第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午前1~5】

 

問題の引用:第107回保健師国家試験、第104回助産師国家試験及び第110回看護師国家試験の合格発表

※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。コメント欄にて誤字・脱字等、ご指摘お待ちしています。よろしくお願いいたします。

 

1 乳癌で正しいのはどれか。

1.前癌状態として乳腺症がある。
2.好発部位は乳房の内下部である。
3.閉経後の肥満がリスク因子である。
4.発症年齢のピークは60 歳代である。

解答

解説
1.× 乳腺症とは、30~50代の女性でよくみられる良性の疾患の総称である。乳腺症は正常とは異なる状態に乳腺が変化している状態を指しており、基本的に乳腺症が乳癌へ変化することはない。
2.× 乳癌の好発部位は①外側上部、次いで②内側上部、③外側下部、④内側下部、⑤乳輪部の順となっている。乳房の内下部ではない。
3.〇 正しい。乳癌は肥満がリスク因子となる。閉経後も閉経前もBMIが大きくなるほどに乳癌のリスクが高くなっている。
4.× 乳癌の発症年齢のピークは60歳代ではなく、40〜60歳ぐらいとされている。

 

 

 

 

 

 

2 妊娠初期の過剰な摂取によって胎児の異常が生じる危険性がある栄養素はどれか。

1.ビタミンA
2.ビタミンB1
3.ビタミンB6
4.ビタミンB12

解答

解説
1.〇 正しい。妊娠初期にビタミンAを過剰に摂取すると胎児に奇形を起こす可能性が高くなる。ビタミンAはレバーやうなぎなどに含まれる。
2.× ビタミンB1は胎児の異常を引き起こす栄養素ではない。ビタミンB1は母乳にも分泌されるため、妊娠中や授乳中は普段よりも多めにビタミンB1を摂ることが推奨されている。ビタミンB1は肉、魚、豆類、穀類、種実類などに含まれる。
3.× ビタミンB6は胎児の異常を引き起こす栄養素ではない。ビタミンB6は妊娠初期のつわりに効果的という報告がある。ビタミンB6は野菜類、穀類、魚介類、種実類などに含まれる。
4.× ビタミンB12は胎児の異常を引き起こす栄養素ではない。ビタミンB12は葉酸と一緒に赤血球を作る働きをしているため、妊娠中や授乳中の摂取が推奨されている。ビタミンB12は魚、肉、鳥肉、卵、牛乳などに含まれる。

 

 

 

 

 

 

3 母体保護法第14条に明記されている人工妊娠中絶の適応となるのはどれか。

1.胎児が染色体異常であると診断された。
2.妊婦が妊娠中に梅毒に感染した。
3.暴行によって妊娠した。
4.妊婦が14歳である。

解答

解説
1.× 母体保護法の適応条件の中には胎児が染色体異常であると診断されたなどの胎児の先天性疾患によるものは人工妊娠中絶の適応として定められていない。
2.× 妊婦が妊娠中に梅毒に感染した場合であっても治療しながらの出産は可能であり、人工妊娠中絶の適応として定められていない。
3.〇 正しい。母体保護法の人工妊娠中絶の適応条件の中には暴行、脅迫、抵抗、拒絶することができない間に姦淫されて妊娠したものと定められている。配偶者が知れないときやその意志を表示することができないとき、妊娠後に配偶者がなくなったときには本人の意思だけで足りる。
4.× 母体保護法の適応条件の中には妊婦の年齢は定められていない。ただし妊娠の継続または分娩が身体的または経済的理由により母体の健康を著しく害するおそれのある場合は適応条件となる。

 

 

 

 

 

 

4 子宮頸がん検査の検体採取の説明で正しいのはどれか。

1.頸管に麻酔をする。
2.頸管粘液を採取する。
3.子宮口の平円柱上皮結合部を擦過する。
4.プレパラートに塗布した検体を凍結保存する。

解答

解説
1.× 子宮頸がん検査の検体採取では頸管に麻酔は使用せずに専用のブラシで細胞を擦過して採取する。
2.× 子宮頸がん検査には子宮頸部擦過細胞診と子宮内膜細胞診がある。検査では頸管粘液を採取するのではなく綿棒やブラシ、エンドサイトで細胞を擦過して採取する。
3.〇 正しい。子宮頸がん検査では子宮口の平円柱上皮結合部を擦過する。
4.× 子宮頸がん検査では採取した異常な細胞を顕微鏡で調べる。プレパラートに塗布して検体を凍結保存をすることはしない。

 

 

 

 

 

 

5 排卵期に血中濃度が急上昇するのはどれか。

1.エストロゲン
2.バソプレシン
3.プロゲステロン
4.黄体形成ホルモン<LH>

解答

解説
1.× エストロゲン(卵胞ホルモン)は排卵期ではなく卵胞期に増加する。脳の視床下部から出るゴナドトロピン放出ホルモンが下垂体を刺激し、下垂体からは卵胞刺激ホルモン(FSH)が分泌され卵巣を刺激する。卵胞が成熟する過程でエストロゲンが十分に分泌されると、下垂体が黄体形成ホルモン(LH)を分泌して排卵が起こる。エストロゲンには子宮内膜を厚くして妊娠に備え、女性らしい丸みのある身体や美肌を作り自律神経の働きを安定させる。
2.× バソプレシンは水の再吸収を促進する抗利尿ホルモンである。尿を濃くし尿量を減らす作用がある。
3.× プロゲステロン(黄体ホルモン)は排卵直後から黄体期に増加する。排卵後の卵胞は黄体へと変化してプロゲステロンを分泌する。プロゲステロンは妊娠の準備のため基礎体温を上げ、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を安定させ、乳腺を発達させる働きがある。また栄養や水分を体にたくわえようとするため浮腫や体重増加しやすい。妊娠が成立しなければ、排卵の1週間後くらいからプロゲステロンは減り始め、さらに1週間くらい経つと子宮内膜がはがれ月経が始まる。
4.〇 正しい。黄体形成ホルモン<LH>は排卵期に急激に増加する。卵胞が成熟する過程でエストロゲンが十分に分泌されると、下垂体が黄体形成ホルモンを分泌し卵巣を刺激することで排卵が起こる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)