第104回(H30) 保健師国家試験 解説【午前31~35】

 

31 分母として人口データが得られない場合に、疾病の罹患や死亡などの全発生数を分母に用いて、ある疾病や年齢区分での発生が占める割合を示す指標はどれか。

1.相対危険
2.相対頻度
3.累積罹患率
4.人口寄与危険
5.人口寄与危険割合

解答

解説
1.× 相対危険(リスク比)は、曝露群と非曝露群それぞれの疾病発生リスクの割合(発生率)をもとに計算する。各群の人口データが必要である。
2.〇 正しい。相対頻度は、全体に対してその分類のデータが占める割合のことをいう。全体を100として%表記されることが多い。相対頻度の例として代表的なものに、50歳以上死亡割合(PMI)がある。PMIは、人口データが得られない発展途上国などで、死亡に関する情報から集団の健康度を示す指標として用いられてきた。一方、絶対頻度は、全体をいくつかに分類できるデータが観察されたとき、その分類に入るデータを観察した量のことをいう。
3.× 累積罹患率は、一定期間内に、観察対象集団のなかで、新たに疾病を有した人の割合をいう。観察開始時点の人数(人口データ)が分母となる。
4.× 人口寄与危険は、人口集団(曝露群と非曝露群)と非曝露群における疾病の頻度の差を示す指標である。それぞれの疾病の頻度を求めるために、人口データが必要である。
5.× 人口寄与危険割合は、人口集団と非曝露群との比較で、人口集団の疾病の発生率のうち、曝露による増加分が占める割合である。人口データが分母となる。

 

 

 

 

 

32 日本の死因別死亡率の年次推移を図に示す。
 説明として正しいのはどれか。

1.縦軸の死亡率は年齢を調整した値である。
2.死因Aが上昇傾向にある主な理由は野菜摂取量の減少である。
3.死因Bの平成7年の急激な低下は国際生活機能分類(ICF)改訂の影響である。
4.死因C が上昇傾向にある主な理由は生活習慣の欧米化である。
5.死因Dが低下傾向にある主な理由は血圧の管理である。

解答

解説

1.× 縦軸の死亡率は、年齢を調整した値ではなく、人口10万対の死亡率である。
2.× 死因Aが上昇傾向にある主な理由は、野菜摂取量の減少とは言い切れない。死因Aは、死因順位第1位の悪性新生物である。野菜摂取量の減少は、悪性新生物が上昇傾向にあることとほとんど関係していない。
3.× 死因Bの平成7年の急激な低下は、国際生活機能分類(ICF)改訂ではなく、lCD-10の適用に伴って死亡診断書の様式を改訂の影響である。ちなみに、死因Bは、死因順位第2位の心疾患である。
4.× 死因C が上昇傾向にある主な理由は、生活習慣の欧米化であるとは言い切れない。なぜなら、死因Cは、死因順位第3位の肺炎であるため。
5.〇 正しい。死因Dが低下傾向にある主な理由は、血圧の管理である。なぜなら、死因Dは、死因順位第4位の脳血管疾患であるため。

 

 

 

 

 

33 健康日本21(第二次)における健康寿命について正しいのはどれか。

1.患者調査の結果を計算に用いる。
2.年齢別死亡率は計算に不要である。
3.日常生活に制限のない者の平均年齢である。
4.健康寿命の増加分を上回る平均寿命の増加を目標とする。
5.平成25年(2013年)の健康寿命と平均寿命の差は男性より女性が大きい。

解答

解説

健康日本21(第二次)の大きな目標は、①健康寿命の延伸、②健康格差の縮小である。

1.× 患者調査の結果は、計算を用いるのではなく、人口動態統計・国民生活基礎調査のデータなどが用いられる。ちなみに、平成25年の健康寿命は、男性71.19年、女性74.21年である。
2.× 年齢別死亡率は、割合を求めるため計算を用いる。また、健康寿命の算定には、性・年齢階級別の死亡率と不健康割合が必要である。
3.× 健康寿命は、日常生活に制限のない者の平均年齢ではなく、日常生活に制限のない期間の平均と定義されている。
4.× 逆である。平均寿命の増加分を上回る健康寿命の増加を目標とする。
5.〇 正しい。平成25年(2013年)の健康寿命と平均寿命の差は男性より女性が大きい。平成25年の健康寿命と平均寿命の差は、男性9.02年、女性12.40年となっており、男性より女性のほうが大きい。

 

 

 

 

 

34 日本における再興感染症はどれか。2つ選べ。

1.麻疹
2.デング熱
3.エボラ出血熱
4.ウエストナイル熱
5.重症急性呼吸器症候群(SARS)

解答1・2

解説

新興感染症:かつて存在しなかった感染症が新たに脅威として現れたものである。
再興感染症:かつて大きな脅威であったものが一度沈静化したものの再び問題となってきたものである。

1.〇 正しい。麻疹は、再興感染症である。麻疹は、かつて日本でも毎年万単位の患者が出ていたが、予防接種の普及によって国内での流行はコントロールされた。しかし、毎年海外で感染した輸入例が散発的に発生して問題になっている。
2.〇 正しい。デング熱は、再興感染症である。デング熱は、蚊により媒介される熱性疾患である、かつて日本でも毎年万単位の患者が発生していた時期もあるが、70年ほど国内での流行はなかった。しかし、2014年に国内感染例が160例発生し改めて注目をあびた。
3.× エボラ出血熱は、新興感染症である。エボラ出血熱は、アフリカで散発的に流行している新興感染症である。
4.× ウエストナイル熱は、新興感染症である。ウエストナイル熱は、従来からアフリカ大陸で発生していたが、1999年にアメリカでの発生が報告され注目されるようになった。蚊により媒介されるウイルス疾患である。ヨーロッパでは再興感染症であるが、日本における再興感染症とはいえない。
5.× 重症急性呼吸器症候群(SARS)は、新興感染症である。重症急性呼吸器症候群(SARS)は、SARSコロナウイルスにより引き起こされる新興感染症である。

 

 

 

 

 

35 Aさん(20歳、男性)。1人暮らし。下肢に障害があり車椅子を利用しており、障害支援区分3である。
 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)に基づき、Aさんが利用できる障害福祉サービスはどれか。2つ選べ。

1.行動援護
2.同行援護
3.居宅介護
4.生活介護
5.療養介護

解答3・4

解説

1.× 行動援護は、知的障害や精神障害によって行動上著しい困難を有する障害者で、常時介護が必要な障害支援区分3以上の人が対象である。
2.× 同行援護は、移動に著しい困難を有する視覚障害者に対して、移動の援護や排泄、食事などの介護を行うサービスである。
3.〇 正しい。居宅介護は、Aさんが利用できる障害福祉サービスである。居宅介護(ホームヘルプ)は、障害支援区分1以上の人が対象であり、居宅で入浴・排泄・食事などの介護、家事、相談・助言など生活全般にわたって援助するサービスである。
4.〇 正しい。生活介護は、Aさんが利用できる障害福祉サービスである。生活介護は、障害者支援施設などで主に昼間に、入浴・排泄・食事などの介護、家事、相談・助言、創作的活動、生産活動などの支援を幅広く行うサービスである。対象者は、常時介護等の支援が必要な障害支援区分3以上の人などである。
5.× 療養介護は、入院により、機能訓練、療養上の管理、看護、介護などを提供するサービスである。対象者は、気管切開下で人工呼吸器管理を要する障害支援区分6の者や、筋ジストロフィー患者または重症心身障害者で障害支援区分5以上の者など、長期の入院による医療的ケア、常時の介護を必要とする障害者である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)