第104回(H30) 保健師国家試験 解説【午前46~50】

 

次の文を読み44〜46の問いに答えよ。
 Aさん(65歳、女性)。夫、長女および長女の子どもとの4人暮らし。長女の夫は単身赴任中である。Aさんは2か月前から軽い咳があったが、1週前から咳が激しくなり、倦怠感が出現したため自宅近くのかかりつけ医を受診した。胸部エックス線写真で異常陰影が認められ、病院を紹介された。喀痰塗抹検査陽性および結核菌PCR陽性のため肺結核と診断され、入院した。診断した医師から保健所に発生届が提出された。既往歴に特記すべきことはない。

46 入院から4週後、Aさんは服薬を自己管理できており、薬剤による副作用(有害事象)もみられていない。喀痰塗抹検査が連続して3回陰性となったため退院することとなった。病院を訪問した保健師にAさんから「服薬を続ける以外に、自宅に帰ってから結核をうつさないために私や家族が何かすることはありますか」と相談があった。
 退院後の結核の二次感染予防について、Aさんに行う説明で適切なのはどれか。

1.Aさんと接する者はN 95 マスクをしてもらう。
2.長女の子どもとは服薬終了まで接触しない。
3.長女の夫にBCG の接種を勧める。
4.二次感染の予防対策は必要ない。
5.Aさんが触れた物は消毒する。

解答

解説
1~2.× Aさんと接する者はN 95 マスクをしてもらう/長女の子どもとは服薬終了まで接触しない必要はない。なぜなら、本症例は、感染性は消失しているため。すでに服薬開始から4週間経過しており、喀痰塗抹検査が3回連続で陰性になっている。
3.× 長女の夫にBCG の接種を勧める必要はない。なぜなら、接触後の成人(小児も)に対してBCG接種を行う意義はないため。
4.〇 正しい。二次感染の予防対策は必要ない。なぜなら、本症例は、感染性は消失しているため。すでに服薬開始から4週間経過しており、喀痰塗抹検査が3回連続で陰性になっている。
5.× Aさんが触れた物は消毒する必要はない。なぜなら、結核の場合、感染経路は空気感染であり、接触感染ではないため。不要な消毒は「消毒が必要な状況」という誤ったメッセージを発することになる。

 

 

 

 

 

次の文を読み47、48の問いに答えよ。
 Aちゃん(日齢20、男児)は、両親と3人暮らし。出産の状態および早期新生児期の経過を記した母子健康手帳の一部を以下に示す。保健師は新生児訪問のため、6月30日に自宅を訪問した。訪問時のAちゃんは、身長49.5 cm、体重3,150g。授乳後で機嫌よく活発に四肢を動かしていたが、その後は眠ってしまった。栄養は母乳のみで1日の授乳回数は8、9回程度、授乳間隔は約3時間であった。授乳前のオムツ交換のたびに排尿あり。排便は3〜5回/日。黄疸はない。顔面の湿疹および前頭部に脂漏性の湿疹あり。音への反応あり。父親の仕事の都合で、Aちゃんの1か月児健康診査は7月15日に予約している。

47 新生児訪問時のAちゃんのアセスメントを行うために、追加で確認すべき情報で最も優先度が高いのはどれか。

1.聴覚検査の結果
2.1回の授乳時間
3.股関節の開排の制限の有無
4.入浴時の石けんの使用の有無

解答

解説
1.× 聴覚検査の結果は優先度が低い。なぜなら、日本において実施されているのは、1歳6か月児3歳児に対してであるため。また、Aちゃんの場合、音への反応があり問題はない。
2.〇 正しい。1回の授乳時間は優先度が高い。なぜなら、授乳回数・間隔には問題がないため。0~3か月児の1日の体重増加量の目安は、25~30gであり、生後20日目の体重が、3.150gでは体重増加量が少ない。
3.× 股関節の開排の制限の有無は優先度が低い。なぜなら、新生児期に完全脱臼することは少ないため。眠っているAちゃんを起こしてまで確認する必要性はないため、優先度は低い。おむつの当て方、抱き方など予防的な対応について助言しておくことは必要である。
4.× 入浴時の石けんの使用の有無は優先度が低い。なぜなら、顔面の湿疹および前頭部の脂漏性の湿疹は、新生児期に生じる脂漏性湿疹と考えられるため。脂漏性湿疹は、皮脂分泌の多い新生児に生じるもので、毎日のスキンケアで対応できる。

