第104回(R3) 助産師国家試験 解説【午前11~15】

 

11 妊婦の心理で多くみられるのはどれか。

1.妊娠初期に胎児への関心が最も高まる。
2.妊娠中期にアンビバレントな感情が強くなる。
3.出産準備教育を受けることで出産に対する不安は消失する。
4.妊娠による体型の変化のとらえ方と妊娠の受容は関連する。

解答

解説
1.× 妊娠初期に胎児への関心が最も高まる。
2.× 妊娠中期にアンビバレントな感情が強くなる。
3.× 出産準備教育を受けることで出産に対する不安は消失する。
4.〇 正しい。妊娠による体型の変化のとらえ方と妊娠の受容は関連する。

 

 

 

 

 

 

12 A さん(33歳、経産婦)。夫と長男(3歳)との3人暮らし。妊娠24 週2日の妊婦健康診査で来院した。妊娠経過は順調である。診察時、助産師に「前回の出産は1人で長い時間陣痛に耐えて痛くてつらかったです。夫は仕事で出産後に病院に到着しました。今回の付き添いも夫と話したけど、難しそうです。また同じ思いをするのかと思うと、不安です」と話す。

Aさんへの対応で最も適切なのはどれか。
1.経産婦の平均分娩所要時間を説明する。
2.硬膜外麻酔分娩について情報提供する。
3.子どもの立会い出産を検討するよう促す。
4.Aさんが希望するケアについて話し合う。

解答

解説
1.× 経産婦の平均分娩所要時間を説明する。
2.× 硬膜外麻酔分娩について情報提供する。
3.× 子どもの立会い出産を検討するよう促す。
4.〇 正しい。Aさんが希望するケアについて話し合う。

 

 

 

 

 

 

13 産褥の時期と子宮復古の正常な所見の組合せで正しいのはどれか。

1.産褥2 日:子宮底を臍高に触知
2.産褥7 日:外子宮口1指開大
3.産褥14日:赤色悪露
4.産褥28日:手拳大の子宮

解答

解説
1.× 産褥2 日:子宮底を臍高に触知
2.〇 正しい。産褥7 日:外子宮口1指開大
3.× 産褥14日:赤色悪露
4.× 産褥28日:手拳大の子宮

 

 

 

 

 

 

14 Aさん(26歳、初産婦)。妊娠39 週6日で2,850 gの女児を正常分娩した。本日産褥2日、助産師が訪室すると、Aさんが児に布団をかけずに寝かせていた。児の検温をすると36.4℃で、手足にやや冷感を認めた。
 助産師の対応で最も適切なのはどれか。

1.母児同室を一時中断する。
2.育児のパンフレットを渡す。
3.頻回に児の体温計測を行うよう指導する。
4.一緒に児の手足を触りながら冷感について説明する。

解答

解説
1.× 母児同室を一時中断する。
2.× 育児のパンフレットを渡す。
3.× 頻回に児の体温計測を行うよう指導する。
4.〇 正しい。一緒に児の手足を触りながら冷感について説明する。

 

 

 

 

 

 

15 Aさん(38歳、初産婦)。母乳で育てたいと強く希望している。産褥3日、授乳時に児が泣き止まず助産師が呼ばれた。授乳状況は、児の顎が下に向いて乳房で顔がふさがり、児の首がねじれた状態で、Aさんは自分の乳房を強くつかんで押し込んでいた。
 助産師の説明として、適切なのはどれか。

1.「乳房を支えて赤ちゃんに近づけましょう」
2.「赤ちゃんの下顎が乳房に触れないようにしましょう」
3.「赤ちゃんの耳、肩、おしりが一直線になるように抱っこしましょう」
4.「赤ちゃんを乳房に近づけるときは、下唇が乳頭の位置にくるようにしましょう」

解答

解説
1.× 「乳房を支えて赤ちゃんに近づけましょう」
2.× 「赤ちゃんの下顎が乳房に触れないようにしましょう」
3.〇 正しい。「赤ちゃんの耳、肩、おしりが一直線になるように抱っこしましょう」
4.× 「赤ちゃんを乳房に近づけるときは、下唇が乳頭の位置にくるようにしましょう」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)