第104回(H30) 保健師国家試験 解説【午前41~45】

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 Aさん(26歳、女性)。会社員の夫と長女のB ちゃん(1歳8か月)との3人暮らし。B ちゃんは1歳児健康診査を受診しており、異常はなかった。1歳6か月児健康診査が未受診だったため、地区担当の保健師が電話で次回の1歳6か月児健康診査の日程を連絡した。Aさんが電話に出たが、対応の声は小さく「B は元気です。心配なことはありません」と言い、保健師の受診の勧めに応じなかった。保健師は「健康診査の会場でお渡しする予防接種の書類がありますので、受診できないようならお持ちしますね」と伝えて電話を切り、家庭訪問を行うこととした。

41 家庭訪問時、夫は会社に出勤しており不在であった。B ちゃんは一人歩きが可能で、意味のある言葉を発している。Aさんはマスクをしており、左眼の下から顎にかけて紫色に変色した内出血がある。玄関から見える室内は、ふすまが破れているなど荒んだ様子がみられる。
 保健師が追加で確認するB ちゃんの状態で優先度が高いのはどれか。

1.偏食
2.う蝕
3.身体の外傷
4.オムツかぶれ

解答

解説

室内が荒れている状況から、Bちゃんがネグレクト(育児放棄、育児怠慢、監護放棄)や身体的虐待を受けている可能性がある。

1~2,4.× 偏食/う蝕/オムツかぶれは優先度が低い。Bちゃんがネグレクト(育児放棄、育児怠慢、監護放棄)の可能性が高い場合、確認するべき情報であるが、まずは身体的虐待の有無を確認するほうが緊急性が高い。ちなみに、う蝕とは虫歯のことで、歯の実質欠損のなかで、生物的要因(口腔内の細菌が糖質から作った酸による歯質が脱灰など)が原因であるものをいう。
3.〇 正しい。身体の外傷は優先度が高い。なぜなら、Aさんの顔の内出血は、家庭内での暴力によって起きた可能性が考えられるため。加害者からの暴力が子どもに及ぶことも多いため、Bちゃんの身体の外傷について確認する。

 

 

 

 

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 Aさん(26歳、女性)。会社員の夫と長女のB ちゃん(1歳8か月)との3人暮らし。B ちゃんは1歳児健康診査を受診しており、異常はなかった。1歳6か月児健康診査が未受診だったため、地区担当の保健師が電話で次回の1歳6か月児健康診査の日程を連絡した。Aさんが電話に出たが、対応の声は小さく「B は元気です。心配なことはありません」と言い、保健師の受診の勧めに応じなかった。保健師は「健康診査の会場でお渡しする予防接種の書類がありますので、受診できないようならお持ちしますね」と伝えて電話を切り、家庭訪問を行うこととした。

42 家庭訪問の間、B ちゃんは機嫌よく過ごしている。保健師が予防接種の書類の説明を行っている間、Aさんは顔を伏せたままであった。ドメスティック・バイオレンス(DV)のスクリーニングとして、保健師は「家庭訪問をした方にお聞きしている質問がありますのでお尋ねしますね」とAさんに説明してから質問を行った。
 ドメスティック・バイオレンス(DV)のスクリーニングとして保健師が行う質問で最も適切なのはどれか。

1.「今一番困っていることは何ですか」
2.「何もできないと落ち込むことがありますか」
3.「嫌なことがあってもすぐに忘れることができますか」
4.「パートナーといるときに怖いと感じることがありますか」

解答

解説
1.× 「今一番困っていることは何ですか」と質問するのは優先度が低い。なぜなら、DVの被害者は加害者への恐怖心や世間体などから、親しい人にも配偶者暴力を受けていることをなかなか打ち明けられないため。
2.× 「何もできないと落ち込むことがありますか」と質問するのは優先度が低い。なぜなら、DVの被害者の多くは自己肯定感が低くなっているため。
3.× 「嫌なことがあってもすぐに忘れることができますか」と質問するのは優先度が低い。2次被害を起こさないように、安易な励まし気休めを言うのは避けたほうが良い。
4.〇 正しい。「パートナーといるときに怖いと感じることがありますか」と質問するのは優先度が高い。なぜなら、DVの被害者は恐怖心があり、周囲の人に打ち明けられないことが多いため。パートナーに対する恐怖心について、「イエス」「ノー」と答えやすく質問する。

 

 

 

 

 

次の文を読み41〜43の問いに答えよ。
 Aさん(26歳、女性)。会社員の夫と長女のB ちゃん(1歳8か月)との3人暮らし。B ちゃんは1歳児健康診査を受診しており、異常はなかった。1歳6か月児健康診査が未受診だったため、地区担当の保健師が電話で次回の1歳6か月児健康診査の日程を連絡した。Aさんが電話に出たが、対応の声は小さく「B は元気です。心配なことはありません」と言い、保健師の受診の勧めに応じなかった。保健師は「健康診査の会場でお渡しする予防接種の書類がありますので、受診できないようならお持ちしますね」と伝えて電話を切り、家庭訪問を行うこととした。

