第104回(H30) 保健師国家試験 解説【午後31~35】

 

31 災害対策基本法に基づき都道府県が行う災害対策はどれか。2つ選べ。

1.防災のための調査研究
2.指定緊急避難場所の指定
3.都道府県地域防災計画の作成
4.避難行動要支援者名簿の作成
5.住民の自発的な防災活動の促進

解答1・3

解説
1.〇 正しい。防災のための調査研究
2.× 指定緊急避難場所の指定
3.〇 正しい。都道府県地域防災計画の作成
4.× 避難行動要支援者名簿の作成
5.× 住民の自発的な防災活動の促進

 

 

 

 

 

32 直接法による年齢調整死亡率を算出する際に必要な情報はどれか。2つ選べ。

1.基準集団の死亡率
2.観察集団の死亡実数
3.観察集団の年齢別人口
4.基準集団の年齢別人口
5.観察集団の年齢別死亡率

解答4・5

解説
1.× 基準集団の死亡率
2.× 観察集団の死亡実数
3.× 観察集団の年齢別人口
4.〇 正しい。基準集団の年齢別人口
5.〇 正しい。観察集団の年齢別死亡率

 

 

 

 

 

33 測定値の偶然誤差の大きさを表す指標として適切なのはどれか。2つ選べ。

1.分散
2.中央値
3.算術平均
4.標準偏差
5.最頻値(モード)

解答1・4

解説
1.〇 正しい。分散
2.× 中央値
3.× 算術平均
4.〇 正しい。標準偏差
5.× 最頻値(モード)

 

 

 

 

 

34 保健統計調査について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.国勢調査は5年に1度実施される。
2.患者調査から死因別死亡率が得られる。
3.人口動態調査は2年に1度集計される。
4.国民生活基礎調査は2年に1度実施される。
5.国民健康・栄養調査の調査項目に腹囲がある。

解答1・5

解説
1.〇 正しい。国勢調査は5年に1度実施される。
2.× 患者調査から死因別死亡率が得られる。
3.× 人口動態調査は2年に1度集計される。
4.× 国民生活基礎調査は2年に1度実施される。
5.〇 正しい。国民健康・栄養調査の調査項目に腹囲がある。

 

 

 

 

 

35 医療提供体制について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.医療法において病床の種別は3つに分類されている。
2.医療計画には医療従事者の確保に関する事項を記載する。
3.日本の医療施設の病床数は過去10 年間は増加傾向にある。
4.特定機能病院を称するには厚生労働大臣の承認が必要である。
5.診療所は20人以下の患者を入院させるための施設を有すると規定されている。

解答2・4

解説
1.× 医療法において病床の種別は3つに分類されている。
2.〇 正しい。医療計画には医療従事者の確保に関する事項を記載する。
3.× 日本の医療施設の病床数は過去10 年間は増加傾向にある。
4.〇 正しい。特定機能病院を称するには厚生労働大臣の承認が必要である。
5.× 診療所は20人以下の患者を入院させるための施設を有すると規定されている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。