第104回(H30) 保健師国家試験 解説【午前36~40】

 

36 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)における1類感染症はどれか。2つ選べ。

1.コレラ
2.痘そう
3.ペスト
4.マラリア
5.急性灰白髄炎

解答2・3

解説

『感染症法』の類型の数字が小さい感染症ほど社会的影響が大きいといえる。入院勧告ができるのは2類以上であり、就業制限ができるのは3類以上である。5類には、全数報告疾患と定点医療機関のみが報告する疾患がある。

1.× コレラは、3類感染症である。
2.〇 正しい。痘そう(天然痘)は、1類感染症である。
3.〇 正しい。ペストは、1類感染症である。
4.× マラリアは、4類感染症である。
5.× 急性灰白髄炎(ポリオ)は、2類感染症である。

「感染症法」の対象となる感染症

1類感染症(7疾患:エボラ出血熱 ・クリミア・コンゴ出血熱・痘そう(天然痘) ・南米出血熱・ベスト ・マールブルグ病・ラッサ熱)
対応:原則入院・消毒等の対物措置(例外的に建物への措置,通行制限の措置も適用対象とする)

2類感染症(6疾患:・急性灰白髄炎(ポリオ)・結核 ・ジフテリア ・重症急性呼吸器症候群(SARS)・特定鳥インフルエンザ(H5N1, H7N9) ・中東呼吸器症候群(MERS))
対応:状況に応じて入院・消毒等の対物措置

3類感染症(5疾患:・コレラ・細菌性赤痢・品管出血性大腸菌感染症(0157等)・腸チフス ・パラチフス)
対応:・特定職種への就業制限・消毒等の対物措置

4類感染症(44疾患:※一部抜粋。・E型肝炎・A型肝炎 ・黄熱・Q熱・狂犬病・チクングニア熱・鳥インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く)・炭疽 ・ボツリヌス症 ・マラリア ・野兎病・重症熱性血小板減少症候群(SFTS)・デング熱・ジカウイルス感染症・日本脳炎・その他感染症(政令で指定))
対応:・感染症発生状況の情報収集、分析とその結果の公開,提供・媒介動物の輸入規制・消毒等の対物措置

5類感染症(46疾患:※一部抜粋。・インフルエンザ(鳥インフルエンザ・新型インフルエンザ等感染症を除く)・ウイルス性肝炎(E型・A型を除く)・クリプトスポリジウム症・後天性免疫不全症候群(AIDS)・性器クラミジア感染症 ・梅毒・麻疹・百日咳・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症・その他感染症(省令で指定))
対応:・感染症発生状況の情報収集、分析とその結果の公開情報提供

 

 

 

 

 

 

37 疾病の罹患群や非罹患群のスクリーニングの要件で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.検査方法が対象者よりも測定者にとって受け入れやすい。
2.確定診断の手法が確立していない疾病も対象となる。
3.治療法が確立していない疾病も対象となる。
4.疾病予防対策の効率の向上が期待される。
5.測定者による結果の変動が少ない。

解答4・5

解説

スクリーニングの目的は、特定の無自覚の疾病に罹患している可能性を判断し早期発見につなげることである。
1.× 逆である。検査方法が測定者よりも対象者にとって受け入れやすい。肉体的・精神的負担を与えず、対象者にとって受け入れやすい方法であることが要件である。
2.× 確定診断の手法が確立できる疾病も対象となる。精密検査で確定診断ができることが要件である。
3.× 治療法が確立されている疾病が対象となる。
4.〇 正しい。疾病予防対策の効率の向上が期待される。比較的安価な検査方法で、早期発見・治療による重篤化予防ができることが要件である。
5.〇 正しい。測定者による結果の変動が少ない。測定者による結果の変動が少ない(=信頼性の高い)方法で実施されることが要件である。

