニーズや課題から地域診断を行い、住民と協働した施策化を行う。
③事業・業務管理:地方自治体の上位計画や組織目標に基づく、事業計画策定や進行管理を行い、評価結果を次年度の計画等へ反映させる。
④組織運営管理:組織理念・目標や地域の課題を共有して組織としての方針を決定し、業務の効率化を高めながら組織体制を機能させる。
⑤予算編成:予算の仕組みを把握し、事業企画に伴う予算編成を行う。
⑥予算管理:新たな政策や人材確保等のための予算獲得および適切な執行と評価を行い、予算面から公衆衛生看護活動を担保する。
⑦人材育成:保健師の育成過程に応じて、中・長期的な研修計画および生涯学習企画と実施を行い、実践報告を評価する。
⑧人事管理:組織の目標を達成するため、組織に必要な保健師人員数を確保し、職員を計画的に適材適所へ配置するとともに、人事評価を行う。
⑨情報管理:地域の実態を把握するための情報収集・分析や正確な情報伝達のための体制整備、マスコミ対応、個人情報への配慮を行う。
⑩健康危機管理:危機発生を予測し,住民と協働する健康危機管理の体制づくり全般を行う。

 

 

 

 

 

18 A市の地域包括支援センターの保健師が、担当する要支援1のBさん(70歳、男性)を訪問した。Bさんは68歳の妻と2人暮らしだが、孫のCさん(17歳、高校2年生)が数日前から滞在していた。Cさんは妊娠30週であった。Cさんは他県で両親と3人で暮らしているが、A市の総合病院で出産予定のため、しばらくの間Bさん宅に滞在することが分かった。
 現時点で保健師が連絡を取る先で最も適切なのはどれか。

1.A市の地区担当保健師
2.A市の総合病院の産婦人科
3.C さんの高校の養護教諭
4.C さんの住所地の地区担当保健師

解答

解説
1.〇 正しい。A市の地区担当保健師は、現時点で保健師が連絡を取る先で最も優先度が高い。Cさんは、若年妊婦というハイリスクな状態にある。A市はCさんの居住地ではないが、CさんはA市内の病院で出産予定であり、少なくとも出産前後はA市に滞在することがわかる。A市の保健師がCさんの状況を把握しているか確認し、Cさんが安心かつ安全に出産できるようA市の保健師につなぐことが必要である。
2.× A市の総合病院の産婦人科は、優先度は低い。なぜなら、出産予定の病院に現時点で保健師から連絡をとらなければならない理由は少ないため。
3.× C さんの高校の養護教諭は、優先度は低い。なぜなら、把握している情報のみで、わざわざCさんの高校の養護教諭に連絡をとる必要性は判断できないため。
4.× C さんの住所地の地区担当保健師は、優先度は低い。なぜなら、Cさんの住所地の地区担当保健師が、必ずしもCさんの状況を把握しているとは限らないため。

 

 

 

 

 

 

19 耐糖能異常の頻度の地域比較調査を行ったところ、A地区では空腹時血糖で評価し、B地区では随時血糖で評価していたことが明らかになった。
 疫学調査法におけるこのような問題点はどれか。

1.交絡
2.偶然誤差
3.選択の偏り(バイアス)
4.情報の偏り(バイアス)

解答

解説

研究結果に起こる誤差には、偶然起こる①誤差(ランダムエラー)と特定の要因が影響してある方向へ偏って生じる②誤差(バイアス)がある。

1.× 交絡とは、曝露因子と疾病の双方に関係がある要因が存在するために、両者に見かけ上の因果関係がもたらされることである。例えば、喫煙と肺がんの関連性を調べようとする場合、 調べようとする要因(喫煙)以外の要因(飲酒など)ががんの発生率に影響を与えている可能性もある。このとき、飲酒が交絡要因に該当し、飲酒が調査に影響を与えないように、データを補正する必要がある。
2.× 偶然誤差とは、個々の測定値を得る際に生じる偶然のばらつきのことである。
3.× 選択の偏り(バイアス)とは、対象者の選び方により生じる偏りをいう。
4.〇 正しい。情報の偏り(バイアス)は、情報収集が不適当で生じる偏りのことである。B地区は、随時血糖を測定しており、食事をしている者としていない者が混在しているため、A地区の空腹時血糖と同等に評価することは困難である。

 

 

 

 

 

20 地方自治体において、予算が会計年度の開始前に成立しないときに、必要な経費を支出できるよう組まれるのはどれか。

1.一般会計
2.暫定予算
3.特別会計
4.補正予算

解答

解説

地方自治体の会計区分は、①一般会計と②特別会計に分けられる。

1.× 一般会計とは、特別会計に属さない歳入・歳出を包括的・一般的に経理する会計を指す。
2.〇 正しい。暫定予算とは、予算が会計年度の開始前(3月31日)までに成立しない場合に、暫定的に組まれる短期の予算をいう。本予算成立後は、本予算に吸収される。つまり、地方自治体において、予算が会計年度の開始前に成立しないときに、必要な経費を支出できるよう組まれる予算は、暫定予算である。
3.× 特別会計とは、普通地方公共団体が特定の事業を行う場合などに設けられる。一般会計に属さない会計を指す。一般の歳入・歳出と区別して経理する必要がある場合におかれる。
4.× 補正予算とは、予算の調製後に生じた事由によって、既定の予算に追加などの変更を加える必要が生じたときに作られる予算をいう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)