第104回(H30) 保健師国家試験 解説【午前21~25】

 

21 災害時の健康危機管理における保健所の役割はどれか。

1.避難所の指定
2.傷病者の広域搬送
3.災害対策本部の設置
4.健康被害の拡大防止

解答

解説

保健所における健康危機管理の業務

①健康危機発生の未然防止
②健康危機発生時に備えた準備
③健康危機への対応
④健康危機による被害の回復

1.× 避難所の指定は、災害時の健康危機管理における保健所の役割ではない。平成25年6月に改正された『災害対策基本法』において、市町村長が指定緊急避難場所と指定避難所を指定することが定められている。
2.× 傷病者の広域搬送は、災害時の健康危機管理における保健所の役割ではない。主に、災害派遣医療チーム(DMAT)の役割である。災害時傷病者は、最寄りの災害拠点病院や一般の医療施設などへ搬送され、そこで対応が困難な場合に広域搬送拠点臨時医療施設へ搬送される。
3.× 災害対策本部の設置は、災害時の健康危機管理における保健所の役割ではない。災害対策本部は、災害が発生、または災害が発生するおそれがある都道府県知事または市町村長が設置する。
4.〇 正しい。健康被害の拡大防止は、災害時の健康危機管理における保健所の役割である。保健所における健康危機管理の実際の業務は、健康危機発生の未然防止、健康危機発生時に備えた準備、健康危機への対応、健康危機による被害の回復である。健康危機への対応として、人的および物的な被害の拡大防上がある。

 

 

 

 

22 在宅で人工呼吸器管理を要する難病患者の災害時の個別支援計画で適切なのはどれか。

1.自宅待機を想定に入れる。
2.避難先は災害拠点病院とする。
3.発災直後の安否確認は主治医が行う。
4.発災後の移動は災害派遣医療チーム(DMAT)が担当する。

解答

解説

在宅人工呼吸器管理を要する難病患者の災害時の個別支援計画は、①患者の身体状態および安全確保、②医療機器管理の継続的な提供を優先する。そのため、ライフライン、通信手段、避難所、避難経路などの被害状況によって対応は異なる。

1.〇 正しい。自宅待機を想定に入れる。なぜなら、発災時の状況、患者本人や家族・介護者の状況、自宅の損壊状況、医療機器や医薬品の状況などから判断して、避難するか自宅に待機するかを決定するため。自宅待機を想定した非常用電源の確保や医療機器などの準備、定期点検を含めて計画する。
2.× 避難先は、災害拠点病院だけではない。避難場所は、患者・家族・介護者の被害状況や緊急性とともに、避難方法、避難経路の被害状況によって、自宅待機か、指定避難場所または福祉避難所への避難か、医療機関への搬送かが判断される。災害拠点病院には重症者の搬送が集中することからも、必ず災害拠点病院に直接搬送するとは限らない。
3.× 発災直後の安否確認は、主治医だけではない。実際の安否確認は、日常的にかかわる主治医や訪問看護師、介護職員など個々の状況に応じて関係者が行う。災害では、主治医を含む支援者も被災する可能性があることも想定して、安否確認の体制を計画しておく。なお、確認された安否情報は、避難行動要支援者名簿を管理する市町村や、地域の難病患者を把握する保健所に集約されることが望ましい。
4.× 発災後の移動は、災害派遣医療チーム(DMAT)は担当しない。なぜなら、災害派遣医療チーム(DMAT)の主な活動は、広域医療搬送、病院支援、地域医療搬送、現場活動等であるため。状況によっては発災後の搬送も行うが、移動を担当するわけではない。難病患者が自力で避難できない場合を想定して、支援者の間で避難場所や移動方法を計画して共有しておく。

 

 

 

 

 

23 A市では、今年から特定健康診査と特定保健指導を同じ事業者に委託し、市は市民への広報、受診勧奨、未受診者の支援を行うこととした。
 委託した事業者の保健指導の質を評価する指標はどれか。

1.特定健康診査の受診率の変化
2.特定保健指導の対象者の割合
3.特定保健指導の未受診者の割合
4.特定保健指導前後のBMIの変化

解答

解説

1.× 特定健康診査の受診率の変化は、保健指導の質を評価できない。なぜなら、事業者の保健指導の質を評価する際の対象者は、特定健康診査の結果、特意保健指導が必要とされた者であるため。特定健康診査の受診率は、特定健康診査のアウトプット(事業実施量)評価の指標である。
2.× 特定保健指導の対象者の割合は、保健指導の質を評価できない。なぜなら、特定保健指導の対象者の割合の変化は、保健指導のみの効果によるものといえないため。対象者の割合は、保健指導のプロセス(過程)評価の指標である。
3.× 特定保健指導の未受診者の割合は、保健指導の質を評価できない。なぜなら、特定保健指導の未受診者の割合は、特定保健指導のアウトプット(事業実施量)評価の指標であるため。
4.〇 正しい。特定保健指導前後のBMIの変化は、保健指導の質を評価できる。特定保健指導前後のBMIの変化は、委託事業者による介入のアウトカム評価(成果や結果)であるため。

 

 

 

 

 

24 職場における新人保健師の人材育成で最も適切なのはどれか。

1.職場外での研修を中心に行う。
2.新人保健師自身が自らの到達目標を設定する。
3.新人保健師が所属する部署で完結した指導体制とする。
4.新人保健師が活動事例を学会で発表することを最終目標とする。

解答

解説

近年、新人保健師のための研修ガイドラインが作成され、保健師業務に焦点をあて、自律した人材育成が進められている。

1.× 新人保健師の人材育成の研修は、所属機関の規模などにかかわらず職場内研修を中心に行われるよう体制整備が進められている。
2.〇 正しい。新人保健師自身が自らの到達目標を設定する。人材育成のための到達目標は、当事者である新人保健師自身が自らの強みと弱みを認識し設定することが有効である。
3.× 新人保健師が所属する部署で、完結した指導体制とする必要はない。新人保健師の人材育成の基本は所属機関で行われるが、最先端の知識や幅広い保健師業務に関する能力を身につけるためには、所属する部署での完結した指導体制では十分とはいえない
4.× 新人保健師が活動事例を学会で発表することを最終目標とする必要はない。なぜなら、新人保健師の人材育成の最終目標は、基礎教育で学んだ知識や技術を土台に、実践活動を通して、保健師活動の基本的視点を形成することであるため。

 

 

 

 

 

25 A市の20歳から24歳までの年齢層における死因の内訳を表に示す。
 表に示した内容を図で表現する場合に適しているのはどれか。

1.散布図
2.円グラフ
3.折れ線グラフ
4.ヒストグラム

解答

解説
1.× 散布図は、2つの変数間の関連性をとらえるのに適している図である。
2.〇 正しい。円グラフは、収集したデータの構成割合をとらえるのに有効な図である。
3.× 折れ線グラフは、ある変数の区間ごとの頻度の位置を点で示し、各点を線で結んだ図である。縦軸に数値、横軸を時間とするような区間ごとの変化をとらえるのに適している。
4.× ヒストグラム(柱状図、柱状グラフ、度数分布図とも)は、頻度分布を長方形で表したもので、各長方形の面積の大きさが変量の頻度に比例する図である。棒グラフと異なり、各長方形の間に空白がない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)