 

 

 

 

 

次の文を読み47、48の問いに答えよ。
 Aちゃん(日齢20、男児)は、両親と3人暮らし。出産の状態および早期新生児期の経過を記した母子健康手帳の一部を以下に示す。保健師は新生児訪問のため、6月30日に自宅を訪問した。訪問時のAちゃんは、身長49.5 cm、体重3,150 g。授乳後で機嫌よく活発に四肢を動かしていたが、その後は眠ってしまった。栄養は母乳のみで1日の授乳回数は8、9回程度、授乳間隔は約3時間であった。授乳前のオムツ交換のたびに排尿あり。排便は3〜5回/日。黄疸はない。顔面の湿疹および前頭部に脂漏性の湿疹あり。音への反応あり。父親の仕事の都合で、Aちゃんの1か月児健康診査は7月15日に予約している。

48 保健師は、Aちゃんの新生児訪問時の状況を母子健康手帳に記載し、予防接種を受けるかかりつけの小児科クリニックを決めておくと良いことなどを説明した。保健師がAちゃんの母親に心配なことはないか聞くと「Aと視線が合わないことや、大きな音がしたときに驚いたように両手を広げることがあり、心配だ」と話した。
 このときの保健師の対応で適切なのはどれか。

1.1か月児健康診査の受診日を早めるよう勧める。
2.Aちゃんの近くで大きな音を立てて反応を確認する。
3.新生児にみられる正常なことであり心配ないと説明する。
4.予防接種は病気の有無を確認してから受けるよう説明する。

解答

解説
1.× 1か月児健康診査の受診日を早めるよう勧めることは優先度が低い。なぜなら、Aちゃんの視力や大きな音に対する反応に問題はないため。
2.× Aちゃんの近くで大きな音を立てて反応を確認することは優先度が低い。なぜなら、大きな音がしたときに驚いたように両手を広げるのはモロー反射という原始反射であるため。Aちゃんのことを心配している母親の前で、改めて反応を確認する必要はなく、モロー反射について説明することが必要である。
3.〇 正しい。新生児にみられる正常なことであり心配ないと説明することは優先度が高い。なぜなら、新生児の視力は、0.3程度といわれており、光に反応して注視がはずれることも多く、現時点で視線が合わないため。また、モロー反射も新生児にみられる正常な反応である。このことを説明するのは、保健師の対応として適切である。
4.× 予防接種は病気の有無を確認してから受けるよう説明することは優先度が低い。なぜなら、母親の負担の根本的な解決となっていないため。視線が合わないことと、大きな音に対する反応について心配している母親に対して予防接種の説明をしても、母親の主訴に対応したことにはならない。

 

 

 

 

 

次の文を読み49、50の問いに答えよ。
 人口5万人、高齢化率34%のA市。主な産業は農業と農産加工業である。平成25年度から第2期特定健康診査等実施計画に基づき、60歳未満の特定健康診査受診率の向上および生活習慣病の予防対策に取り組んできた。今後は重症化予防に力を入れて取り組む予定である。特定健康診査実施後の結果を表に示す。

49 この結果から読み取れるのはどれか。

1.特定健康診査受診率は今後横ばいとなる。
2.特定保健指導によって医療費が削減された。
3.特定保健指導によって健康状態が改善している。
4.60歳未満の者の特定健康診査受診率は今後増加する。
5.特定健康診査受診者のうち、メタボリックシンドローム該当者の割合は60歳未満より60歳以上で高い。

