第104回(H30) 保健師国家試験 解説【午後41~45】

 

次の文を読み39〜41の問いに答えよ。
 A市にある定員80人の保育所。乳児保育も実施している。8月1日(金)に、腹痛と下痢症状で4人の園児が欠席した。8月5日(火)に、新たに4人の園児が同様の症状で欠席した。さらに、8月1日(金)から欠席していた園児4人のうち2人は症状が落ち着いたが、他の2人が重篤な下痢症状によって入院したと保護者から連絡が入った。保育所長は感染症の発生を疑い、保健所の感染症担当の保健師に相談した。

41 8月6日(水)に、新たに2人の園児が下痢症状で欠席したと保育所から保健所に連絡があった。
 このときの保健所の対応で適切なのはどれか。

1.排泄習慣が確立していない園児に対する登園停止の指示
2.欠席していない園児の保護者との個別面接
3.保育所職員に対する汚物処理方法の指導
4.患児の担任保育士への就業制限

解答

解説
1.× 排泄習慣が確立していない園児に対する登園停止の指示は必要はない。なぜなら、保健所の対応として登園停止の指示をすることは法的根拠もないため。
2.× 欠席していない園児の保護者との個別面接は必要ない。なぜなら、有症状患者からの聞き取りが優先されるため。現状、複数の患者が出ており、症状のない保護者への個別面談までは必要ない。
3.〇 正しい。保育所職員に対する汚物処理方法の指導を行う。保育所での汚物処理の際の標準予防策の徹底を指導する。標準予防策とは、湿性生体物質はすべて感染性があると考えて対処する考え方である。
4.× 患児の担任保育士への就業制限は必要ない。なぜなら、無症状である担任保育士への就業制限を行う理由はないため。ちなみに、3類感染症である腸管出血性大腸菌感染症は、就業制限が可能であるが、範囲は必要最小限にする。

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 糖尿病の有無とがん発症との関連を検討するために、地域における特定健康診査の受診者の中でがんの既往がない男女1万人ずつの2万人を登録し、糖尿病の有無を調査した。この調査から5年後に新規のがん発症の有無を確認した。

42 この調査の研究デザインはどれか。

1.横断研究
2.介入研究
3.生態学的研究
4.症例対照研究
5.コホート研究

解答

解説
1.× 横断研究は、ある一時点での調査である。本調査は5年に及ぶ観察期間による研究である。
2.× 介入研究は、一部の対象者に何らかの働きかけ(介入)を行い、介入群と非介入群に分けて研究する調査である。本調査では、糖尿病の有無は観察の結果であり、研究者が意図的に介入した結果ではない。
3.× 生態学的研究とは、要因の有無と発生頻度を異なる地域で比較、あるいは特定の地域で時間的変化を比較し観察する調査である。
4.× 症例対照研究は、集団を症例群と対照群に分け、両群の過去の曝露状況を比較する後ろ向き研究である。本調査は、がんの発症の頻度を前向きに観察している。
5.〇 正しい。コホート研究は、要因として糖尿病を有するものと有しないものの2群を観察し、がんの発症の頻度を前向きに比較する。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 糖尿病の有無とがん発症との関連を検討するために、地域における特定健康診査の受診者の中でがんの既往がない男女1万人ずつの2万人を登録し、糖尿病の有無を調査した。この調査から5年後に新規のがん発症の有無を確認した。

43 この集団では、がんの発症に男女差があることが分かった。そのため、男女別に結果を分析することにした。
 この制御方法はどれか。

1.限定
2.層化
3.標準化
4.無作為化
5.マッチング

解答

解説

交絡の制御法のうち、限定、無作為化、マッチングは調査の計画段階で用いられる手法であるのに対し、層化、標準化は調査後の解析段階で用いられる手法である。

1.× 限定とは、研究対象者を特定の特徴を持つ集団(たとえば男性のみ)に限定する手法である、本調査では、男女別に結果を分析することにしており、男女どちらかに研究対象を限定しているわけではない。
2.〇 正しい。層化とは、解析の段階で交絡因子の層ごとに分析する手法である。男女差があることは性別による影響、すなわち性別が交絡因子であることを示す。本調査では、それぞれの群で男女別に分けてから分析することで交絡因子の影響を制御しようとしている。
3.× 標準化とは、層化と同様、解析の段階で交絡因子の影響を制御する手であるが、2つ以上の集団において性別などの主な交絡因子の影響を調整し、観察される事象の発生頻度を計算する。基準となる集団を定めるところが層化と異なり、本調査では基準集団を設定していない。
4.× 無作為化とは、研究対象者をランダムに介入群と非介入群に振り分ける方法である。
5.× マッチングとは、要因を有する群と有しない群で交絡因子の分布が同じになるように研究対象者を選ぶ方法である。本調査では、それぞれの群の男女比を揃えるわけではない。