43 Aさんは「実は昨夜、夫に殴られました。半年くらい前から夫に殴られることが時々あります。今まで誰にも言えませんでした」と言う。Aさんには腹部にも大きなあざがあった。
 このときの保健師の対応で優先度が高いのはどれか。(※解2つ)

1.Aさんの夫との面接を行う。
2.Aさんの医療機関への受診を勧める。
3.AさんとB ちゃんの婦人保護施設への避難を勧める。
4.配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(DV防止法)について説明する。

解答2・3(複数の選択肢が正解)

解説
1.× Aさんの夫との面接を行う優先度が低い。なぜなら、Aさんの夫との面接を設定すると、Aさんが情報源であることを夫に知られ、被害者の安全が脅かされることもあるため。
2.〇 正しい。Aさんの医療機関への受診を勧める優先度が高い。腹部の大きなあざは、夫の暴力によりできたと考え、今後重篤な障害となりえる可能性がある。したがって、Aさんに医療機関への受診を勧めるのは適切な対応である。
3.〇 正しい。AさんとB ちゃんの婦人保護施設への避難を勧める優先度が高い。なぜなら、被害者の安全の確保を考えるため。婦人保護施設とは、配偶者からの暴力の被害者の保護を行うことができる施設である。
4.× 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(DV防止法)について説明する優先度が低い。なぜなら、Aさんは、夫からの暴力をDVと認識していない可能性があるため。AさんにDVの理解を促すために法律の説明は有効であるが、まずは安全の確保が必要である。

 

 

 

 

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 Aさん(65歳、女性)。夫、長女および長女の子どもとの4人暮らし。長女の夫は単身赴任中である。Aさんは2か月前から軽い咳があったが、1週前から咳が激しくなり、倦怠感が出現したため自宅近くのかかりつけ医を受診した。胸部エックス線写真で異常陰影が認められ、病院を紹介された。喀痰塗抹検査陽性および結核菌PCR陽性のため肺結核と診断され、入院した。診断した医師から保健所に発生届が提出された。既往歴に特記すべきことはない。

44 Aさんの治療や検査について正しいのはどれか。

1.抗結核薬3剤で治療する。
2.薬剤感受性検査を実施する。
3.喀痰培養検査は不要である。
4.インターフェロンγ 遊離試験(IGRA)を実施する。

解答

解説

本症例は、肺結核と診断されている。培養検査および薬剤感受性検査も必要であるが、結果が判明するまで数週間を要する。

1.× 抗結核薬は、3剤ではなく4錠(INH、RFP、PZA、EB)で治療する。この場合、PZAの投与期間は通常2か月である。ちなみに、lNH(イソニアジド、isoniazid)、RFP(リファンピシン、rifampicin)、PZA(ピラジナミド、pyrazinamide)、EB(エタンブトール塩酸塩、ethambutol hydrochloride)、SM(ストレプトマイシン硫酸塩、streptomycin sulfate)である。
2.〇 正しい。薬剤感受性検査を実施する。結核菌培養検査が陽性となったら、薬剤感受性検査の成績を確認する。
3.× 喀痰培養検査は必要である。なぜなら、死菌でないことを確認するため。また、薬剤感受性の評価のためにも喀痰培養検査が必要である。
4.× インターフェロンγ 遊離試験(IGRA)を実施する必要はない。なぜなら、今回の症例の場合、結核菌PCRも陽性であるため。したがって、少なくとも結核感染があることはほぼ確実である。ちなみに、インターフェロンγ 遊離試験(IGRA)は、結核の感染の有無を評価する検査である。

 

 

 

 

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 Aさん(65歳、女性)。夫、長女および長女の子どもとの4人暮らし。長女の夫は単身赴任中である。Aさんは2か月前から軽い咳があったが、1週前から咳が激しくなり、倦怠感が出現したため自宅近くのかかりつけ医を受診した。胸部エックス線写真で異常陰影が認められ、病院を紹介された。喀痰塗抹検査陽性および結核菌PCR陽性のため肺結核と診断され、入院した。診断した医師から保健所に発生届が提出された。既往歴に特記すべきことはない。

45 保健師が病院を訪問し、Aさんに確認した接触者の情報を表に示す。接触者健康診断におけるハイリスク接触者はどれか。

1.夫
2.長女
3.長女の夫
4.長女の子ども
5.友人

解答

解説
1~2.× 夫/長女は、選択肢の中で最もハイリスク接触者とはいいがたい。なぜなら、同居ではあるが、65歳という年齢や性別からみても接触回収が最も高いとは言い切れないため。
3.× 長女の夫は、選択肢の中で最もハイリスク接触者とはいいがたい。なぜなら、単身赴任ということで接触頻度も低いため。
4.〇 正しい。長女の子どもは、選択肢の中で最もハイリスク接触者である。なぜなら、長女の子どもは小児であり、しかも同居であるため。また、接触リスクを評価する際は、総接触時間が重要であり、同居か否かは非常に大きな判断材料になり、年齢(3歳)を考慮すると抱っこしたり、おんぶしたりなど接触回数も多いことが予想される。
5.× 友人は、選択肢の中で最もハイリスク接触者とはいいがたい。なぜなら、接触頻度も低いため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)