スクリーニングの条件

①罹患率が高い。または、発見・治療が遅れると重篤化する疾病であること。
②疾患の自然史が判明していること(疾患の経過が判明していること)。
③最初の徴候が現れてから顕在化するまでの期間がある程度長いこと。
④スクリーニング陽性者に対して、精密検査で確定診断できる疾患であること。
⑤簡便で低侵襲で信頼性の高い。比較的安価な検査方法が存在すること。
⑥敏感度・特異度が高いこと。
⑦被検者に肉体的・精神的負担を与えないこと。
⑧疾患に対する治療法が確立されていること。

 

 

 

 

 

38 ある集団の特定健康診査で得られたBMIと血圧との関連を表すのに適した指標はどれか。2つ選べ。

1.散布度
2.四分位数
3.相関係数
4.変動係数
5.回帰係数

解答3・5

解説

1.× 散布度とは、分布のばらつき具合を示す値であり、分散や標準偏差などが該当する。2変数の関連を表す場合、散布度をもとに相関係数を求める必要がある。
2.× 四分位数とは、1つの変数を最小値から最大値まで並べたとき、それらを4分の1ずつに分ける位置を指す。
3.〇 正しい。相関係数は、相関の強弱を示し、2変数の関連を表す指標として適切である。相関係数は、2変数の共分散を2変数それぞれの標準偏差(散布度)で割った値で、絶対値が1に近いほど強い相関を示す。
4.× 変動係数とは、標準偏差を平均値で割った値で、異なるデータ同士のばらつきの大きさを比較するときに用いる。
5.〇 正しい。回帰係数は、回帰式の傾きをいう。回帰式とは、一方の値から他方の値を予測する式のことをいう。一方の値が1上がると他方の値がいくつ上がる(もしくに下がる)かを示しており、2変数の関連を表す指標として適切である。回帰分析とは、標本の分布を最もよく表す直線(回帰式)を求め、それを使って従属変数が説明変数によってどれくらい説明できるかを分析するこという。観察された関連が統計学的に有意であるかは検定によって検証する。

 

 

 

 

 

39 生活保護制度について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.扶助の種類は7種類である。
2.保護施設に更生施設がある。
3.日本国憲法第14条の理念に基づいている。
4.保護は世帯を単位とすることを原則とする。
5.介護扶助によって介護保険料が現金給付される。

解答2・4

解説

生活保護制度とは?

生活保護制度は、『日本国憲法』25条の理念に基づき、生活困窮者を対象に、国の責任において、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長することを目的としている。8つの扶助があり、原則現金給付であるが、医療扶助と介護扶助は現物給付である。被保護人員は約216.4万人(平成27年度,1か月平均)で過去最高となっている。

1.× 扶助の種類は、7種類ではなく8種類(生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助)である。
2.〇 正しい。保護施設に更生施設がある。保護施設にはほかに、救護施設、医療保護施設、授産施設、宿所提供施設がある。
3.× 日本国憲法第14条ではなく、25条の理念(生存権)に基づいている。
4.〇 正しい。保護は世帯を単位とすることを原則とする。これを世帯単位の原則といい、4原則のひとつである。他に、①申請保護の原則、② 基準及び程度の原則、③必要即応の原則である。
5.× 介護扶助によって、介護保険料が現金給付されることはない。介護保険の第1号被保険者の保険料は、生活扶助の各種加算によりまかなわれる。なお、要介護状態となり介護保険から給付を受ける際は、自己負担分が介護扶助からまかなわれる。

 

 

 

 

 

40 40歳以上の男性を対象とした疫学研究で、虚血性心疾患死亡率(10万人年対)を観察した。虚血性心疾患死亡率は、喫煙群では40.0、非喫煙群では24.0 であった。
このときの寄与危険割合を百分率で求めよ。
ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第1位を四捨五入すること。
 解答: ① ② %
 ①:0~9
 ②:0~9

解答40

解説

寄与危険割合は、曝露因子があるとどれだけリスクが増すかを意味する指標である。
曝露群と非曝露群のリスクの差を『寄与危険』という。
寄与危険を曝露群のリスクで除したものが『寄与危険割合』である。

よって、寄与危険割合は、

{(喫煙群のリスク - 非喫煙群のリスク)÷ 喫煙群のリスク} × 100

= {(40.0 - 24.0 ÷ 40.0)× 100

= 40(%)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)