 

 

 

 

 

次の文を読み42〜44の問いに答えよ。
 糖尿病の有無とがん発症との関連を検討するために、地域における特定健康診査の受診者の中でがんの既往がない男女1万人ずつの2万人を登録し、糖尿病の有無を調査した。この調査から5年後に新規のがん発症の有無を確認した。

44 脱落例がなかったと仮定して、男性1万人におけるベースライン時の糖尿病の有無別の5年間のがんの新規発症の有無を表に示す。
 「糖尿病なし」に対する「糖尿病あり」のがん発症の累積罹患率比を求めよ。
 ただし、小数点以下第2位を四捨五入すること。解答: ① .②
 ①:0~9
 ②:0~9

解答12

解説

累積擢患率とは、一定期間において、観察集団のなかで新たに疾病を有した人の割合である。
つまり、【一定期間(5年間)に新規発症したがん患者数をベースライン時の曝露人口で割る】ことで求められる。

各群の累積罹患率を算出し、その比を計算する。

①「糖尿病なし」群の累積罹患率は、
300 ÷ (300 + 8700)= 300 ÷ 9000

②「糖尿病あり」群の累積罹患率は、
40 ÷ (960 + 40) = 40 ÷ 1000

③「糖尿病なし」に対する「糖尿病あり」のがん発症の累積催患率比は、
(40 ÷ 1000) ÷ (300 ÷ 9000)
= (40 × 9000) ÷ (1000 x 300)
= 36 ÷ 30
= 1.2

 

 

 

 

 

 

次の文を読み45〜47の問いに答えよ。
 人口3万人のA市。市の面積の70%を山間部が占めており、主要産業は農業と畜産業などで、一次産業従事者が多い。人口の分布は市街地のB地区に集中しており、市役所、公共施設、医療施設および商業施設が集中している。高齢化率は38%、国民健康保険加入者は1万人である。平成20 年度から導入された特定健康診査の受診実績は、事業開始時から現在まで20%台を推移しており県内最下位である。

45 A市の国民健康保険加入者の生活習慣病を改善するために見直すべき計画はどれか。2つ選べ。

1.医療計画
2.地域福祉計画
3.データヘルス計画
4.介護保険事業計画
5.特定健康診査等実施計画

解答3・5

解説
1.× 医療計画とは、地域における体系的な医療の提供を実現することを目的として、都道府県が策定する計画である。医療計画は6年ごと(平成29年度までは5年ごと)に見直される。
2.× 地域福祉計画とは、行政と地域住民が協働して、すべての住民が生涯を通して生き生きと自分らしく安心して暮らせる地域づくりを進めるための計画である。地域福祉計画における地域福祉推進の理念とは、参加型協働社会の形成である。市町村地域福祉計画及び都道府県地域福祉支援計画からなる。
3.〇 正しい。データヘルス計画は、国民健康保険加入者の生活習慣病を改善するために見直すべき計画である。データヘルス計画とは、各健康保険組合が健康診査・レセプト情報などのデータ分析に基づき、保健事業をPDCAサイクルで効果的・効率的に実施するための事業計画である。国民健康保険の保険者である市町村においても、加入者の生活習慣病の改善に活用できる。
4.× 介護保険事業計画とは、市町村が行う介護保険事業に関する保険給付の円滑な実施に関する計画である。3年を1期とする計画である。
5.〇 正しい。特定健康診査等実施計画は、国民健康保険加入者の生活習慣病を改善するために見直すべき計画である。特定健康診査等実施計画とは、保険者が、特定健康診査等基本指針に即して策定される特定健康診査等の実施に関する計画である。6年を1期として策定される。国民健康保険の保険者である市町村が、加入者の生活習慣病を改善のために見直すべき計画といえる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)