解答

解説

1.× 特定健康診査受診率は今後横ばいとなるかは予測できず断言できない。特定健康診査受診率は増加傾向にあるが、今後、横ばいになるかどうかは予測できない。
2.× 特定保健指導によって、医療費が削減されたとはいえない。なぜなら、この結果には、医療費に関するデータが記載されていないため。
3.× 特定保健指導によって健康状態が改善しているという関連を読み取ることはできない。また、【HbA1c6.1以上の者の割合】と【メタボリックシンドローム該当者】の割合は上昇しているため、健康状態が改善しているとはいえない。
4.× 60歳未満の者の特定健康診査受診率は今後増加するかは予測できず断言できない。60歳未満の者の特定健康診査受診率は上昇傾向にあるが、今後、受診率が増加するかどうかは予測できない。
5.〇 正しい。特定健康診査受診者のうち、メタボリックシンドローム該当者の割合は60歳未満より60歳以上で高い。表から、【メタボリックシンドローム該当者の割合】が、【60歳未満のメタボリックシンドローム該当者の割合】に比べて高いことが分かる。したがって、60歳以上の人が割合を上げていると考えられる。

 

 

 

 

 

次の文を読み49、50の問いに答えよ。
 人口5万人、高齢化率34%のA市。主な産業は農業と農産加工業である。平成25年度から第2期特定健康診査等実施計画に基づき、60歳未満の特定健康診査受診率の向上および生活習慣病の予防対策に取り組んできた。今後は重症化予防に力を入れて取り組む予定である。特定健康診査実施後の結果を表に示す。

50  A市保健師は、A市郊外の農村地区にあるB地区を対象に、糖尿病の重症化予防に取り組むことにした。B地区は人口約3,000 人、高齢化率44%であり、内科無床診療所が1か所あるが、市立総合病院までは車で30分かかる。糖尿病と診断されたことがある者の全戸訪問に取り組んだところ「B 地区から市中心地区にある市立総合病院に受診すると、通院と待ち時間で半日以上必要なため、特に農繁期に治療を中断してしまう」と言う者が多かった。そこで保健師は、B 地区の糖尿病患者が継続的に糖尿病の治療が受けられるよう検討することが必要であると考えた。
 治療継続のための対策として最も適切なのはどれか。

1.B 地区での糖尿病患者会の発足
2.糖尿病の治療中断者への特定健康診査の受診勧奨
3.B 地区住民専用の市立総合病院への送迎バスの運行
4.B 地区診療所における月1回の糖尿病専門外来の開設

解答

解説

治療中断の原因として、通院と待ち時間で半日以上必要ということから、治療している医療機関が遠いという物理的な要因が大きいと考えられる。

1~2.× B 地区での糖尿病患者会の発足/糖尿病の治療中断者への特定健康診査の受診勧奨は優先度は低い。なぜなら、治療中断の原因の根本的な解決となっていないため。治療中断の原因として、通院と待ち時間で半日以上必要ということから、治療している医療機関が遠いという物理的な要因が大きいと考えられる。
3.× B 地区住民専用の市立総合病院への送迎バスの運行は優先度は低い。なぜなら、問題文から読み取れるB地区の問題点は交通手段ではなく、通院に要する時間である。また、地域の人口規模から考えて、利用効率はよくないことが予測される。費用対効果から考えても適切な対策とはいえない。
4.〇 正しい。B 地区診療所における月1回の糖尿病専門外来の開設は優先度は高い。なぜなら、治療中断が免れることが考えられるため。現在、通院と待ち時間で半日以上必要で、治療中断になるという住民の実態が問題点である。したがって、糖尿病専門外来を住民が通いやすい地域にあるB地区診療所に開設することによって、B地区の糖尿病患者の治療継続することができる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)